スコポス理論に基づく『白い犬とブランコ』の日本語訳研究基于机能主义翻译理论的《白狗秋千架》日译研究毕业论文_日语毕业论文

スコポス理論に基づく『白い犬とブランコ』の日本語訳研究基于机能主义翻译理论的《白狗秋千架》日译研究毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

二十世纪七十年代,德国学者莱斯、弗米尔等人提出机能主义翻译理论。他们认为,机能主义翻译理论翻译策略的第一准则是文本翻译。即主张译文在分析原文的基础上,将译文的预期功能作为翻译目的,并选择最佳的翻译方法。另外, 文化负载词是反映了文化特色、宗教信仰等方面的词语,因此在文学作品中广泛使用。

莫言自二零一二年获得诺贝尔文学奖之后,文学作品受到极大关注,《白狗秋千架》可谓是其中代表作之一。本文基于机能主义翻译理论,通过定量研究与定性分析结合的方法对译本的文化负载词进行分析,以期增强两国人民对双方文化的理解、提高双方认同感。

本文的结论是:译者在翻译《白狗秋千架》中文化负载词时,共使用了十一种翻译方法。不论文化负载词的种类,最常使用的翻译方法是直译和意译。并且在采用直译+注释这类组合翻译方法时,更便于读者理解;移译常与注释、音译组合在一起使用;加译常与注释组合在一起使用;意译与代换很少与其他翻译方法组合使用。

关键词:机能主义 文化负载词 白狗秋千架 译本

要 旨

二十世紀七十年代、ドイツのライス、フェメールといった学者は機能主義翻訳理論を打ち出した。機能主義翻訳理論の翻訳プロセスの第一準則は翻訳の目

的であるとされている。原文を分析した上に、訳文の予期作用を目的として最高の処理方法を選ぶことが強調される。また、文化関連語彙は民族文化の特色、宗教信仰などを反映し、文学作品にも広く使われている。

さて、2012 年、莫言がノーベル文学賞を受賞した。その後、莫言作品の訳本に関する研究は日本では、ブームになった。『白い犬とブランコ』はその中の代表作だと言える。そのため、本稿は機能主義翻訳理論に基づき、定量研究と定性分析の方法を通して訳本における文化関連語彙を分析してみた。中日両国は文化の理解及びアイデンティティーの増加ができると期待されている。

本稿の結論としては、『白い犬とブランコ』における文化関連語彙を翻訳した場合、訳者は十一種類の翻訳方法がよく使っているように見える。文化関連語彙の種類を問わず、常用している翻訳方法は直訳と意訳である。また、直訳の場合、読者にしてみれば、注釈と組み合わせる方法はより理解しやすい。移訳の場合はよく注釈・音訳と組み合わせて使われている。加訳の場合はいつも注釈に合わせて利用する。意訳と代換の場合はほとんどほかの翻訳方法を利用しない、ということである。

キーワード:スコポス理論 文化関連語彙 白い犬とブランコ 訳本

目 次

摘要 I

要旨 II

はじめに 1

    1. 先行研究 1
    2. 研究の目的と意義 3
    3. 研究の方法と手順 3

第一章 スコポス理論 5

1.1 スコポス理論の創立と発展 5

2.2 スコポス理論の三つのルール 6

第二章 文化関連語彙 8

    1. 文化関連語彙とは 8
    2. 文化関連語彙の分類 7

第三章 『白い犬とブランコ』の日訳本における文化関連語彙 13

おわりに 16

参考文献 17

付録謝辞

はじめに

2004 年、日本で莫言の短編小説集『白い犬とブランコ』が出版された。それゆえ、莫言は『その秋田犬に感謝する』という前書きにおいて、自分と川端康成の『雪国』の縁を述べた。

