新媒体环境下传统媒体的危机与挑战;ニューメデイア時代におけるマスメディアの危機と挑戦毕业论文_日语毕业论文

新媒体环境下传统媒体的危机与挑战;ニューメデイア時代におけるマスメディアの危機と挑戦毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

进入二十一世纪,互联网技术急速发展,阅读电子化成为不可阻挡的潮流。因为移动设备的携带便捷性和电子阅读的低价性,越来越多的年轻人选择从互联网获取消息,这给纸质媒体行业带来了前所未有的冲击,报纸行业面临不得不转型的境遇。

本文通过文献调查法和对比分析法考察了中国的《中国日报》、《广州日 报》、《杭州日报》与日本的《朝日新闻》、《产业新闻》、《每日新闻》、《日 本经济新闻》等报纸面对新媒体冲击时所采取的改革方式,得出了如下结论:首 先中日两国的纸质媒体主要都是通过内容升级来吸引读者,同时吸引广告商投资。政策上,中国报业挖掘新闻内容深度,形成新闻产业链;日本报业则充分发挥网 络新闻的速度优势以吸引读者。技术上,中国报社更新了视频制作技术和移动通 讯技术,而日本报社则通过立体化编辑发挥网络新闻的优势。在合作上,中国报 社主要在报社内实现资源共享,而日本则通过中央和地方的合作实现资源共享。 可见,中日两国的纸质媒体要通过优势互补,实现纸质媒体和新媒体的共存共赢, 而不是用新媒体取代纸质媒体。

关键词: 新媒体 报纸 转型升级 个性化新闻

I

要 旨

二十一世紀に入って、インターネットの技術の発展につれて、書籍の電子化が普及している。モバイル設備の便利さと電子化読書の安さのため、多くの若者がインターネットで情報を得ることにし、紙新聞業にショックを与え、改革しなければならない境遇になっている。

本稿は文献研究法と比較分析法を通して、中国の《中国日报》《广州日 报》《杭州日报》と日本の『朝日新聞』『産業新聞』『毎日新聞』『日本経 済新聞』などのマスメディアがニューメディアと対抗する改革方式を考察し、次のことが分かった。中日両国のマスメディアは、内容のアップグレードを通 じて読者を引きつけると同時に、広告主の投資を引き寄せている。政策上、中 国の新聞業はニュースの内容の深さを掘り起こし、ニュース産業チェーンを 形成している。日本の新聞業はネットニュースの優勢を十分に発揮している。技術上、中国の新聞業は画面の制作技術とモバイル通信技術を更新している。日本の新聞業は、立体化編集を通じてネットニュースの優位性を発揮してい る。業務の提携上、中国の新聞社は社内の資源共有を実現している。日本は 中央と地方の協力で資源の共有を実現している。つまり、中日両国のマスメデ ィアは優位性の相互補完によって、マスメディアとニューメディアの共存・共栄を 実現することが必要で、ニューメディアをマスメディアの代わりにすることで はない。

キーワード: ニューメディア 紙新聞 アップグレード パーソナライズニュース

II

目 次

摘要 I

要旨 II

序 論 1

    1. 研究のきっかけ 1
    2. 研究の方法と手段 1
    3. 研究の目的 1

第一章 先行研究 3

    1. 中国における研究 3
    2. 日本における研究 4
    3. 先行研究の現状と問題点 5

第二章 ウエッブ 2.0 時代におけるマスメディアとニューメディア 7

    1. 中国の現状 7
    2. 日本の現状 8
    3. 現状への分析 9

第三章 マスメディアとニューメディアの競合状況 10

    1. 中国の競合状況 10
    2. 日本の競合状況 11
    3. 中日両国の競合方式の比較 12
      1. 政策上 12
      2. 技術上 13
      3. 業務の提携 15

結論 17

参 考 文 献 18

謝辞

III

序 論

研究のきっかけ

我が国のインターネットが速いスピードで発展しているため、紙新聞の発展はインターネットほど進んでいないように見える。“今日头条”“新浪新闻”

“搜狐新闻”のように、多くの新聞会社は電子版を出すことによって、少しその退勢を緩和したが、ニューメディアにはやはりかなわないようである。隣国の日本ではインターネットの領域でも、『朝日新聞 』なども電子版を出して、ニューメディアと対抗している。それでは、中国と日本のマスメディアはニューメディアからの衝撃を具体的にどのように対応しているかは研究すべき課題である。

研究の方法と手段

本稿は主に文献研究法を利用する。まず、先行研究を参考にして、ウエッブ

2.0 時代に乗り込んだ世界各国のマスメディアの現状を簡単に説明する。それから、その中の中日両国のマスメディアとニューメディアの状況を紹介する上で、 それぞれ存在している問題を分析し、本稿の目的を明らかにする。また、中国と 日本の代表的な新聞会社を例として、各社がすでに公開した改革方法などを参 考にして、政策上、技術上、社内の仕組みなどの角度から中日両国のマスメディアとニューメディアがどのように競合するかを詳しく分析する。最後には中国のマスメディアがどのように改革すべきかについて一言提言したい。

0.3 研究の目的

IT 化の目覚ましい進展により世界の新聞メディアは電車新聞の登場などで紙媒体としてのあり方に大きな変革を泊られつつある。中日両国の場合は、ウェブ⒉0 の時代に乗り込んで、インターネットメディアが大幅に発展している

1

とともに、20 代の青年は「漢字離れ」になり、書物や葉書などに触れる暇がなくなった。特に、新聞というものはだんだん読者の視線から離れるようになっ た。若者がインターネットで情報を得るようにしていながら、年寄りも最近あま り新聞を読まないと言われている。中国の新聞会社は電子版を作って、ウェッ ブ⒉0 のショックに対応しなければならない。日本の場合もそのようにしている。しかし、両国のメディアの環境がやや違って、お互いに参照するところがある。 本研究は両国のメディア環境を分析して、競合の方法の違いを理解し、お互いの すぐれたところをまとめ、最後には中国のよりよい分業制度とメディア環境を 作るために、微力ながらアドバイスを一言提言したい。

2

第一章 先行研究

中国における研究

90 年代の半ばから中国の各新聞会社は自分の内容を電子化してインターネットに掲げるようにしてきた。同時に、“微信平台”“微博”などのニューメディアも数多く出てきて、伝統的な新聞社と競い始めた。両者の競合はデジタル技術やニュウメディアへの再編などをめぐっている。ニュウメディアの出現にマス・メディアが危機を感じ、この厳しい競争の中で、新聞社特に紙新聞がどのように残るかが疑問となる。それについて、余丽蓉(2014)、王凯(2018) などが詳しく分析した。

余丽蓉(2014)は《中国报业新媒体转型研究》で、20年の間に中国の新聞 会社も欧米の新聞会社のように競合をしていて、現在ではすでにニュウメディ アのほうに傾いていると述べた。マスメディアとニューメディアのこのような 競合は新しい技術の利用ばかりではなく、マスメディアとニューメディアのメ リットをともに利用して、自分の管理理念と方法を貫く必要があると指摘した。しかし、紙新聞の改革はまだ初級の階段にとどまり、要するに成功したとはい えない。最後に、氏はメディアエゴロジーのほうでニューメディアの運営シス テムを改革する必要がある論じている。結論では、《中国日报》を例として、大手新聞会社はニューメディアの発展を背景に、運営理念、政治ポジション、管理方法などに関して、改革が必要だと括った。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接