鈴木雅之「坊っちゃん」(2016年):映像化された文学テクスト ; 铃木雅之《少爷》(2016年):影视改编下的文学文本毕业论文_日语毕业论文

鈴木雅之「坊っちゃん」(2016年):映像化された文学テクスト ; 铃木雅之《少爷》(2016年):影视改编下的文学文本毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

夏目漱石在1906年发表的中篇小说《哥儿》中,塑造了正气凛然、侠义直爽的“江户哥儿”这一典型形象,表达了对改造国民性和启蒙民众的理想与初衷。自那以后,《哥儿》这部小说多次被影视化,主人公少爷也被赋予了与各时代背景相关的独特形象。2016年,铃木雅之导演在纪念夏目漱石逝世一百周年之际再度将《哥儿》改编成电视剧,向现代的年轻人展现了主人公少爷的魅力和文学文本的精彩之处。

本文通过对铃木雅之所拍摄的影视化作品《哥儿》(2016)和夏目漱石的原作文本进行比较分析,在研究分析二者在人物形象塑造上的异同的基础上,挖掘出其人物形象后所隐匿的丰富思想内涵,解读新时代新背景下哥儿以及其他人物形象所体现的国民精神,并进一步窥探当代日本所提倡的国民精神。

关键词:《哥儿》;电影改编;人物形象;国民精神

夏目漱石は1906年に発表した中編小説「坊っちゃん」の中で、凛然とした正義の「江戸の子」という典型的なイメージを作り上げ、国民性を改造し、民衆を啓蒙するという初心を表した。それ以来、小説「坊っちゃん」は何回も映像化され、主人公坊っちゃんも各時代に結び付くイメージを与えられた。2016年、監督鈴木雅之は夏目漱石没後100周年の記念に再び「坊っちゃん」をドラマ化し、主人公坊っちゃんの魅力や文学テクストの見どころを現代の若者たちに見せた。

本論文は、鈴木雅之によるスペシャルドラマ「坊っちゃん」(2016年)と夏目漱石による文学テクストを比較し、この2つの作品における人物像を細密に分析する上で、隠匿された豊かな思想の内包を発掘しようとするものである。新しい時代を背景に坊っちゃん、また他の人物像が反映している国民精神を解読し、さらに現代の日本が提唱する国民精神を探っていく。

キーワード: 「坊っちゃん」;映画化;人物像;国民精神

1 はじめに 1

1.1 研究動機 1

1.2 先行研究 1

1.3 研究目的 2

2 文学テクスト分析――夏目漱石「坊っちゃん」(1906年) 3

2.1 創作背景 3

2.2 人物関係 3

2.2.1 複雑な職場関係 4

2.2.2 異常な師弟関係 5

2.2.3 親密な「母子」関係 6

3 映像化された人物像――鈴木雅之「坊っちゃん」(2016年) 7

3.1 坊っちゃん 7

3.2 古賀先生(うらなり先生) 8

3.3 マドンナ 8

3.4 学生諸君 8

4 文学テクストの再創造性 10

4.1 人物像の連続性と時代性 10

4.2 国民性の連続性と時代性 11

5 終わりに 12

参考文献 13

謝辞......................................................................14

鈴木雅之「坊っちゃん」(2016年):

映像化された文学テクスト      

1 はじめに

1.1 研究動機

夏目漱石は1906年に発表した中編小説「坊っちゃん」の中で、凛然とした正義の「江戸の子」という典型的なイメージを作り上げ、国民性を改造し、民衆を啓蒙するという初心を表した。それ以来、小説「坊っちゃん」は何回も映像化され、主人公坊っちゃんも各時代に結び付くイメージを与えられた。

2016年は夏目漱石没後100周年で、それをきっかけに夏目漱石の文学作品が再び注目となっていた。多くの文学作品が映像化され、夏目漱石をモデルとした映像作品も注目を集めた。学界において、夏目漱石と彼の文学作品に関わる研究も盛んでいた。

1.2 先行研究

今まで夏目漱石の文学作品に関わる研究は盛んでいた。中には、夏目漱石の文学観や日本社会への見方を全体的に把握する論文は少なくない。「東亜文学的近代化研究」(孫麟淑 2013)では、筆者は主に近代文学発展史における韓中日三国の各代表的な作家が書いた小説に焦点を当て、それらの同一性と相違性を論じている。筆者は漱石作品の主な基調を「家父長制」、「親孝行」そして封建社会の男尊女卑思想への批判、女性を解放するという近代化思想の打ち出し、「自我本位」の思想などと判断する。

