日本語のことわざにおけるキツネの隠喩研究日语谚语中的“狐”隐喻研究毕业论文_日语毕业论文

日本語のことわざにおけるキツネの隠喩研究日语谚语中的“狐”隐喻研究毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

谚语源于人们的生活,作为人们生活的智慧,口口相传至今。它与人们的生活密切相关。谚语浓缩了一个民族的文化,通过谚语可以理解其民族的思维方式、价值观、心理特征等文化信息。

近年来,认知科学呈爆发势态发展。作为认知科学的一个分支,认知语言学领域也不断地受到人们的关注。其中关于研究对象—-“隐喻”的理论与实践也在不断推进着。在现行研究中,作者发现关于谚语中对动物的隐喻的研究很少,从认知语言学的角度着手,兼顾概念隐喻学,且单纯围绕一个动物的隐喻表现进行系统的研究少之又少。狐狸是日本民间信仰的重要对象,常在神话、诗歌和小说中出场,是研究日本文化不可避免的课题。日语中有很多关于狐狸的谚语,它们有丰富的内容,并且触及到人类生活的各方面。本研究将以关于狐狸的日语谚语为中心,收集狐狸的谚语,从语言学和认知隐喻学的角度阐明 “狐狸的隐喻”,并对其反映出的民族文化性进行探究。

经过研究,得出以下结论。在认知学方面,从身体特征、性格特征和狐狸形象三个维度解释说明了狐的隐喻手法。概念隐喻的本质是用一种容易理解的概念去理解另一种不熟悉、较难理解的概念,其心理基础是抽象的意象图式。因为狐狸与现实形象形成类似关系或映射关系,狐狸谚语中的隐喻得以成立。概念隐喻不仅是一种语言现象,更是一种认知模式,它使人们产生丰富联想,寻找两个事物已经存在的相似性,有时甚至可以创造新的相似性。在文化论方面,人类的自然性、地理环境和客观自然法则既对立又统一。处于不同文化背景下的人们对自然的认识是相同的。日本和中国一样,在狐文化中有许多共同点。从谚语来看,日本的狐狸有瑞祥和不祥两种形态。通过狐的谚语,可以看出日本人保守、规避危险的安稳主义。

关键词:谚语 隐喻 狐 认知语言学

I

要 旨

ことわざは、人々の生活から生まれ、生活の知恵として口から口へと伝承されてきた簡潔な文句である。しかも、人々の生活と非常に密接な関係もある。ことわざは民族の文化情報を凝縮し、ことわざを通じてその民族の考え方、価値観、心の特徴などの文化の情報を理解することができる。

また、近年、認知科学はますます注目されるようになる。その分枝である認知言語学のアプローチの中でも注目されている概念の一つである隠喩に関する理論と実践が進んでいる。ことわざにおける動物の隠喩についての研究は少なく、認知言語学と認知隠喩学の角度から着手し、単なる一つの動物の隠喩をめぐって系統的に研究するのはより少ないようである。さらに、「キツネ」は、日本の民間信仰の重要な対象であり、神話や詩歌や小説に避け離せない話題とされている。日本語には「キツネ」に関することわざは数多くあり、豊富な内容を持ち、人々の生活のあらゆる面に触れている。

本稿は「キツネ」にしぼる日本語のことわざを中心に、認知言語学の角度から分析し、「キツネ隠喩」を闡明し、それに反映される日本民族の文化性を探究してみた。考察した結果、以下に結論を出した。認知学の面では、キツネの隠喩をみれば、身体特徴、性格特徴及びキツネのイメージという三つの部分に分け、キツネことわざにおける隠喩は、キツネのことを現実像と類似関係や写像関係によって結んでいるからこそ、隠喩ができあがると言えるであろう。隠喩の本質は理解しやすい概念でもう一つよくわからず、理解しにくい概念を体験するということである。その心理的基盤は抽象的なイメージスキーマである。概念の隠喩は言語現象だけでなく、認知モデルでもある。

文化論の面では、人間が生きている自然的な地理環境と客観的な自然法則には対立かつ統一性のわけで、異文化的背景の下にあった民族は、自然に対する認識も似た経験を持っている。日本は中国と同じようにキツネ文化に共通点があり、ことわざから日本のキツネは瑞祥と不祥の二面がある。そして、保守的、危険を避けマイホーム主義がちのように見える。

キーワード:ことわざ、隠喩、キツネ、認知言語学

II

目 次

摘 要 I

要 旨 II

はじめに 1

    1. 研究目的 1
    2. 研究方法 1

第一章 先行研究と本研究の立場 2

    1. ことわざに関する先行研究 2
    2. キツネに関する先行研究 3
    3. 隠喩に関する先行研究 4

1.4.本研究の立場 6

第二章 キツネにしぼることわざの調査 7

    1. 調査概要 7
    2. キツネにしぼることわざのメカニズム 8
    3. キツネにしぼることわざの言語特徴 10

第三章 ことわざにおけるキツネの隠喩表現 12

    1. キツネの身体特徴の応用 12
    2. キツネの性格特徴の応用 13
    3. 想像上のキツネのイメージ 14

おわりに 17

参考文献 18

謝 辞

IV

はじめに

研究目的

ことわざは人間の生活と密接な関係があり、各民族の文化の影響を受けて自然の規則と社会の生活経験を総括したもからある。重要な文化メディアだけでなく、積極的なコミュニケーション手段でもある。日本語のことわざを理解することは、日本語の勉強と日本文化に対する認識を強化するに役立っている。学習者の異文化的コミュニケーション能力の向上にも欠かせないもからある。『Metaphors We Live By』において、Lakoff と Johnson (1980)が隠喩の本質はあるカテゴリーからほかの物事を理解かつ経験することであると指摘した。ことわざは隠喩表現を説明する好例と言えるはずであろう。

本稿は、「キツネ」にしぼる日本語のことわざを中心に、データ収集を通じて言語学の角度から分析し、「キツネ隠喩」を闡明し、それに反映される日本民族の文化性を窺うということを目的としている。

研究方法

まず、本稿は先行研究を参考し、認知言語学における隠喩の定義を説明し、動物隠喩アプローチの流れと研究現状を紹介し、研究しているうちに存在する問題点を取り上げる。それから、認知隠喩理論とイメージ・スキーマ理論を生かして、「キツネ隠喩」を闡明し、「キツネ」にしぼることわざをデータと収集し、その意味構造のメカニズムを分析する。次に、ことわざにおけるキツネの言語特徴を掲示し、キツネはことわざにおける文法性と機能を探してみたいと思う。最後、身体特徴の応用、キツネの性格特徴の応用、想像上のキツネ形象といった面から、キツネの隠喩表現を探究し、日本人が「キツネ」に対してどのような認知や感情など抱えているのか、ということを明らかにしてみよう。

1

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接