1984 年冬の夜、莫言は「黒く逞しい秋田犬がそこの踏石に乗って、長いこと湯を舐めていた1。」を読んだ時、インスピレーションが電光石火のように頭脳に浮かんだ。すぐ筆を取り、原稿用紙に「高密东北乡原产白色温驯的大狗,绵延数代之后,很难再见一匹纯种2。」(訳文:高密県東北郷原産のおとなしい犬は、何代かつづいたが、純雑類はもう見ることが難しい3)と書いた。このような文字は小説集『白い犬とブランコ』のはじめになった。その後、「高密東北郷」は莫言自分だけの「文学領地」となり、莫言も文学上あちこちに彷徨った乞食から、この領地の「王」に変わった。「高密東北郷」という文学地理名称の確立は、莫言の文学の経歴で重要的な転換点となった4。

また、吉田富夫は日本の中国文学の翻訳学者である。中国現代文学の長編の翻訳で知られ、莫言の著作を数多く翻訳し、日本に紹介してきた。

先行研究

2012 年、莫言がノーベル文学賞を受賞した。その後、莫言作品の訳本に関する研究はブームになった。スコポス理論から見ると、国内の研究は多いものの、『白い犬とブランコ』に関するのは少ない。例えば、陳文婷(2014)は『駱駝祥子』の三つの訳本を選び、そして、スコポス理論に基づき、各訳本から文化関連語彙を抽出して研究した。さらに、中国ならではの文化関連語彙の翻訳方法あるいは手段をまとめ、実際の翻訳者へ提供する。曹婉婷(2017)は目的論の指導の下に、国内でさらに権威的かつ代表的な人民網に報道されたニュースに手を入れ、見出しの日本語訳策略をめぐって研究した。ニュースの見出し翻訳では多角化の翻訳戦略を採用することが明らかになった。劉文芸

(2017)は実証研究と定性分析を結び付けて、『蛙鳴』に大量な文化関連語彙が使用す

1川端康成.『雪国』[M].日本:新潮社,2006.

2莫言.『白狗秋千架』[M].浙江文艺出版社,2017

3莫言. [中国].『白い犬とブランコ』[M]. 吉田富夫.日本:NHK 出版,2003.

4徐瑞阳.『雪国』对『白狗秋千架』的影响与主人公的形象关照[N].『渤海大学学报「哲学社会科学版」』,2013.(原文

中国語、筆者翻訳)

はじめに

るため、鮮明な民族性が見て特定な時代背景を反映していると指摘した。

『白い犬とブランコ』から見ると、国内の研究は文学背景、芸術特色、創作手法に拘っている。例えば、康林(2011)の「莫言和川端康成―以小説『白狗秋千架』和『雪国』為中心」、程光煒(2012)の「小説的読法」、彭秀坤(2013)の「魯迅『故郷』与莫言『白狗秋千架』的互文性」、瞿心蘭、楊経建(2016)の「現代知識分子的『還郷』叙事―魯迅『故郷』与莫言『白狗秋千架』之比較」、陳艶、陳高峰(2018)の「川端康成文学対莫言文学的影响探析―从『雪国』与『白狗秋千架』談起」、吉暁雨(2018)の「男性気質与民族文化―莫言《白狗秋千架》的另一解読」、王愛侠(2018)の「融入郷土 超越苦難―浅析莫言小説『白狗秋千架』」など取り上げられる。しかし、翻訳の視点から『白い犬とブランコ』を研究する論文数は少ないようである。王明遠(2017)の「『白狗秋千架』藤井省三日訳本研究——以紐馬克关聯翻訳法為視角」と廖莉平(2018)の「莫言日訳者藤井省三翻訳中的直訳和意訳――以『白狗秋千架』日訳本為例」は二つの例をしか取り上げらない。

日本人はよく莫言の文学作品が知っている。1988 年に日本で『紅い高粱』という映画が上映されてはじめて、ほかの作品の翻訳が広がっている。実に言えば、日本では莫言の作品にかかわる研究より莫言の作品の翻訳はもっと早く行われた。2012 年のノーベル賞を取ったあと、莫言の作品に関係する研究も一層多くなった。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接