日本における子供の貧困問題について---こども食堂を中心に日本儿童贫困问题探究-以儿童食堂为中心毕业论文_日语毕业论文

日本における子供の貧困問題について—こども食堂を中心に日本儿童贫困问题探究-以儿童食堂为中心毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

贫困是当今世界最尖锐的社会问题之一,是反映国家经济发展水平和社会公平度的重要指标。作为家庭构成的重要部分,也是家庭构成中最脆弱的部分,孩子的贫困问题也引人注目。日本儿童的贫困问题也日益严重。以此为背景,“儿童食堂”这一举措在日本全国各地蓬勃发展。

本文参考了以儿童食堂为中心的研究成果,介绍了有关儿童贫困政策、对象、儿童贫困连锁等日本儿童贫困问题的实际情况。第一章以日益严重的日本儿童贫困问题为背景,介绍了儿童食堂的起源、发展和现状。此外,还总结了儿童食堂改善儿童饮食的过程中产生的问题。并且,介绍了中国的「学生营养改善计划」的成功实施和实施过程中产生的问题。通过对儿童食堂和“学生营养计划”的思考,产生了有关改善日本儿童食堂运营过程中产生的问题的对策和解决儿童贫困的方法的启发。

无论是哪个国家,要解决儿童贫困问题,需要政府的政策制度的制定和改善,需要全社会的努力。要根据地方自治团体,NPO 法人及企业的合作,切断贫困的世代间的传达,抑制儿童时期的贫困对成人时期的影响。

关键词:儿童贫困 儿童食堂 对策 启发

要 旨

貧困は今の世界で最も鋭い社会問題の一つであり、国家の経済発展水準と社会の公平度を反映する重要な指標である。現在、家族構成の重要な部分であり、しかもその中で最も脆弱な部分である子供の貧困問題にも注目が集まっている。日本の子どもの貧困問題も深刻化している。それを背景に子ども食堂という取り組みが全国各地に広がっている。

本稿は、子ども食堂を中心に今までの研究成果を参考しながら、子供の貧困に関する政策、対象者、子供の貧困連鎖という日本の子どもの貧困問題の実情を明らかにした。第一章は深刻化している日本の子供の貧困問題を背景に子ども食堂の起源、発展や現状について紹介した。また、子ども食堂では、子供の食事を改善するための積極的な取り組みの過程に生じる問題をまとめた。さらに、中国の「学生栄養改善計画」の成功経験と問題を紹介した。子ども食堂と「学生栄養改善計画」に対する思考を通して参考しながら、日本の子ども食堂の運営過程に生じる問題を改善する対策と子供の貧困を解決する方法を啓発した。

どの国でも、子供貧困を解決するのには政府の政策制度の策定や改善が必要であり、社会全体の努力が必要である。地方自治体、NPO 法人及び企業の協力によって、貧困の世代間の伝達を遮断し、子供時代の貧困の成人期に与える影響を抑制しなければならない。

キーワード:子供の貧困 子ども食堂 対策 啓発

目 次

摘 要 I

要 旨 II

はじめに 1

第一章 子ども食堂について 4

    1. 子ども食堂の起源と発展について 4
    2. 子ども食堂の機能 6

第二章 子ども食堂の問題 9

    1. 人的資源の不足 9
    2. 資金の不足 9
    3. 子ども食堂への抵抗感 10

第三章 子ども食堂の対策模索について 11

    1. 「学生栄養改善計画」について 11
    2. 子ども食堂の問題解決の対策案 12

おわりに 15

参考文献 16

謝辞

はじめに

日本社会の貧富の格差が徐々に明らかになってきて、1 億総中流は過去の神話になっている。大人に頼って生活している子どもにしても、自然と貧富の差が出ている。子供の貧困がますます社会問題視されるようになった1。厚生労働省によれば、日本の子ども

の貧困率は 13.9%(2015 年)で、17 歳以下の子どもの約 7 人に 1 人が経済的困難な状況にある2。日本の子どもの貧困率は 1985 年の 10.9から 2012 年の 16.3に上昇した。つまり、日本の子供の貧困率の上昇は 20 年以上も続いている。国際比較の視点から見

ても、日本の子供の貧困率は低くない。2010 年の日本の子どもの貧困率は、OECD 34 加

盟国の中で 10 位となり、OECD 諸国の平均値を上回り、デンマークやフィンランドなどの子どもの貧困率をはるかに上回っている3。

生活に困っている貧困家庭では、一日の食費は 300 円余りしかかからない。経済的な

理由で、お腹がいっぱいにならない子供が増えている。NPO 法人豊島子ども WAKUWAKU ネットワーク代表理事栗林知絵子氏は 2017 年 12 月 3 日長崎大学文京スカイホールで開かれたシンポジウム「広がれ!こども食堂の輪!」で「近所のスーパーである少年は食事をする時、二回に分けて食べる。そしていつもお腹が空いて眠れない。成長期の子供は十分な栄養を補給できない。一日の栄養源は主に学校で提供されている食事。子供たちは夏休みになると体重がめっきり減り、成長期になっても明らかに成長が遅れ、栄養不足、体重が減り、貧血で倒れ、子供の貧困が子供の健康に著しく影響する。」と言った。子供の貧困問題は子供の学校生活にも影響を与えた。2013 年度の全国学力テストの結果を分析した調査研究によると、世帯収入が低い家庭の子どもは、そうでない家庭の子ど

もよりも、正答率が約 20%も低かったという調査結果が報告された4。

日本では、子どもの貧困に関しては、筆者の調べる限りでは阿部彩、池谷孝司、湯浅誠などの研究がある。

阿部彩は『子どもの貧困Ⅱ ─解決策を考える』という本で、子どもの貧困における

1永井保男.子供の貧困・その背景に関する人口学的考察.経済研究所年報[J]. 第 48 号.68-98,2016.

2 日本教育協会. 子供の貧困は 7 人に 1 人で 13.9 前回調査より改善するも、OECD 平均を上回る : 厚生労働省が「国民生活基礎調査」結果を公表[J]. 国内動向 : 過激各派の諸動向・教育・労働問題に関する専門情報誌 (1375・1376), 29-34, 2017-08-10

3 宋雨蔓.日本儿童贫困问题浅析[J].环球人文地理. 第 24 期.2016.

4 文部科学省. 「全国学力・学習状況調査」[Z].教育白書.2013

対策に関する政策に着目して考察を行った。子どもの貧困に関する政策について、対象者を選定することや法律を実際に実施する際の難しさ、各主体の責任の曖昧さなどの問題点を指摘した。子どもの貧困について、しっかりとした研究・データをもとに解説した。国内外の貧困研究によって得られた知識と洞察から、政策の優先順位と子供の貧困指標の考え方が整理された。社会政策としてどのようなアプローチができるのか、非常に丁寧に解説している。イギリスと EU の子どもの貧困指標を通じて、相対的貧困率や指標の剥奪などを具体的に打ち出した。しかも、法規や政策の面から子どもの貧困に対する政策は、「子どもだけへのサービスでは収まらない」という方法を提出した。特に子どもの貧困政策の選定・実行をしていく上で重要な視点として挙げているのが「対象者の選定」である。対象者を選定する際の大きな考え方の枠組みは「普遍主義」と「選別主義」だ。子どもの貧困の現状をしっかりと把握した上で実効性のある政策を考え、

「親、家庭への支援」、「子どもに対する支援」や「子どもとかかわる大人の教育」の 3

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接