中日両国におけるスポーツの発展モデルの比較研究;中日两国体育发展模式的对比研究毕业论文_日语毕业论文

中日両国におけるスポーツの発展モデルの比較研究;中日两国体育发展模式的对比研究毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

体育是一种复杂的社会文化现象, 从个人层面上来说, 体育可以帮助我们 增强身体,从国家和社会层面上说, 体育可以缓解国家间的矛盾, 比如著名的

“乒乓外交”。体育产业的发展可以带动经济的发展。体育可以分为三大领域: 竞技体育、社会体育和学校体育。

本文对中国和日本体育相关的体制、人才培养模式进行了对比,发现日本往往通过学校体育教育以及体育项目的俱乐部强化体育训练,而中国则依赖体育管理机构来完成。今后,中国也应该强化学校的体育教育,由此可以培养更加优秀的体育人才,中国的体育事业发展也会更上一层楼。

关键词:体育 发展模式 中日对比

要 旨

スポーツは複雑な社会文化であり、個人的な面からいうと、スポーツは体を丈夫にすることができる。また、国家と社会的な面からいうと、スポーツは国家間の矛盾を緩和することができる。有名な「ピンポン外交」がその例である。スポーツ産業は経済の発展を促進することができ、主に競技スポーツ、社会スポーツおよび学校スポーツの三種類に分けられる。

本稿は中国と日本のスポーツに関する体制、人材育成モードを比較した。日本は学校教育やスポーツクラブなどでスポーツ教育を強化しているのに対して、中国はおもに政府のスポーツ管理機関に依存している。これからは中国も学校教育などにおいて、スポーツの重要性をアピールして、より優秀な人材を育成し、またより大きな発展を遂げることが期待される。

キーワード:スポーツ 発展モデル 中日比較

目次

  1. はじめに 1
    1. 問題提起 1
    2. 先行研究 1
    3. 研究の目的 3
    4. 研究方法と手段 3
  2. 中日両国におけるスポーツ発展の概況 3
    1. 中日両国の経済とスポーツの発展 3
    2. 中日両国におけるスポーツ発展の政策 4
    3. 中日両国におけるスポーツの文化 5
  3. 中日両国におけるスポーツの発展モデルの比較 6
    1. 中日両国におけるプロスポーツの比較 6
    2. スポーツの管理体制の比較 7
    3. 中日両国におけるスポーツ人材の育成 8
      1. 日本におけるスポーツ人材の育成 8
      2. 中国におけるスポーツ人材の育成 8
      3. 中国への啓発 9
  4. おわりに 10

参考文献 11

謝 辞 12

はじめに

問題提起

中国における「スポーツ」の歴史が長いが、「体育」という言葉は外来語である。20 世紀初期、清朝が終わりに向かうごろ、我が国から数多くの青年が海を渡って日本に留学に行った。1901 年から 1906 年にかけて、13000 人以上に上がったそうだ。その中に、スポーツを学ぶ人も多くいた。帰国後、

「体育」という言葉を中国に紹介した。

今では、2008 年、北京でオリンピックを開催したことをきっかけに、中国は世界の体育強国として世界に認められた。一方、日本も野球、サッカー、体操などの分野で世界有数な強国である。つまり、中国と日本はともにスポーツの面では大きな進歩を遂げていた。しかし、中国と日本はそれぞれスポーツの発展モデルが異なり、比較する価値がある。本稿は中日両国のスポーツに関する政策などを比較し、中国のこれからのスポーツの発展に役立ちたい。

先行研究

崔颖波(1993)は、日本では、70 年代以来、スポーツが積極的な発展を遂げて、「生涯スポーツ」のシステムの中で学校スポーツと社会スポーツが統一したと述べ、「生涯スポーツ環境」を重視し、学校教育の作用を発揮し始

めたとまとめた。夏书红(2007)は東京オリンピックの日本のスポーツの発展

への促進を分析した。東京オリンピック以降、日本の大衆スポーツが急速に発展し、国民の体の素質は著しく向上した。逆に、競技スポーツがだんだん不振の傾向があり、アテネオリンピックまでまたよい成績を獲得し。これは偶然ではなく、その間に国家スポーツ発展政策、方針の傾向やスポーツの発展と国の政治、経済、文化の間の弁証法的な関係が含まれている。

魏樊琦(2015)は日本の漫画産業がスポーツの発展を促進し、それはわが国にも啓示があると述べた。近年、わが国でもプロの試合が盛んに行われており、国内のスポーツ産業は急激に発展し、スポーツファンの大衆の基礎はますます良くなって、スポーツ産業の産業チェーンも絶えず改善している。しかし、わが国スポーツ文化伝播範囲が小さくて、スポーツ文化の内容も単一である。日本のスポーツ文化もかつて我が国のような問題があったが、日本のアニメ産業の発展に伴って、特にスポーツに関する漫画の流行のおかげで、日本のスポーツ文化の伝播も春の訪れを迎えた。

さらに、郭偉(2017)は主に中日両国スポーツ発展の現状や中日両国の大 学スポーツ発展を比較し、日本スポーツ発展の先進的なところを参考にして、我が国の大学スポーツ教育の発展を促進する意見を出した。.現在では、中国 のスポーツは急激に発展し、特に 2008 年にオリンピックを開催したことをきっかけに、中国のスポーツの発展は強大な総合国力を見せた。しかし、わが 国の学校のスポーツ教育には依然として多くの不備がある。そして、学校は スポーツの発展のために人材を育成する発祥地として、スポーツへの影響力 が不可欠である。そのため、わが国のスポーツ実力を全面的に引き上げ、我 が国のスポーツ事業の持続可能な発展を維持するために、我が国の大学スポ ーツ発展能力と教育レベルを引き上げなければならない。

日本では、山本唯人(2006)は、日本の戦後の体育政策を整理した。20 世紀三十年代、東京市では,震災後の急激な人口の膨張、郊外鉄道の伸長やモータリゼーションによる人々の活動空間の拡大から、「東京緑地計画」を展開した。その後、「厚生省」の設置を契機に、厚生省・文部省の双方が分担し,民間の体育・スポーツ・保健・教育団体などを全国的に巻き込むかたちで行われた「国民体力向上運動」を行った。これを具体化するため、厚生省では,運動場や総合体育場・児童公園・休養公園・野外鍛錬施設などの整備を省の方針として掲げた。

研究の目的

本研究は、日本スポーツ発展のモードを研究し、中国のスポーツの発展の現状と結 び付けて、中日スポーツ発展の異同を考察する。そして、両国の特徴をまとめ、日本ス ポーツ発展の経験を利用して、我が国のスポーツ事業の向上に啓発を与えたい。また、 中国と日本は国情が違うので、その経験をどのように活用し、また中国は日本と比べて、どのような利点があるかなどの問題も考えてみたい。

研究方法と手段

まず、本稿は「文献研究法」を採用し、中日スポーツの発展モデル、政策の打ち出し、経済や文化のサポートを含むなどのものを比較する。

それから、ケーススタディで、具体的なスポーツの発展モデルを分析して、両国スポ ーツ発展中の長所と不足をまとめ、日本の先進的なスポーツの発展の理論を参考にして、わが国のスポーツ事業を発展させるためのアドバイスを提供する。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接