交通规则认知觉悟与大型交通事故的关系—以中日差异为视角;交通ルールの規則意識と重大交通事故の関連性研究―日中の差を視点として毕业论文_日语毕业论文

交通规则认知觉悟与大型交通事故的关系—以中日差异为视角;交通ルールの規則意識と重大交通事故の関連性研究―日中の差を視点として毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

作为社会性的话题,交通安全问题正日益引起人们的注目。特别是在我国,每年约有六万人因为重大交通事故而丧失生命。虽然为了改善中国的交通状况,进行过许多研究,但是作为交通参与者本身的人们却没有得到重视。人作为参与者,其交通规则意识才是问题之关键点。因此,降低重大交通事故死亡率的关键在于进一步提高人们的交通规则意识。

本文首先通过调查和分析中日两国因违反交通规则而引发的重大交通事故相关资料,来明确两国各种此类事故的要因所在。然后着眼于两国的交通规则,在分析它们的不同之处的基础上,再通过两国国民日常生活中的行为和规则意识来探明此类交通事故发生的内在原因。最后,着眼于中国现行交通规则的不完善之处以及普及教育的不足之处,参照日本的经验,提出有助于事故减少的改善对策。

关键词:交通规则;规则意识;中日比较

社会的な話題の一つとして、交通安全問題は人々の注目を集めている。特に中国では、毎年およそ6万人が交通事故で命を失った。中国の交通状況を改善するために、多くの研究が行われたが、交通の参加者そのものは重視されていない。人は参加者として、彼らの交通規則意識は問題解決のキーポイントと考えられる。そのため、交通事故死亡率を下げる鍵は人の交通規則意識を高めることにあると思われる。

本文はまず近年中国と日本で規則違反による重大交通事故についての資料などを調査・分析し、両国の各自の事故要因を明確にしたい。そして両国の交通ルールに着目し、その相違点を分析したうえで、交通事故発生の裏要因を両国国民の日常生活での振る舞いと規則意識などから究明したい。最後に、中国の交通ルールの不完備さと普及教育の不足点などに注目し、日本の経験を参照しながら、事故減少のための対策づくりに努めたい。

キーワード: 交通ルール;規則意識;日中比較

1 はじめに 1

2 日中の重大交通事故状況 2

2.1 中国の現状 2

2.2 日本の現状 4

2.3 重大交通事故についての日中比較 5

3 日中重大交通事故を影響する要因の比較 6

3.1 早期交通安全教育 6

3.2 交通規則と処罰制度 7

3.3 運転免許取得 9

3.4 国民の交通規則意識 9

4 結論 10

参考文献 12

謝辞 13

目录标题(明朝 小二号加粗)

目录内容(明朝 小四,1.5倍行间距)

目录格式:自动生成

交通ルールの規則意識と重大交通事故の関連性研究

 ————日中の差を視点として

1 はじめに

「交通事故を審理する刑事事件の具体的適用法の若干の問題についての解釈」の第二条によると、死亡者数が一人でもこの事故は重大交通事故の範囲に入るという。この規定に従えば、重大交通事故は交通事故で人を死亡させてしまった場合を指している。

人口大国中国は世界にしても重大交通事故の多発する国である。世界保健機構の報告(2013年)によると、2013年の交通事故死亡者数は世界一で27万人に達した。中国における交通事故の致死率も21%近く非常に高い数字である。その中、交通ルール違反による重大交通事故は多数を占めた。一方、隣国である日本の場合、交通事故による致死率はただ0.54%だけであった。それは、交通ルールに対する国民の規則意識が高いからである。また交通ルールに関する普及教育がよくできていることも原因の一つと考えられる。

周舟の研究(2015)は法律的な視点から日中の交通ルールと犯罪刑罰を比べ、日本は、道路交通の規則から道路犯罪の判定及び対策まで、より完備な法的システムを持っていると述べた。徐鑫の研究(2013)は詳しいデータで中国で発生した交通事故の原因を分析し、そのランキングをつけた。交通事故の発生原因として、自動車の道を譲らない行為は第一位で16.79%を占め、スピード違反は第二位で9.58%だったとの結論を下した。この二つの行為は死亡率ランキングでも第一位と第二位でした。『交通事故率を見る中日の交通安全意識について』という研究は「交通事故の発生率を下げるためには、主な任務は人の交通意識問題を解決することであり、人々の交通安全意識を高めることだ。」と述べた。『日本の交通情況から見る日本人の安全意識』一文は日本の交通状況を視点とし、「日本の交通が安全に運行できているのは道路構造の改善と車の良い品質の確保、そして人々の安全意識が高いからである。」と結論した。または陳麗の研究(2018)は、学生時代の交通ルール普及教育は大事であることを主張している。

上記のように、先行研究の多くは、交通事故の原因を理論的に分析したもので、具体的な解決策も提案されていない。本文では、重大交通事故発生の直接的な原因並びに裏の理由をも追究し、実行できる具体策を提案しようとする。

本文は先ず現代中国と日本における交通ルールに着目し、異なる点を分析する。日常交通での両国民衆の振る舞いを別々に分析することで、交通ルールに対する民衆の規則意識が探知できる。また、ここ数年規則違反による重大交通事故の発生要因についての調査を通じ、両国の国情を踏まえ、規則意識と事故の関係性を明らかにしたい。その結果を踏まえ、中国の交通ルールとその普及教育の不足点を検討し、事故減少のための対策づくりを行いたい。

2 日中の重大交通事故状況

2.1 中国の現状

 中国では、現代社会の高速発展とともに、交通の建設も速いスピードで発展している。2019年3月末の時点で、国内の自動車数は3億3000万台に達し、運転免許取得者数も4億1000万人に上った。自動車台数も運転免許取得者数も世界一である。しかしながら先進国と比べ、中国の交通安全レベルはまだ比較的に低く、万車死亡率(万車死亡率は一定の空間と時間の範囲内で、自動車保有率によって平均した交通事故死亡者の人数の相対指標を表している。)にも大きな差がある。中国の道路交通事故が多発しており、特に重大交通事故の発生率は高い。交通事故の死亡者数は世界第3位で、致死率が20.7 %である。図1はここ数年、中国における重大交通事故死亡者数を示している。毎年重大交通事故で命を失った人数はおよそ6万人で、驚くほどの数字である。

自動車と自動車以外の事故による重大交通事故の割合はそれぞれ95.58%と2.51%で、つまり多くの交通事故による死亡は自動車を運転する側によるものである。この中で、人は交通行為の主体として、道路交通事故誘因の中で最も重要な要素であり、特に運転者の素養、運転能力、運転経験、規則意識及び年齢分布など、直接に運転の安全性を影響している。

 徐鑫は詳しいデータをもち、中国における交通事故発生原因について分析し、図2

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接