中日两国二手服装回收再利用的对比研究;中日両国における古着のリサイクルに関する比較研究毕业论文_日语毕业论文

中日两国二手服装回收再利用的对比研究;中日両国における古着のリサイクルに関する比較研究毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

当代是快速发展的时代,潮流的更新速度日益加快。越来越多的人为了追赶潮流购置新衣丢弃旧衣,造成了大量的资源和金钱浪费。旧衣物随意丢弃或焚烧会造成严重的环境污染,其含有的化学成分对人也有很大危害,因此旧衣物如何处理是我们需要关注的问题。

本文首先考察了中日两国自古以来对二手服装的处理方法,发现日本主要通过买卖来处理二手服装,其二手服装店已成规模,成为产业链。中国历史上也存在过二手服装市场,但现在极少有销售的门店,主要通过捐赠的方式来处理二手服装。

本文还采用了问卷调查法和对比分析法,探究了中日两国处理二手服装的异同点,得出如下结论:首先工业上两国回收方式大致相同,中国更注重材料的再利用,日本则是分类回收再利用。生活上中国人多数认为二手服装是无用之物, 更倾向于丢弃或捐赠,而日本年轻人则多数认为其是潮流,是可以买卖的商品。同时中国的回收机构匮乏,日本系统化的回收机构相对更多。根据以上结论,我们认为从环保等角度出发,相关机构应该加强对二手服装回收机构技术和资金上的支持,重建二手服装回收产业链。

关键词:二手服装 回收方式 中日对比

要 旨

現代は急速に発展する時代であり、流行も速いスピードで更新されている。多くの人が流行を追って新しい服を買っては、古い服を捨てる。よって、大量の資源と金銭の浪費をもたらした。古着を勝手に捨てたり、焼いたりすると、深刻な環境汚染になる。そして、化学成分を含んでいるので、体にも大きな害がある。したがって、古着がどう処理すればいいのかは注意すべき問題である。

本稿はまず中日両国における古着の扱い方を探究した。日本では扱い方が多様であり、特に古着屋が昔から今まで流行っている。一方、中国では歴史上、古着の販売市場が存在していたが、今では古着を販売する店がめったに見られない。

また、本稿はアンケート調査法と比較分析法を通して、中日両国における古着のリサイクル方式を比較し、次のような結論が得られた。まず工業において、両国の回収方式がほぼ同じであるが、中国は生地の再利用を重視するが、日本は種類によって回収することが多い。それから、日常生活において、中国では古着をゴミ扱いする人が多いが、日本の若者はそれを流行の一種だと思っている。さらに、中国のリサイクル機関が少ないのに対して、日本ではシステム化されたリサイクル会社が多い。環境保護の観点からみると、関連する機関は古着の改造に従事する企業に対して技術と資金支援を提供し、古着の産業チェーンを作るべきだと思われる。

キーワード:古着 リサイクル 中日比較

目 次

摘要 Ⅰ

要旨 Ⅱ

はじめに 1

    1. 研究のきっかけ 1
    2. 研究の内容 1
    3. 研究の方法と手段 1

第一章 先行研究 3

    1. 中国における研究 3
    2. 日本における研究 4
    3. 先行研究の現状と問題点 5

第二章 中日両国における古着の扱い方 7

    1. 中国における扱い方 7
    2. 日本における扱い方 8

第三章 古着のリサイクルに関する中日比較 10

    1. 工業におけるリサイクル 10
    2. 生活におけるリサイクル 11
    3. ビジネスとしての古着のリサイクル 13
    4. 中日の相違点 15

おわりに 16

参 考 文 献 17

謝 辞

はじめに

研究のきっかけ

近年、消費者はファッションブームに追われ、「着替え」のスピードが速くなり、大量の衣服が新しいまま捨てられた。これは環境問題を生むだけでなく、大変な資源の浪費ももたらしている。それゆえ、古着の払い方が次第に重要となった。日本では古着店舗が数多くあり、古着の販売が盛んである。従って、古着は衣服だけではなく、文化の価値の体現でもある。しかし、中国では古着の払い方はおおざっぱであり、まだ産業にはなっていない。本文は中日両国における古着の扱い方を比較し、服装業界による環境保護問題も取り上げ、中日両国における古着の扱い方に有益なアドバイスをしたい。

研究の内容

本稿は日本で流行している古着屋をきっかけにして、中日両国の古着の扱い方を研究するつもりである。まず、先行研究を踏まえ、古着の概念を説明し、研究の対象を明らかにする。それから、中国と日本の古着リサイクルの歴史と現状を述べる。具体的には古い時から日本における古着の産業と古着の店舗数を紹介し、中国における古い時の古着を売る市場と現在の回収機構の状況を調査する。それから、工業や生活、ビジネスの三つの面から、中日両国における古着のリサイクル方式を比較する。日本では古着を販売することが多いが、中国では寄付することが多い。この背景には、中日両国の文化的差異があるため、それについても考察する。最後に、中日比較の結果を踏まえ、両国における古着のリサイクル産業に有益なアドバイスを一言提言したい。

研究の方法と手段

本稿は、まず文献研究法を取る。現在すでにあった中国と日本の古着の扱い方に関する論文、報告書などを読み、先行研究の不足しているところをまとめる。それから、新聞やメディアにおける中国と日本の現在の古着リサイクル状況を調査する。次はアンケート調査法を取る。中国で一定の基準と範囲で古着

はじめに

に対する人々の考え方や回収方法を調べる。最後に、比較研究法を取って、中日両国における古着の扱い方、そして中国人と日本人が古着に対する態度と払い方を比較し、両国の相違点をまとめ、その原因を究明する。

第一章 先行研究

中国における研究

中国では、古着のリサイクルに関する研究が多く、古着の扱い方についても言及した。中国では古着を寄付することが多く、その回収から寄付までの過程を詳しく分析するものが多い。また、環境保護の立場から、繊維製品の加工方法、繊維製品廃棄物の再利用などを分析する研究もしばしばみられる。この中で、韓蕊(2008)、祖頼丹・李暁英・崔少英(2010)などが代表的なものである。以下、具体的に分析する。

韓蕊(2008)は「織物の循環加工及び再利用」という論文では様々な繊維製品廃棄物の循環加工技術や循環再生繊維製品の開発アプリケーションを紹介した。例えば、熱-化学の方法を用いて、ポリエステル、ポリエチレンなどを加工する方法などである。論文によると、ポリエステルボトルにポリエステル繊維を作る技術はわが国でも一定の進展を遂げている。また、同論文では紡績製品をリサイクルする現状を披露した。周知のように、紡績業は汚染問題がひどい産業である。紡績製品のリサイクルはこのような汚染問題を緩和することができる。そのため、この方面の技術をさらに開発することが必要である。

祖頼丹・李暁英・崔少英(2010)は古着の保存と扱い方についてケート調査を行った。それによると、人々の生活水準の向上にしたがって、多くの家庭が大量の「室内汚物」を排出している。46.5 の家庭では 30 件以上の粗大ゴミが保管されており、その中で女性の服は男性の 5 倍以上もあるらしい。巨大な古

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接