从婚礼看中日文化的差异;結婚式から見る中日文化の相違点毕业论文_日语毕业论文

从婚礼看中日文化的差异;結婚式から見る中日文化の相違点毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

所谓婚礼,就是新婚夫妇为了得到社会的承认和祝贺,防止重婚,为新婚夫妇适应新的角色和承担社会责任做好准备的仪式。所有民族和国家都有其传统婚礼的仪式。婚礼仪式既是其民俗文化继承的途径,又是本民族文化教育的仪式。婚礼中的服饰、流程以及各个环节等都是这个国家或民族文化的体现,是经过一代又一代的传承发展的,其中包含了人们的祝福和希望。本文通过对比中日两国婚礼仪式的不同来分析两国婚俗文化的差异性。

关键词:;婚礼习俗;中日比较;文化的差异

 结婚式とは、新婚夫婦は社会的承認と祝いを得ることであり、重婚を防ぐことであり、新しい社会的役割と要求に適応するなどの社会的責任を準備するものである。 すべての民族と国家はその伝統の婚礼の儀式があって、その民族文化の継承のルートで、また本民族の文化の教育の儀式である。婚礼の中の衣装、流れ、必要な物などはすべて国家の文化の体現と1世代また1世代の伝承を経て発展したものです。それは人々の祝いと希望を含んでいる。

 本稿は、中国の結婚式を日本の結婚式と比較することによって、中日文化の相違点を分析し、それぞれの文化根源を明らかにし、現代社会ではそれらの文化がどのような形式として残っているのかも究明することを目的とする。

  

キーワード: 婚礼習俗;中日比較;文化の相違点

1 はじめに 1

1.1 研究目的と意義 1

1.2 研究方法 1

2 中国の結婚式 2

2.1 伝統式の結婚式 2

2.2 西洋式の結婚式 2

3 日本の結婚式 3

3.1 人前式の結婚式 3

3.2 家庭式の結婚式 4

3.3 神前式の結婚式 4

3.4 仏前式の結婚式 4

3.5 教会式の結婚式 5

4 中日婚礼文化の相違点 6

4.1 番号選択 6

4.2 色の選択 6

5 終わりに 8

参考文献 9

謝辞.....................................................................10

結婚式から見る中日文化の異同

       

1 はじめに

結婚式とは、婚姻を成立させるため、もしくは確認するための儀式である。片仮名でウェディングまたはウエディングと表記することもある。地域や民族により様々な様式があるものである。結婚式は人生の重要な節目として、昔から大切に伝承されてきた。人々が結婚式を通じて、その社会変遷、社会発展、文化変容などを伺えることができる。今までの関連研究は両国の婚姻の様式、意義、社会機能、あるいは婚姻観の変遷などの分析が多いですが、中日両国の結婚式を比較研究するものはまだ少ない。

本稿では中日両国の結婚式を比較して、その間に存在する共通点と相違点を検討してみようとする。最後に、婚礼習俗文化の相違の根源を両国の歴史や地理上から明らかにしたい。中日両国の結婚式を比較研究することによって、両国の社会文化への理解を深めることが期待できるだろうと思う。

 

2 中国の結婚式

2.1 伝統式の結婚式

中国の古代の結婚式には三書六礼がある。三書は、採用する過程でつきあった文章を指し、採用書、礼書、迎え書がある。採用書は定親の本で、婚約時に交換する。礼書はプレゼントのリストで、その中には贈り物の種類と数量を並べて、お辞儀をした時に交換する。迎え書は花嫁を迎える本で、結婚当日に花嫁を迎えた時に使う。

六礼とは結婚の手続きをすることだ。これは納採、問名、納吉、納征、請期と親迎がある。納採とは「仲人」と呼ばれる人が女性の家に縁談を持ち込んで、女性の家が承諾すると、男性の家が準備礼をして結婚する。問名とは通称で「合八字」については、女性の生年月日と名前を仲人に聞いて、結婚式を準備する。納吉は男の家が吉兆を得た後で、備礼は女側の家に通知し、結婚は初歩で決める。納征はまたお辞儀をしたことがあって、男性は吉日を選んで女性の家まで婚約の大礼を行う。請期は吉日を選んで結婚して、古代に吉日を選んだ時、普通はと複数の日を選んで、好きではないのが三月、六月、十一月だ。三にばらばらの意味がある。六を選ばないのは、新人が半世の縁だと思わないからだ。十一月には人に満足させないという意味が隠れている。親迎とは、結婚式の日、男性は迎え書を持って女性の家に花嫁を迎えることだ。

