中日孤独死問題の比較研究 中日孤独死问题之比较研究毕业论文_日语毕业论文

中日孤独死問題の比較研究 中日孤独死问题之比较研究毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

中国与日本都是人口老龄化非常严重的国家,日本自 2008 年起孤独死现象逐渐暴露出来,随着问题越来越严重,日本政府出台了一系列政策,社会上的相应服务机构也应运而生,但是因为日本老龄化问题一直未能得到改善,孤独死数量仍未出现下降趋势。而那时的中国尚未出现这种问题,大家的关注点主要放在空巢老人的问题上,并没有将过多的注意力放在孤独死问题上。国内针对孤独死问题的研究论文较少,在知网上以“孤独死”为关键词进行搜索也只有 136 条。这说明国内对于孤独死问题还不够重视。

本研究对中日孤独死的现状,原因,对策进行了对比分析。现状而言,中国孤独死事件最早从 2004 年开始出现,从 2009 年开始显著增加,在 2010 年开始

集中出现。而在日本 2018 年孤独死人数与 2008 年相比上升了 3 倍,现在每年孤

独死的数量大约有 3 万。造成中国孤独死的原因是人口老龄化,计划生育政策, 家庭结构的变化以及老人社会参与的不足。日本则是因为同一地域之间人与人之间的联系淡化,家族关系的弱化,以及传统的养老文化的衰退。在应对措施方面, 日本在应对孤独死方面具有丰富的经验,为了应对孤独死,采取了极有效的对策比如说水量测量法,重构地域社会实现共助,以及介护保险制度等。

为了预防中国的孤独死的爆发式增长,笔者参考日本提出了三个建议用于改善中国的孤独死现象,分别是全面创立生活互助体制,提高老人自身的能力,以及看护服务的介入。

【关键词】 中日、孤独死、现状、原因、措施

II

目次

  1. はじめに 1
    1. 研究目的 1
    2. 先行研究 1
    3. 研究方法 2
  2. 中日孤独死の実態 2
    1. 中国の孤独死の現状 2
    2. 日本の孤独死の現状 3
  3. 中日の孤独死の原因 5
    1. 中国の孤独死の原因 5
      1. 人口の高齢化 5
      2. 一人っ子政策 6
      3. 家庭構造の変化 6
      4. 社会参加の不足 7
    2. 日本の孤独死の原因 7
      1. 家族関係の弱まり 8
      2. 地縁関係の弱化 8
      3. 養老文化の衰退 8
  4. 中日の孤独死の対策 9
    1. 日本の対応措置 9
      1. 水量監視法 9

III

      1. 少子化の抑制 9
      2. 地域社会の再生 10
    1. 中国への提言 10
      1. 生活上の助け合う体制の確立 10
      2. 老人自身の能力の向上 11
      3. 介護サービスの介入 11
  1. おわりに 11

参考文献 12

謝辞 13

IV

1.はじめに

1研究目的

本研究では先行研究を参考にし、孤独死現象に関するニュース、記事などを収集して中日孤独死の現状を理解し、また現状から孤独死を引き起こす主な原因を分析し。そしてそのヒント、改革の方向性、および対策を検討しようと思う。

先行研究

まず、孤独死の定義を説明したい。服部哲朗(2012)3によると、原内閣府 の資料では孤独死に関して説明が「誰にも看取られることなく息を引き取り、その後、相当期間放置されるような悲惨な孤立死(孤独死)」と述べた。また、 内閣府の高齢社会白書には「単身生活者であり、亡くなる際に誰にも看取られ ず、しかも一定期間発見されないで放置されていた」と定義している。以上か ら見れば、孤独死は「主に単身者が誰にも看取られることなく死亡するケース、特に死後すぐに気付かれないケース」というのがおおかた共通した見解である。

そして、孤独死の原因については、日本では、服部哲朗(2012)によると、単身世帯の増加、村落的生活様式から都市的生活様式の転換、コミュニティの変化、近所づきあいの減少、格差問題という四つの原因がある。中国では、張岩・ 徐俊(2016)4によると、孤独死の原因は一人っ子政策及び人口高齢化、家庭構成と居住方式の変化、社会変化による地縁社会関係の崩壊、一人暮らしなどが挙げられる。要するに経済の急速な発展につれて、生活様式、生産方式にさまざまな変化をもたらした、結果、孤独死現象が増えた。比較してみると、中日の孤独死の原因はほぼ同じであることがわかる。

また、孤独死の現状について、森田沙斗武ら(2016)5によると、日本では

3服部哲朗(2012)「地域社会は孤独死のセーフティネットとして機能できるか」早稲田大学 修士論文

4张岩・徐俊(2016 年) 「农村空巢老人“孤独死”现象分析及对策研究」 『齐齐哈尔大学学报(哲学社会科学版)』 (2016 年第 9 期) 61〜64

5森田沙斗武・西 克治・古川智之・一杉正仁(2016)「高齢者孤立死の現状と背景についての検討」『日本交通科学学会誌 第 15 巻 第 3 号』38~43

1

高齢化が大きな社会問題となっており、65 歳以上が人口の 25%を占める。さらに近年、一人暮らし世帯の割合が著しく増加している。2010 年の国勢調査では一人暮らし世帯の割合は 32.3%であり、家族類型別世帯数の首位となった。この現象は高齢者の間でも明らかになり、一人暮らしの高齢者は

4,577,000 人と高齢者人口の 15.6%を占める。また、総務省 2010 年国勢調査

人口等基本集計結果によると、東京 23 区内では年間 3,400 件の孤独死が発生

しており、一日あたり約 10 人が孤独死していると報告されている。東京都福

祉保健局東京都監察医務院により、東京都 23 区で発生した 65 歳以上の孤独

死は 2015 年においては 3,116 人(男性 1,973 人、女性 1,143 人)となって

いる。2003 年の 1,441 人と比べて 2 倍以上増加した。単身高齢者の増加に伴い、孤独死も増加していることが分かった。中国では、徐俊・俞宁(2015)6によると、2014 年末までに、わが国の高齢者人口は総人口の 15.5%を占めている。そして一人暮らしの高齢者は全体の高齢者人口の割合の 50%に達することが分かった。孤独死の年齢構成について、主に 60〜79 歳の間に集中し、合計で 63.7%を占め、80 歳以上が 20.5%を占める。そして 50 代以上の準高齢者が約 10%前後を占めている。これは中国の老人世帯の孤独死が低年齢化傾向にあることを大体示しており、日本の高齢者が孤独死の主体であることと大きく異なる。

最後に、孤独死の対策について、日本では、森田沙斗武ら(2016)により、以下の対策が挙げられた。まず、高齢者に就労の場を提供する。そしてかかりつけ医制度の充実。それから、介護サービスの積極的な介入 。中国では、周媛媛(2017 年)7によると、老人世帯のコミュニティ管理の改善、それから一人暮らしの高齢者の医療と社会保障の強化、非政府組織と社会の団体の導入という三つの対策が挙げられた。

研究方法

本研究は主に文献研究法を利用する。孤独死についての日中の関係資料を収

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接