关于中日两国学校供餐制度的考察 中日の学校給食制度に関する一考察毕业论文_日语毕业论文

关于中日两国学校供餐制度的考察 中日の学校給食制度に関する一考察毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

本文首先说明日本学校供餐制度和食育文化相关研究的研究现状。

然后说明日本的学校供餐制度。这部分内容分为三部分。第一部分是日本学校供餐制度实施的背景和目的。第二部分介绍日本学校供餐制度的实施现状。第三部分介绍日本学校供餐制度的具体实施方法和对于日本社会的意义。

接着,考察日本的食育文化。这部分主要围绕《食育基本法》和《食育推进基本计划》进行说明。第一部分说明《食育基本法》的颁布以及在中小学的实施。第二部分以《食育推进基本计划》为例,考察其中体现的食育文化。

最后是对于我国营养餐计划和学校供餐的启示。这部分内容也分为三部分。第一部分是说明以帮助家庭困难儿童为背景的我国营养餐计划的提出及实施现状。第二部分讨论营养餐计划和城市提供餐食的中小学面临的问题。第三部分是以从日本的学校供餐制度和食育文化中得到的启示为基础,提出今后的对策。

关键词:供餐制度;食育;营养餐计划

本文はまず、日本の学校給食制度と食育文化についての研究状況を説明する。次は、日本の学校給食制度についての説明である。この部分は三部に分かれている。第一部は日本が学校給食制度を企画した背景や目的を簡単に説明する。第二部は今の日本の学校給食制度の実施状況を紹介している。第三部は日本の学校給食制度の具体的な実施方法の紹介と社会に対する意義の説明となっている。それからは日本の食育文化についての考察である。この部は主に「食育基本法」と食育推進計画をめぐって説明する。第一部は「食育基本法」の企画と小中学校での実施を説明する。第二部は「食育推進計画」を例にして、その中に表した食育文化を考察する。最後は中国の栄養食計画と学校給食に対する啓発である。この部分も三部に分かれている。第一部は、中国の栄養食計画で提出した学童の家庭貧困の救済の背景と実施状況についての説明である。第二部は栄養食計画と都会で給食を提供する小中学校の直面する問題についての検討である。第三部は日本の学校給食制度と食育文化から得られる啓発に基づいて、今後の対策を検討していく。

キーワード: 給食制度;食育;栄養食計画

目 次

1 はじめに 1

2 研究状況 2

2.1 研究の動機 2

2.2 先行研究 2

2.3 研究方法 3

3 日本の学校給食制度 4

3.1 背景と目的 4

3.2 今の実施状況 4

3.3 実施方法と意義 5

3.3.1 具体的な実施方法 5

3.3.2 日本社会に対する意義 6

4 日本の食育文化 7

4.1 「食育基本法」の企画と小中学校での実施 7

4.1.1 「食育基本法」の企画 7

4.1.2 小中学校で実施する方法 8

4.1.3 小中学校で実施する特徴 8

4.2 「食育推進計画」について 9

5 中国の栄養食計画と学校給食 10

5.1栄養食計画の背景と実施状況 10

5.2栄養食計画と都会の学校給食の問題 10

5.3今後の対策 11

6終わりに 13

参考文献 14

謝辞 15

中日の学校給食制度に関する考察

       

1 はじめに

2018年上海のある中学校の給食問題から成都のある中学校が学生に賞味期限を過ぎた食品を提供した事件まで、最近の中国の小中学校の給食の安全性の問題がますます深刻化してきている。このような事件は国民の学校に対する信用に悪影響を及ぼす。このような事件から私たちが考えるべきことは食の安全性の問題だけではなく、食の教育問題関連していることなのである。食の教育問題とはどのような方法で小中学校に安全で栄養のバランスがとれた給食を提供するか、どのような方法で次の世代に優れた食文化を伝えていくかを考える必要があるということだ。それに対して日本の食育文化の歴史は長くて、世界でも有名なので、本稿はまず日本の学校給食制度が登場した背景、実施している状況、具体的な措置と日本社会に対する意義を考察する。