それ以外にも、安床、騒ぎ屋、嫁入り、上頭、赤い傘などの風習もある。安床は結婚式の前数日で、一つの吉日を選んで、新しいベッドの上に布団、シーツが敷いて、更に竜鳳布団が敷かれて、さまざまな喜果を撒かれて、新人の早生貴子によく知られている。ベッドを敷く人も、喜果を撒く人は、真面目に選んだいい命の人だ。両親は健在で、兄弟がそろっていて、仲のいい人はいい命の人になることができる。あの時に、新郎の同輩の兄弟姉妹は穴の部屋を騒ぐことができて、老人は騒ぎ立てるほど、結婚してからの日が豊かになると思う。女性の家の配給は女性の家庭の地位、財産のシンボルである。遅くとも結婚前日までには嫁入りを夫の家に届けなければならない。上頭式は、大婚の正日の朝に行われて、時を選ぶことが重要である。男性は女性より一時も早く始まり、そして「いい命」の男と「いい命」の女が新人の代わりにそれぞれの家で行われている。赤い傘は親迎の当、正日に外出して、花嫁の姉妹や娘が花嫁を実家の門に支えて、露天の場所に立っていて、姉妹や娘が花嫁の頭上に赤い傘を張って、「開枝散葉」を意味する。

2.2 西洋式の結婚式

アヘン戦争の後、中国の社会は西洋の近代文明の影響を受けてますます深まり、多くの伝統的な社会習慣、生活様式、思想観念が変化した。結婚式では、当時「文明結婚」と呼ばれる洋式の結婚式が現れた。「文明結婚」は、清朝の末期に西洋から伝わった洋式の結婚式の呼び方であり、中国の伝統的な結婚式に対して言ったものである。「文明」という言葉は、当時の人々が洋式の結婚式に対してあがめ尊ぶと肯定を表すとともに、普張な、煩わしい、長い中国の伝統的な結婚式に対して不満を反映している。

結婚式は司会が掌握されている。通常は次のようなプログラムがある。奏楽、来賓は席に入って、結婚人、仲人を着席させる。結婚人が結婚証書を読み上げます。結婚人、仲人、男女の主婚者が証をお願いした。新郎、新婦は、結婚人、仲人、主婚者、来賓にお辞儀をする。新郎新婦は装飾品を交換する。結婚人、仲人が祝辞を述べる。男女の主婚者が答えを述べる。結婚人、仲人、男女の主婚者が退席させる。

礼をしてから、写真を撮る。そして、新郎新婦は部屋に入って休む。続いて、テーブルを並べて親戚や友人を食事に招待する。節約のために、実はお菓子や果物、お酒、サイダーだけを用意する。飲み会が始まると、先に新郎新婦が来賓の皆様にお酒をお勧める。司会の提案で、来賓全員が起立して新郎新婦に祝福を送る。来賓はしばらく挨拶の言葉を言って、自発的に退く。今では、新郎、花嫁に恋愛を報告させたり、いたずらをしたり、新郎新婦を笑わせたりすることもある。

3 日本の結婚式

3.1 人前式の結婚式

 人前式の結婚式は、神仏の前ではなく、家の中でもなく、ホテル、レストラン、酒家などの公共の場で行われているの新しい形態だ。新郎新婦は双方の保証人が同行し、婚姻届に出て法律の承認を得る。その後、新郎新婦は2、3週間前に招待状を出す。結婚式に招かれた人は、昔は主に両親、兄弟姉妹、その他の親族だった。近年、友人、仕事のリーダー、同僚となってきた。結婚式は、新郎新婦がこれらの人に感謝の気持ちを表すの貴重な機会であり、これまでの愛護、栽培、サポートに感謝する。

