中日小学道德教育的比较研究;中日の小学校における道徳教育の比較研究毕业论文_日语毕业论文

中日小学道德教育的比较研究;中日の小学校における道徳教育の比較研究毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

德育与智育、体育并列,构成教育的重要一面。中日两国是一衣带水的邻邦,有着相似的文化渊源,德育的地位都十分突出。但是由于历史发展和民族文化的差异,两国的道德教育也存在很多差异。

本文以中国和日本小学的道德教育为研究对象,以教育大纲和教育政策为中心,对两国道德教育的异同进行了比较,分析产生各种差异的原因。在此基础上,拟借鉴部分日本小学道德教育的成功经验,如重视德育的实践体验和学生的多元发展、重视德育的层次性、构建三位一体的德育体系等。以此改进中国小学道德教育的不足之处,从而探究适合我国国情特色的德育方针。

关键词:小学 道德教育 教育大纲 教育政策

徳育とは知育、体育と並び、教育の重要な一側面を成す。中日両国は一衣帯水の隣国で、似た文化を持っていて、徳育の地位は非常に際立っているが、歴史発展と民族文化の違いによって、両国の道徳教育は多くの相違点が存在する。

本文は中国と日本の小学校の道徳教育を研究対象とし、指導要領と教育政策を中心に両者の異同とその要因を分析した。そして、徳育の実践体験の重視、生徒の多元的な能力の発展と徳育の段階性の重視、学校・家庭・社会の三位一体の徳育システムとネットワークの構築など、日本の小学校における道徳教育の成功経験を活かし、中国の小学校における道徳教育の不足点を一部改善し、国情に適する徳育方針を探究した。

キーワード: 小学校 道徳教育 教育指導要領 教育政策

1 はじめに 6

2 中日の小学校における道徳教育 7

2.1 道徳教育とは 7

2.2中国の小学校における道徳教育 7

2.3日本の小学校における道徳教育 8

3 中日の小学校における道徳教育の比較 8

3.1 中日の小学校における道徳教育の共通点 8

3.2 中日の小学校における道徳教育の相違点 9

3.2.1教育行政・制度 9

3.2.2教育環境 9

3.2.3教育理念 10

3.2.4学習指導要領 10

4日本の徳育は我が国の徳育に対しての示唆 12

5 終わりに 13

参考文献 14

謝辞 16

中日の小学校における

道徳教育の比較研究

1 はじめに

 

 中国では、中日の道徳教育に関する比較研究は近年次第に実施され、数多くの成果を生み出してきた。その中には、例えば「中日中小学徳育方法の異同及び啓示(原文:中日中小学德育方法的異同及啓示)」は中日両国が開設した徳育カリキュラムを切り込んで相似点をまとめながら、教育方法から異なる特徴を分析し、教育行政官、教員達は徳育教育の成否を左右する重要な要因と指摘した。また、「日本中小学徳育水準アセスメントにおける実践探査(原文:日本中小学德育水準評估的実践探析)」には日本の徳育の評価標準を分析し、我が国の道徳評価に「さらに具体化、多元性を導入すべき」という結論を下した。「日本中小学徳育内容の探査及び啓示(原文:日本中小学德育内容探析及其啓示)」には日本の中小学校の徳育の特徴と教科書の内容を分析し、我が国の中小学徳育に示唆を与えた。

 日本でも徳育に関する研究が多くある。「修身教育の史的展開からみた徳育の教育目的と教育方法の考察 : 明治期の小学校における修身教育の形成を中心に」は明治期の小学校における修身教育の形成について、師範学校附属小学校の事例をふまえて小学校修身科の教育的位置づけやその教育目的、教育方法などにかかる諸法令や史料等の分析を通して考察した。「幼児教育と小学校教育の接続における道徳教育の展開」には幼少連携というキーワードを軸にして、幼児教育と小学校教育の接続について説明していた。

上記の日本での研究には主に歴史の角度から分析し、中国国内ではカリキュラムと評価基準から分析を展開していたが、本論文では、現代中国と日本の小学校における道徳教育の政策と指導要領に焦点を当て、その異同と要因を分析したい。そして日本の小学校道徳教育を成功させた経験を活かし、中国の小学校道徳教育の不足点などを改善し、国情に適する特色のある徳育方針を探究するつもりである。

2 中日の小学校における道徳教育

 2.1 道徳教育とは

 中日の道徳教育の目的と求められる内容には違いがある。日本の道徳教育とは豊かな心をもち、人間としての生き方の自覚を促し、よりよく生きるための道徳性を育成することをねらいとした教育活動である。また、道徳的習慣などの日常の基本的行動様式が身につくように育成・発達を促す教育活動である。道徳教育は、教育基本法及び学校教育法に定められた教育の根本精神に基づき、自己の生き方を考え、主体的な判断の下に行動し、自立した人間として他者と共によりよく生きるための基盤となる道徳性を養うことを目標とする。一方、中国における道徳教育の目的は、理想的、道徳的、文化的、規律的な、国の後継者の育成である。日本の生徒道徳教育の目的として、完璧な人格の育成を目指し、自主的精神と心身の健康に富み、平和を実現する国際社会に役立つ者になることを強調している。日中の道徳教育の目的は一部違うにもかかわらず、小学校の時期は基本的な生活習慣の形成期なので、この時の徳育はいずれの国にも大切である。

 2.2中国の小学校における道徳教育

 中華人民共和国の設立以来、中国政府は道徳教育を重視してきた。1988年、中国共産党中央委員会は「小中学校の徳育活動の改革と強化に関する通知」を発表した。「事実に基づいて小中学校の徳育活動の任務と内容を確定する」と明確に指摘し、「小中学校徳育活動の基本任務は、全生徒を愛国的な社会道徳、文明行為習慣を持つ遵紀守法の好公民に育成することである。」この通知は中国の小学校の徳育活動の方向を明確にし、よい公民の育成を基本とする。同年、国家教育委員会は「小学校徳育指導要領」を制定し、小学校の徳育目標は社会主義公民の育成のために初歩的な思想道徳基礎を築くことを明確に指摘した。十数年以来、多くの地域と学校はこれに基づいて具体的な徳育目標を制定し、目標と相応の徳育評価基準を形成した。また、近年来、教育部は相次いで全国の小学校徳育工作会議と経験交流会を開催し、先進的な経験を総括し、実践中の新たな問題を解決する方法を研究し、全国の小学校徳育活動を全般的に推進してきた。徳育は中国の国民教育の中では極めて重要である。

 2.3日本の小学校における道徳教育

 日本社会は、道徳教育の強化を強く訴え、道徳教育の強化を教育改革の第一用務としている。学校の道徳教育を強化し、道徳教育は主導的地位にあるべきである。日本は「21世紀の教育目標」の中で明確に「思想素質の育成を重視してこそ、人材の健全な成長が保証される。」と指摘している。1989年2月、日本は小中学校の教育指導要領を改正した時、道徳教育は著しく注目された。道徳教育には政府と社会はいずれも重要な責任をもつべきと見なされている。1987年に日本が定めた教育目標には「広い心、強い体、豊かな創造力、自由、自律、公共精神、世界の中の日本人を育成する」という内容が含まれている。従来、小中学校では「道徳の時間」が週1回、教科外活動として設けられていた。2015年に学習指導要領が一部改訂されると、道徳は「特別の教科」(道徳科)として位置づけられるようになった。

3 中日の小学校における道徳教育の比較

 3.1 中日の小学校における道徳教育の共通点

 中日の小学校における道徳教育は多くの共通点を持っている。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接