次は、日本の食育文化を考察する。「食育基本法」の企画と小中学校で実施する方法や「食育推進計画」に表した食育文化などの内容を含む。最後は中国の「栄養食計画」が提出した背景と実施状況、「栄養食計画」及び都会の学校給食の問題を考察して、日本の学校給食制度から得られる示唆によって今後の対策を検討する。

2 研究状況

2.1 研究の動機

最近学校給食の安全性や給食の栄養不足などの問題がますます深刻化してきている。このような問題を解決するためには、ほかの国の経験を参考することが必要であると考えられる。

そこで日本の食育文化の歴史は長くて、世界でも有名なので、本稿は日本の学校給食制度と食育文化の考察に基づいて、中国の「栄養食計画」と都会での学校給食についての今後の対策を検討する。

2.2 先行研究

日本の学校給食の歴史は長い。ところで給食制度についての先行研究は少なかった。先行研究として挙げられるのは、片岡美喜「地場産農産物を活用した学校給食の取組と効果に関する考察」『農林業問題研究』(2004年)、宇高順子・門田なおみ「学校給食における栄養教育について」『栄養学雑誌』(1982年)、石川みどり・大久保美幸等「農業高校生徒の提供した給食だよりによる小中学生の給食に関する態度・行動への影響」『日本栄養士会雑誌』(2008年)のみである。これらの論文の中では、学校給食制度が登場した背景、学校給食の役割の記述、また学校給食の成果を調査によって得ている。他方、学校給食のあるべき姿と現状の問題を論考することによって、日本の給食制度の歴史をはっきり知ることができたのだが、それも本稿の作成に大いに役立つようになった。特に学校の給食指導体制、児童の食生活に対する小学校教師の問題意識と指導の実態についてや給食に関する授業・講習などの問題について調査と論考をしているところは中国の給食に大きな啓示をもたらすと期待できる。

日本は平成17年に「食育基本法」が制定されて以降、今日に至るまでに、「食育」という言葉は広く浸透してきた。それに近年、中国では食育も注目を集めてきていて、だから、食育に関する先行研究は多いである。清野富久江「食育の推進について」『日本調理科学会誌』(2012年)、岸田恵津「学校における食育の評価をめぐって」『日本健康教育学会誌』(2014年)、程景民·郑思思「日本《食育基本法》对我国的启示」『中国食物与营养』(2016年)、王佳璐·佐冰冰「日本中小学校开展食育教育的具体措施及对我国的启示」『课程教育研究』(2016年)などが挙げられる。これらの論文の中では、日本では食育の可能性や推進方法、今後の展望、それに食育についての評価などを検討する。「食育基本法」と都道府県の食育推進計画、地域社会の食育活動に関する提言などについての検討は、中国の食育文化の形成の参考にする価値があると考えられる。

中国の栄養食計画は家庭貧困の学童の救済を目指している。推進対象は主に貧乏な山間部としている。そのため、外国の学者が作成した中国の栄養食計画についての論文はあまりない。それに対して国内の学者はこの問題にばかり注目していて、栄養食計画に関する主要な先行研究としては、廖曦「我国农村义务教育学生营养餐问题研究」(修士論文 華中師範大学 2013年)、任燕「当前农村学生营养餐供餐模式研究」(修士論文 華中師範大学 2014年)、彭珩・代娜「浅谈我国中小学生营养餐现状」『轻工科技』(2014年)などが挙げられる。これらの論文の中では、栄養食制度を実施する意義、食の管理対策などを検討することが多い。加えて経済の発展に伴って、国内に食育も話題になってきて、都会の小中学校の一部も給食を提供し始めた。都市部の学校給食に関する主要な先行研究としては杨铭铎・华庆「中国学生营养餐现状分析及对未来发展的思考」『食品与发酵工业』(2004年)、付俊杰・翟凤英「学生营养餐现状与发展趋势」『国外医学(卫生学分册)』(2005年)などが挙げられる。

2.3 研究方法

先行研究は主に現地調査あるいはアンケート、先行の文献を分析するなどの方法を取る。たとえば、学校給食の成果、学校の給食指導体制、給食に関する授業・講習などの問題は現地調査で資料を集めて研究する。児童の食生活に対する小学校教師の問題意識と指導の実態についての研究はアンケートの方法を取る。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接