3.2 家庭式の結婚式

家庭式の結婚式は主に男性の家で行われている。結婚式が行われる日には、花嫁の家では「さよならパーティー」が行われ、近親者を招待する。新婦が実家の門を離れる時、人々はほうきで花嫁の足跡を掃除したり、ドアの前に茶碗を割ったり、花嫁の結婚後の生活が和やかで、実家に戻らないことを表現する。新婦が大勢の友人を護送して新郎の家の前に降りたとき、新郎はすでに親友と待ち合わせをしていた。この時、新郎新婦は礼拝式を行うべきだ。この風習は、結婚後に水神、火神、かまどの保護を得ることができる。結婚式は数日続いていますが、一番面白い番組は新築だ。各地で新築をするのは同じようなやり方ではない。あるところは、茶碗を一匹でいっぱいにして、新郎新婦はお客様の前で一緒に食べることがある。あるところは新婚のベッドのそばで模擬船と錨を置いて、あるところは結婚式の上で1枚のベッドを置いて、新郎新婦に「新婚入床式」を行う……。これらのやり方は、新郎新婦が親愛し、和やかに共存することを意味する。

3.3 神前式の結婚式

神前式の結婚式は日本の室町時代に始まり、当時の武官家庭で最も盛んな結婚式である。礼儀は比較的多くて、結婚式の上で男女の双方は339回の杯の酒を通して一生に愛し合うことを誓う。それで、結婚式で一番大切なのは、339回の杯の酒を飲んだのだ!お客さんが新郎にお酒を逆させるときには、お酒は1杯3回に分けて飲んでいなければならない。そしてお互いに杯を交換し、双方に酒を逆させる。結婚披露宴の上で、このようにして互いに酒を敬って、杯の酒を飲む過程は男女の双方が良縁を結ぶの過程を意味する!日本人から見れば、結婚は男女間の生活の始まりだけでなく、社会生産にも参加し、子孫を増やすために義務を果たす。蛾は、この義務の象徴である。神前式の結婚式を行う際に使っていた長手の酒瓶に、雌蛾が描かれて、短冊の酒瓶には雄蛾が描かれている。結婚指輪を交換するとき、新郎はまず花嫁の左手の薬指にそれをつけている。キリスト教の結婚式を行うとき、教会の中央の通路は、新郎、新婦、連れの娘にだけ歩いていて、他の人は隣の道を歩くことしかできない。

3.4 仏前式の結婚式

 仏前式の結婚式を行う時、日本の新郎、新婦はすべて仏珠を持って、新婚夫婦は祖先の霊位に香を焼いて、祖先の庇護を祈う。仏前式の結婚式では、男女双方が仏像の前で結婚の約束を読み上げると、祖先に二人が百年の良さを結び,一生を守ることを報告する。結婚式では、また「紙垂らし」という白い紙を、細やかで薄い紙切れに切り、それをBICIGIの枝に巻きつける。これは伝統的な風習で、亡くなった家族の魂を呼び戻し、永遠に無事に保たれるということを意味している。結婚式で玉串奉公議式を行う際には、男女双方と親しさがある人が主催されなければならない。

3.5 教会式の結婚式

 教会式の結婚式は教派の違いによって何種類かに分かれている。原則としてはもともと信者だけが教会で結婚式を行うことができる。特にカトリックパーティの要求は最も厳しい!しかし、最近では、信者でなくても、教会で簡単な訓練を受けて信者と同じように荘厳な雰囲気の中で、神聖な教会に入って、愛する人と一生を約束することができる。

4 中日婚礼習俗文化の相違点

4.1 番号選択

結婚式に関する時間や日は、日本人も中国人と同じように縁起のよい数字を選択する。数字の上で、日本人と中国人の好みは一般的に反対だ。日本人は奇数を好みますが、すべての奇数を好むのではない。中国人は偶数を偏愛していますが、一概には言えない。例えば、日本人は9が好きではない。それは発音と苦しみが同じですから、結婚式は9と関係があると縁起が悪い。中国人は9が単位の中で一番大きいと思う。そして、古い時代の皇室と関係がありますから、禁物ではない。また、中国人は偶数で偶数になると思って、結婚式のようなおめでたいことはさらに重要で、つまり、「二重幸福」だ。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接