また、漱石前期の名作と知られていた「坊っちゃん」を中心にして作品論を行う研究もあるが、主に作品と作家の創作関係、小説に現れる社会現状への分析、小説と派生作品との関連性という三つの面で検討している。

《「坊っちゃん」から見る夏目漱石の留学生活──異郷に居る江戸っ子》(斎佳 2014)は小説主人公「坊っちゃん」と創造時期の夏目漱石を結びつけ、二人の江戸っ子の異郷生活における社会身分、異郷環境、各自の悩み、本業への態度、孤独感などの側面から探し出した共通点と相違点をもって、作品に出てくる不満や文句は夏目漱石がイギリスに留学していた時代のマイナス感情の影響だという高い可能性を示している。さらに、論文は作品の創作は夏目漱石留学時期の感情を含め、漱石自身を不愉快なムードから抜け出そうという試しではないかと推測する。

「从《哥児》看夏目漱石的反利己主義思想」(謝発朶 2017) は主人公坊っちゃんが家庭関係における親(清)と疎(兄)、職場関係での立場を論じて、作品が漱石の反利己主義思想を表現したと指摘している。「从夏目漱石的小説《哥児》看日本人的報恩心理》(陳永岐 2018)では、筆者は坊っちゃんの恩返し行為の出発点を分析し、坊っちゃんが山嵐と清に対しての態度を比較した上、日本人は相手の恩を受けたいながら、その恩に束縛された心配もあると言ったのである。

「可能態としての漱石テクスト:小説「坊つちやん」の絵画的受容から」(髙槻侑吾 2017)は小説「坊っちゃん」とその派生作品との関連性研究における代表的な論文である。この論文は「坊っちゃん」の文学テキストの時代性と多様性を中心に、「坊っちゃん」のイラストの時代発展を考察し、近現代の絵作品は漱石テクストの可視化、新しいイメージの創り上げ、時代的内包の与えを解明している。従来の作家論や作品論などの研究とは違い、新しい研究の道を提示した。

1.3 研究目的

夏目漱石の「坊っちゃん」に関わる研究がすでに多くあるにもかかわらず、原作による可視化する作品の受容研究はまだ萌芽期の段階にとどまっている。また、新しい時代のメディアが坊っちゃんの精神をどのように再解読するかについての研究も十分には検討されていない。

 そこで、本論文は、先行研究を参考した上で、鈴木雅之によるスペシャルドラマ「坊っちゃん」(2016年)という映像化作品から、文学テクストにおける人物像を対照しながら、隠匿された豊かな思想の内包を発掘しようとするものである。それに、新しい時代を背景に坊っちゃん、また他の人物像が反映している国民精神を解読し、さらに現代の日本が提唱する国民精神を探っていくのである。

2 文学テクスト分析――夏目漱石「坊っちゃん」(1906年)

2.1 創作背景

1906年、夏目漱石が「坊っちゃん」を発表し、日本社会で反響を呼んだ。当時、日清戦争での勝利は日本の優越感を大幅に高めた。それに、近代化に伴って、封建的な価値観が崩壊し始め、身分の違い、貧富の差が甚だしかった明治時代は資本主義、ことに利己主義が盛んでいた。当時の人々は、金を追い求めるために、義理や人情を欠いて、お金の貪欲にあやつられ、礼儀まで捨ててしまった。自分のために考えて、他人に同情しても偽りの演技であるのは当時の社会現状だった。

教育界では、1890年に明治天皇に発布された「教育敕語」は、天皇に対する忠と親に対する孝を道徳の基礎とし、戦争が起れば天皇に命を捧げ、天皇を国家の指導者とする国家に忠誠を誓うことを要求した。この法令は明治以前に存在した多様性教育を中央集権化の同一性教育に変えた。それ以来、国家は教育に対する統治はますます強化して、教育は天皇制国家の統治を守るための従属物となっていた。このような教育体制の下で、教育官僚はすべてを支配し、異分子を排斥し、そこで盲従主義が盛んになり、保守勢力が台頭するようになった。まっすぐな教師が迫害されて、教育界は腐敗と闇に満ちていた。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接