安徒生和宫泽贤治作品中的主题与空间;アンデルセンと宮沢賢治の作品における主題と空間毕业论文_日语毕业论文

安徒生和宫泽贤治作品中的主题与空间;アンデルセンと宮沢賢治の作品における主題と空間毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

日本儿童文学代表作家宫泽贤治的童话作品中,可以看到对安徒生的继承和发展。两位作家的代表作宫泽贤治的《银河铁道之夜》和安徒生的《海的女儿》中,主人公最后都以悲剧性的自我牺牲的方式结束生命。本文分别以安徒生的《海的女儿》和宫泽贤治的《银河铁道之夜》为例,以“牺牲”为关键词,具体分析探讨两部作品想要揭示的主题以及空间。

关键词:安徒生;宫泽贤治;牺牲

要 旨

日本の児童文学代表作家の宮沢賢治氏の作品には、デンマークの児童作家アンデルセン氏への継承と発展が見られる。二人の作品中の人物は最終的には悲劇の自己犠牲でエンディングになっている。本研究は宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』とアンデルセンの『人魚姫』を取り上げて検討したことで、「犠牲」をキーワードに、二つの作品のテーマと空間を具体的に分析する。

キーワード: アンデルセン;宮沢賢治;犠牲

目 次

  1. はじめに 1
  2. 作者生涯と作品の関連性 3
    1. アンデルセンと『人魚姫』 3
    2. アンデルセの影響を受けた宮沢賢治 4
  3. 主題―犠牲と愛 4
  4. 異空間 4
    1. 『人魚姫』の空間 4
    2. 『銀河鉄道の夜』の空間 9
  5. アンデルセンと宮沢賢治の相違点 10
  6. 終わりに 11

参考文献 12

謝辞..................................................................13

アンデルセンと宮沢賢治の作品における主題と空間

はじめに

    1. 研究目的と意義

アンデルセンは童話作家として全世界に知られた長く愛読されている「童話の王様」と言われている。宮沢賢治も日本国内だけでなく海外でもよく読まれ、愛されている童話作家の一人である。

筆者が最初に読んだのはアンデルセンの童話である。自分を犠牲してバブルになったというエンディングに印象が深い。そして、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』を読むと、悲劇の結末と『人魚姫』のエンディングに驚異的な類似性があると気付いた。両者は

「他人の幸せを求めることこそ、本当の幸せだ」と強調する。筆者は主人公は犠牲者になったというような童話に惹かれ、両者の異同を探求したい。

童話で存在する審美要素は子供の教育に対してとても重要で、さらに、その中に潜んでいる死と愛というのは人間の一生で永遠のテーマといっても過言ではない。

今までアンデルセンと宮沢賢治に関する研究は中日両国にも数多くあるが、両氏の比較研究はまだ少ない。本論では先行研究を踏まえながら、テキストを精読した上で、主人公の犠牲精神という視点から作品の主題と空間を分析していきたい。

    1. 研究方法

日本の児童文学代表作家の宮沢賢治氏の作品には、デンマークの児童作家アンデルセン氏への継承と発展が見られる。アンデルセンはキリスト教や北欧民俗信仰を融合させ、生と死を『人魚姫』などの童話に溶け込む。宮沢賢治は、宗教の生死観に基づいて子供の死の題材を描いた。彼の童話はロマンチックで幻想的な幻の世界をテーマにして、理想主義と宗教色に満ちている。 2 人の作者の主人公たちは最終的には悲劇の犠牲で別の形式の昇華を勝ち取っているが、似たような悲劇と異なる主旨を体現している。

