被差別マイノリティ:日本の部落問題に関する研究(被歧视的少数族群:日本部落问题研究)毕业论文_日语毕业论文

被差別マイノリティ:日本の部落問題に関する研究(被歧视的少数族群:日本部落问题研究)毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

17世纪以来,由于英国资产阶级革命及法国大革命等资产阶级革命的影响,人权思想被以法律的形式确立下来。此后,作为人与生俱来的权利,人权意识传播于世。日本也跟随着时代的潮流,对人权,特别是歧视问题表达着自己的关心。1946年公布的日本国宪法便是基于人权制定的。正因为有着保护人权的意识,才有了和平宜居的日本。

但是,光的背后必然存在影子,日本社会的背后也存在着被歧视的少数族群。而部落民便是其中的典型代表。本文将聚焦这一特殊的少数族群,基于部落的起源及历史发展, 追溯歧视的根源。并参考以部落问题为背景的文学作品,即《破戒》来分析部落民的形象, 更加直观地理解部落民矛盾的心理。最后分析现代社会依然存在的部落歧视的实例,介绍引领部落解放而开展的改革和解放运动。

关键词: 部落 部落问题 人权 歧视

要旨

17世紀から、イギリス革命、フランス革命などのブルジョア革命によって人権思想が法律で確立された。その後、人権は人が生まれながらにして持つ権利という意識が世間に伝えた。日本も時代の潮流に乗って、人権、特に差別問題に注目した。1946年公布した日本国憲法が基本的人権の尊重を柱にしている。人権を守る意識があったからこそ、平和で住みやすい日本が存在してきた。

しかし、光の後ろには必ず影が存在するように、日本社会の裏には差別が確かに存在している。その中、部落問題を代表とする差別問題が世間に注目された。本稿ではこの特殊なマイノリティに焦点を当て、部落の起源と歴史に基づいて差別の源に遡っていきたいと思う。また、部落問題を扱った文学作品の『破戒』を参考にしながら部落民の心境を分析し、部落民の矛盾する心理を直感的に理解する。最後に現代社会にまだ続いている暮らしにおける部落差別の例を分析して、部落解放を導く改革と解放運動を検討してみる。

キーワード: 部落 部落問題 人権 差別

目次

摘要 I

要旨 II

はじめに 1

第一章 部落の起源と部落民の人間像 4

第一節 部落の起源とその歴史的な変遷 4

第二節 文学作品『破戒』における部落民の人間像 6

第二章 近代以降の部落問題に注目 9

第一節 部落差別意識 9

第二節 結婚差別と就職差別 10

第三章 部落差別解消の道へ 13

第一節 政府側の部落解放政策 13

第二節 被差別部落出身者による解放運動 14

おわりに 16

参考文献 17

謝辞 18

はじめに

1.問題の提出

日本社会には部落という差別される、特殊なマイノリティが存在している。ある部落の青年が、「自分たちが部落の人間だから差別される、というわけだけど、どうして、部落の人間だったら差別されるのか、そもそも部落って、どのような理由で差別されているのか。」⑴ と社会に問いかけた。青年の問いかけは部落問題の核心を突いている。つまり、部落民がどういう理由で差別されているのか。また、差別形式というと「部落は怖い」、「血が汚れているので親戚になりたくない」のような言語差別だけではなく、部落民は実際の生活に影響を受けるほど世間に差別され、昔から偏見に苦しみを味わっている。何百年前、部落差別ということがもうすでに存在したが、部落外の一般平民ではその問題に関心を持たずに、恣意的に自分の嫌味を部落民に押し付けた。

1853年、黒船来航に伴った、科学技術とともに、資本主義、欧米の思想など、ともに日本に上陸した。また、明治維新以来、日本社会は急速に発展して、人々の考えと人権意識も変わってきた。そのごろから、民衆が初めて部落問題に注目した。特に明治維新の改革策の一つとして、エタ、非人と呼ばれていた部落民の賎民身分を廃止し、改めて平民と平等な身分を与えた。しかし、なん百年の時間をかけて立っていた壁が簡単にぶち壊されない。明治、大正、昭和、平成と時代を経て、部落民の暮らしにおける結婚差別、就職差別などは、依然として表面化し社会問題となっている。2019年5月1日、明仁天皇が退位し、いよいよ令和元年になった、新しい時代が入ったきっかけに本稿は再び日本の部落に関する事実と現代社会に残っている部落問題を検討して、この特殊なマイノリティに関心をもって、人権問題を呼び掛けてみたい。

2.研究の問題点

近代から現代に至るまで部落民の現状が変わっていたと同時に、部落民の概念も変化してきた。時間の順で部落と部落民の概念を説明するのは難点の一つと思う。一方で部落が受ける差別の形式も変わってきた。部落問題を解決するために政府も部落民自身も頑張って続けて、その努力を説明するのも一つの問題点だと思う。

⑴ 羽江源太 『世間における「部落民」に対する差別理由の多様性と偏在性』「D」九州大学

はじめに

  1. 研究の方法と手段

まず、本稿は先行研究を参考し、被差別マイノリティ、部落の概念を説明する。特に、部落概念の拡大の必要性を証明する。また、「破戒」という文学作品の人物の物語を借りて、部落民の人間像を探求する。日本社会に存在する差別される実証を重んじて、部落民差別される原因を分析してみる。

  1. 先行研究

部落問題が百年続けて日本社会における重要な問題として、数多くの専門家がその課題に自分の意見を提出した。特に、部落の起源が学会を困らせるので、いろいろな論点が出てきた。しかし、時代の変更とともに、部落の概念も変わっているので、その部分の研究がちょっと不十分だと思う。また、部落差別問題及び解決法も重要な話題として学会に注目される。

その前に検討しなければならない問題がある。それは部落とは何か、部落民とはどのような人達なのか、なぜ部落民が差別されるのか、そもそも日本は(アイヌ民族と琉球民族を除き)単一民族国家とされることが多いのに、なぜわざわざ同一民族から部落民を排除されるのかという問題である。つまり、部落の概念を明確しなければいけない。

野口道彦は「部落問題事典」⑴で部落民を「部落差別を受けている人、もしくは受ける可能性のある人」と定義した。また、『部落問題のパラダイム転換』という本で野口が「部落問題」という概念がもつリアリティは時代とともに変化する⑵と述べ、部落問題と部落民の概念の拡大を強調した。確かに、小さいな変化を積み重ねると、大きな変化が生じる。単一概念に限らず、部落問題と部落民の歴史と現状を探求する必要がある。

また、部落の起源というと、いろいろな観点が提出された。例えば、近世で盛んになった人種起源説が挙げられる。当時の人類学会の機関紙である『東京人類学雑誌』の中

⑴ 部落解放研究所 『部落問題事典』[M]解放出版社 1986.9.1

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接