华为智能手机在日营销战略研究;ファーウェイのスマホ対日経営戦略研究毕业论文_日语毕业论文

华为智能手机在日营销战略研究;ファーウェイのスマホ対日経営戦略研究毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

近年来,华为在以智能手机为代表的终端业务中尤为突出。2018 年,华为智能机出货量超过苹果,并居世界出货量第二。日本的智能手机市场是全球第四大智能手机市场, 规模庞大。对旨在扩大国际市场的华为来说,日本智能机市场是其不可或缺的一部分。

本文将利用 PEST 分析法来具体分析日本手机市场的政治环境、经济环境、社会环境和技术环境,从而把握其发展动向;并通过 4P 分析法阐述华为对日输出的产品、价格、分销渠道和促销途径。在此基础上,本文将进一步通过 SWOT 分析法分析华为手机在日本营销的优势、劣势、机会和威胁,并从技术、品牌、营销渠道以及产业链四个方面对华为今后的日本营销战略和国内品牌进军海外市场提出建议。

关键词:华为;智能手机;日本;营销战略

要 旨

近年、ファーウェイはスマホを代表とする端末事業が特に目立っている。2018 年、ファーウェイのスマホの出荷量はアップルを抜き 2 位に浮上した。日本のスマホ市場は世界第4位目のスマホ市場として、規模が非常に大きい。国際進出を狙うファーウェイにとって、日本市場は欠かせない存在である。

本論文では、PEST 分析法を利用し、日本の携帯市場の政治環境、経済環境、社会環境、技術環境を分析しながら、4P 分析法でファーウェイの製品、価格、流通、 プロモーションを解明したい。そのうえ、SWOT 分析法でその強み、弱み、機会、脅威を明らかにすることを通じ、技術、ブランド、販売チャネル、産業チェーンの四つの面からファーウェイの今後の対日経営戦略並びに国産ブランドの海外進出戦略に提言したい。

キーワード:ファーウェイ;スマホ;日本; 経営戦略

目 次

  1. はじめに 1
  2. 日本スマホ市場のマーケティング環境分析 3
    1. 日本の携帯業界の動向 3
    2. マーケティング環境分析 4
      1. 政治環境 5
      2. 経済環境 5
      3. 社会環境 6
      4. 技術環境 6
  3. ファーウェイのスマホの経営戦略分析 8
    1. ファーウェイ対日経営の概況 8
    2. 4P 分析 8
      1. 製品分析 8
      2. 価格分析 9
      3. 流通分析 10
      4. プロモーション分析 11
  4. ファーウェイのスマホの SWOT 分析と戦略提案 12
    1. ファーウェイのスマホの SWOT 分析 12
    2. 戦略提案 14
  5. 終わりに 16

参考文献 17

謝 辞 18

ファーウェイのスマホ対日経営戦略研究

1 はじめに

近年、科学技術と社会経済の発展とともに、人々の生活レベルが向上し、スマホの普及率も高まっている。2G から3G、3G から4G と新しいネットワークに切り替わるタイミングで、スマホ産業も急速に発展している。米調査会社IDC の調査によると、

2018年第3四半期のスマホ台数、市場シェアのランキングは1位サムスン、2位ファーウェイ、3位アップルの順であり、この3社合計で5割近いシェアを占めていた。国産ブランドの先駆者のファーウェイのスマホは中国国内だけでなく、海外にもかなり人気があるようである。一方、ファーウェイも積極的に海外市場を拡大している。中では、日本は世界第4位のスマホ市場としてファーウェイにとって将来性のある重要な市場である。2018年に日本で販売されたファーウェイのスマホが前年に比べ、129%増の198.1万台と6.4%のシェアで 5 位に浮上し、海外進出に大きな一歩を踏み出したが、全体的にみれば、44.1%のシェアを占めていたアップル会社は依然として日本のスマホ市場にリーダしているため、ファーウェイはさらなる戦略を打ち出す必要がある。

これまでファーウェイに関する研究はそれぞれファーウェイの経営戦略と日本の スマホ市場に注目している。前者について、徐方啓(2012)は毛沢東軍事思想の活用、技術立社、世界の強豪との提携、高品質・低価格・良いサービスの四つの視点 からファーウェイのグローバル経営について分析した[1]。胡晋博(2013)はフ ァイブフォース分析と製品分析でファーウェイの端末事業の国内戦略を分析し、技術、製品、市場の差別化戦略を提起した[2]。山本雅昭(2018)は2017年のスマ ートフォン製品市場のシェア、四半期の変化と中国スマホ企業の動向について論じ、各会社の事業戦略について提言した[3]。一方、日本のスマホ市場分析について、肥田 親治(2018)は日本のスマホの導入期、成長期、成熟期の三つの時期の特徴を分析し、高品質に加えブランド力が商品差別化になることを表明した[4]。袁鋼明(20

14)は日本のスマホ産業の経営戦略を分析し、携帯キャリアが携帯電話の低価格販

売による赤字を支払う弊害を指摘した[5]。楼一孺(2017)は日本市場に入ったウィーチャット、陰陽師などのソフトウエアの例を挙げ、中国のスマホやアプリ開発の会社は日本市場に大きなチャンスを持っていると指摘した[6]。このように、ほとんどの先行研究はファーウェイの経営戦略または日本のスマホ市場について論じたが、日本市場に進出するための具体的な経営戦略に関する研究はあまり見られていない。

本論文では、日本のスマホ業界の動向を踏まえ、その機会とリスクを分析し、さらにファーウェイのスマホの強みと弱みを結びつけ、ファーウェイの今後の対日スマホ経営戦略について提案したい。この提案は海外進出を狙うほかの中国企業にも参考になると期待している。

日本スマホ市場のマーケティング環境分析

日本の携帯業界の動向

日本の携帯市場は技術の発展につれて変化してきた。図2.1は2014から20

18年まで日本携帯電話出荷台数を示していた。株式会社 MM 総研の調査によると、

2018年の総出荷台数は2014年より328.1万台少なくなったそうである。その内訳を見ると、2018年スマートフォン出荷台数は12.5%増の3116. 7万台で過去最高の昨年に次ぐ 2 番目になり、フィーチャーフォン出荷台数が年々大幅に減少し、63.8%減の383.2万台で過去最低を更新し、約1割にまで縮小している[7]。その理由として、①フィーチャーフォン利用者の買い替え需要が少ないこと、②ほとんどの消費者は機能の多いスマートフォンを選択するようになったことがあげられる。今後は携帯電話市場はますます縮小し、スマートフォンの出荷台数が増え、フィーチャーフォンが減るという状況になるであろう。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接