本論は宮沢賢治の作品『銀河鉄道の夜』のカムパネルラ、アンデルセンの『人魚姫』の主人公である人魚姫に焦点を当て、作品主題と作品空間を検討しようとする。

作者生涯と作品の関連性

アンデルセンと『人魚姫』

アンデルセン(1805-1875)の本名は Hans Christian Andersen で、フェーン島のオーデンセで生まれ、有名な童話作家、詩人、小説家である。北欧の地域の人々は不撓不屈の精神、独立自由の精神を備わっているし、地域は神話、詩歌を好み、多くの吟遊詩人を生んだ。アンデルセンはキリスト教や北欧民俗信仰を融合させ、生と死を『人魚姫』などの童話に溶け込む。「私の書いたものの多くは私自身を反映しています。すべての登場人物は私の人生ゲームから生まれて来たのです」ともいっている。これによって、童話集の一連の作品は作者の心象をそのままスケッチして文学という形式をとったものとされている。

アンデルセンの父親は靴職人、祖父は精神異常で病院に入院していたし、祖母は病院で庭仕事をしていた。父はアンデルセン 11 歳のとき亡くなった。自伝によると、いとけないときは孤独で泣き虫だったという。父の死んだ時には「氷姫に連れて行かれた」といって泣いた。

アンデルセンが何度かの感情は失敗に終わった。失敗の理由を、山室氏は彼の容貌もさることながら男らしくない弱気な性格を第一に挙げている。貧困家庭に育ち、人の情にすがって生きた少青年時代に造られた自分の孤独の中にこもる性質も終生つきまとったアンデルセンは、必ずしも幸福そのものだったとは考えにくい。その人間的な哀しみも喜びも、偽りのない真実として彼の童話文学の中に表現されている。アンデルセンは創作の道に入った前に、歌手への道を探していた。声がとても良か ったので歌手になりたいと願い、毛織物工場で歌っていたともいう。14 歳でコペンハーゲンに出て、王立劇場でアルバイトをしながらオペラ歌手になるきっかけを探したいが、運は開かれず、道は閉ざされた。その原因で『人魚姫』の中で人魚姫は「海の

魔女」の巧みな「話術」で導かされ、一番いい声を代償として失って、巧みな「魔術」で脚を授けられるというさりげなく残酷物語を描いたのであると思われる。

アンデルセの影響を受けた宮沢賢治

宮沢は農学校の教師を務める科学者であり、また熱心な宗教家でもあった。明治 29

年 8 月 27 日岩手県稗貫郡花巻町に、父政次郎、母イチの長男として生まれ、父祖伝来の濃密な仏教信仰のなかで育った。少年時代から植物採集やとくに鉱物採集に熱中、

「石コ賢さん」とよばれる。昭和 6 年ごろやや病状回復、東北砕石工場技師となって

石灰の宣伝販売に奔走するが、無理がたたってふたたび病床の身となり、昭和 8 年 9

月 21 日に病死した。

宮沢賢治の蔵書目録で外国の文献は有名から無名まで種々雑多であるが取りも直さずこのなかにしっかりアンデルセンがはいっている。ちなみにその書名は

「Andersen’s Fairy Tales」と「Andersen’s Popular Tales」の 2 冊であった。宮沢賢治の外国文学だけではなく外来思想への感化は大きい。なかでもアンデルセンの作品がこの詩人に与えた方法ならびに思想性は甚大に思える。アンデルセンが童話を書き初めた一八三○年代とは宗教的呪縛から解き放されて自由な幻想への飛躍が成果をあげたときと重なって、アンデルセン作品は時流にのったわけだが、完全にはファンタジー世界を手に入れたわけではない。現実に根をおろしていた物語世界が恐る恐る異界の入り口まで入ったところという印象だ。盛んに擬人法を用い、語りと視点の異同の中に新しい感覚をかきこんで行ったのだ。宮沢賢治がその目新しい点を自分の中に吸収するのはさして難しい事ではなかったはずだ。

主題―犠牲と愛

ドストエフスキイによれば、「自己犠牲」とは、「自分の意志で、まったく意識的に、誰にも強制されずに、自己のすべてを万人の利益のために犠牲にすること」であり、「最高度の個性の発達、最高度の克己(自制)、最高度の偉力、最高度の意志の自由のしるし」である(『冬に記す夏の印象』))。そこにたとえ毛筋ほどでも、自身の「利益」を考えた「打算」が混ざれば、それはもはや「自己犠牲」とは呼べない。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接