关于日本时尚产业发展的考察;日本ファッション産業の発展についての考察毕业论文_日语毕业论文

关于日本时尚产业发展的考察;日本ファッション産業の発展についての考察毕业论文

2021-03-31更新

摘 要

时尚是社会文明进步的产物。第二次世界大战之后,日本经济进入高速发展期,日本时尚产业也发展迅速,给亚洲乃至全世界的时尚界带来了巨大影响。然而中国的时尚产业起步较晚,发展也很不成熟,与日本时尚产业仍存在很大差距,需要借鉴与学习日本的地方有很多。

本论文首先介绍了战后近七十年日本各时期的流行事物以及时尚潮流的发展变迁, 展现了日本近代的时尚趋势。接着通过分析战后日本经济的恢复、教育的发展、日本传统审美意识以及时尚人才的涌现等有利因素与经济危机对日本经济的影响及日本的传统保守思想等不利因素,阐述了日本时尚产业发展的背景。最后从教育与时尚产业的结合、良好开放的社会氛围的营造以及外国时尚与本国传统相结合等角度说明了日本时尚产业的发展对于我国时尚产业的启示。

关键词:日本;时尚产业;中国;时尚潮流;时尚人才

要 旨

ファッションは社会文明の進歩の産物である。第二次世界大戦後、日本経済は高度成長期に入り、日本のファッション産業も急速に発展し、アジアや世界のファッション業界に大きな影響を与えた。しかし、中国のファッション産業はスタートが遅く、発展も未熟で、日本のファッション産業とはまだ大きな差があり、日本を学ぶべきところはたくさんある。

本論文では、まず戦後約七十年の日本の各時期におけるファッションの流れの推移を紹介し、日本の近代的なファッションの流れを示した。そして、戦後の日本経済の回復、教育の発展、日本の伝統的な美意識、ファッション人材の出現などの有利な要因と経済危機が日本経済に与える影響、日本の伝統的な保守思想などの不利な要素を分析することによって、日本におけるファッション産業の発展の背景を述べる。最後に、教育とファッション産業の結合、開放的な社会雰囲気の造営、外国のファッションと自国の伝統との結合などの角度から日本のファッション産業の発展がわが国のファッション産業の発展に与えられる示唆を分析してみた。

キーワード: 日本;ファッション産業;中国;時流;ファッション人材

目 次

  1. はじめに 1
  2. 戦後日本ファッション発展の歴史 2
    1. 1950 年代から 1960 年代まで日本の時流 2
    2. 1970 年代から 1980 年代まで日本の時流 3
    3. 1990 年代から 2000 年代まで日本の時流 4
    4. 2010 年代から今まで日本の時流 5
  3. 日本ファッション産業発展の要因 7
    1. 日本ファッション産業発展の便益 7
    2. 日本ファッション産業発展のブレーキ 9
  4. 日本ファッション産業の発展は中国への示唆 10
    1. 素質教育を発展する 10
    2. 保守主義を打破し、開放的で自由な社会雰囲気を作る 11
    3. 他国の長所を参考にして、自国の文化に結びつける 11
    4. ファッション人材を育成する 12
  5. 終わりに 14

参考文献 15

謝 辞 16

日本ファッション産業の発展についての考察

はじめに

戦後、日本のファッション産業は急速に発展し、日本は世界ファッション業界における地位もしっかりしている。日本のファッション産業は経済の重要な財源として、東京も世界四大ファッションの都の一つになっている、日本のファッション産業に多くの日本学者は注目し、さまざまな角度から研究してきた。植田康孝(2016)は、日本の若者たちの Instagram など SNS の使用状況に基づいて、Instagram などのマスメディアの使用がファッション産業に与える影響について詳細な調査研究を行ってい る。田中里尚(2017)は中原淳一をはじめとするファッションデザイナーまたは「装苑」のようなファッション雑誌が日本のファッションの歴史における重要な意義を述べている。

先行研究のほとんどは日本のファッション産業の現状及び社会への影響を中心と して論じているが、ファッション産業の歴史について考察するものが少ない。そして、

日本というファッション大国と比べ、わが国のファッション産業は発足したばかりで、まだまだ未熟なものであり、日本から学ぶべきところがたくさんある。今の中国はフ ァッション産業の発展は十分重視されず、ファッション産業に関する研究は日本より 少なく、範囲も狭い。

本論文は、日本のファッション産業の発展の歴史や契機を明らかにすることで、日本のファッション文化を知り、中国のファッション産業にとって参考になれるところを探ってみようとする。

戦後日本ファッション発展の歴史

2.1 1950 年代から 1960 年代までの日本の時流

まだまだ戦争の痛みが残る 1950 年代はファッションに対する関心を持っている人々がいた。1947 年、フランスのデザイナークリスチャンディオールが「ニュー・ルック」を発表した。このニュールックは、丸みある肩と胸、細く絞られたウエスト、スカートの裾の広さが女性の体をすっきり見せるファッションで、1950 年代ファッションの基準となり、日本にもその影響は大きく流れてきた。このパリから始めた世界的な流行の影響を受け、華やかなスタイルが流行した。また、映画をきっかけで、独特なファッションスタイルも流行するようになった。洋画「ローマの休日」や「いとしのサブリナ」の影響でオードリーヘップバーンのファッションを真似、ヘップバーンカット、サブリナパンツなどのファッションもまた女性の間で大流行した。1956 年、石原慎太郎の小説「太陽の季節」の映画化のブームにより、この主人公達のファッションを真似た「太陽族」と呼んでいる若者たちが登場した。この太陽族のファッションはスポーツ刈りにアロハシャツ、サングラス、ボールドルックのスーツ、マンボズボンなど。そんな 50 年代のファッションスタイルは今でも人気がある。

60 年代のファッションは、50 年代よりもさらに若者文化、サブカルシャーと緊密な関係が出来てきた。社会的な解放運動を行う人々のファッションから誕生した物でフレアジーンズにTシャツを主に、インド・アフリカ・東欧などの民族をモチーフにしたものが多かった。

ビートルズのブームの影響で流行ったモッズファッションの特徴は細身のスーツでスリムなパンツ、ミリタリーパーカーなどである。当時、流行に敏感な若者「みゆき族」の間で大流行したファッションがアイビー・ルックである。この特徴は、3 つボタンのブレザー、ボタンダウン・シャツ、コットンパンツ、コイン・ローファー、ロングスカートにリボンベルトを結び、二つに折ったハンカチーフを頭にかぶって少し着崩れした。

米国を中心にヒッピーが生まれたのもこの年代である。ヒッピーは、通常の社会体制を受け入れずに、奇抜な服装を着て、自然への回帰を提唱し、気ままな行動をする若者の総称である。彼らは基本的に自然、愛、平和、芸術自由を愛していると述べている。日本ではフーテンと呼称された時期もあるが、ファッションの視角から見れば

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接