中日人工知能政策の比較研究(中日人工智能政策的比较研究)毕业论文_日语毕业论文

中日人工知能政策の比較研究(中日人工智能政策的比较研究)毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

由于互联网、大数据和物联网等信息技术的进步,人工智能的快速发展正在改变人们的社会生活。人工智能将广泛应用于教育、医疗、养老、环境保护、司法等领域,全面提高人们的生活水平。

近年来,中日两国由于老龄化、少子化、资源紧张等因素,开始重视起人工智 能的研究开发。为了加速人工智能的发展,两国纷纷发表关于人工智能研究的政策。两国的政策都很全面,并涉及到了许多领域。但是和中国比起来,日本的人工智能 政策有许多优秀的地方。通过借鉴日本的人工智能政策,结合国情,发挥自身优势, 将来我国会成为人工智能强国。

关键词: 人工智能、中日政策、启示

目次

はじめに 1

    1. 問題提起 1
    2. 先行研究 1
    3. 研究目的 2
    4. 研究方法と手順 2

第一章 人工知能の概要 3

    1. 人工知能とは 3
    2. 人工知能の发展 3
    3. 人工知能の重要性 5

第二章 日本の人工知能政策 6

    1. ロボット新戦略 6
    2. 超知能社会 5.0 7
    3. 「人工知能技術戦略会議」による取組 8
      1. 人工知能の研究開発目標と産業化のロードマップ 8
      2. 政府の工程表 9
    4. 民間企業による取組 10

第三章 中国の人工知能政策 12

    1. ロボット産業開発計画 12
    2. 新世代人工知能(AI)発展計画 13
      1. 三段階の目標設定 13
      2. 6 つの重点任務 13
    3. 民間企業による取組 14

第四章 中日人工智能政策な比較と啓示 16

    1. 中日人工智能政策の比較 16
      1. 共通点 16
      2. 相違点 16
    2. 中国の人工知能の発展に対する啓示 17

終わりに 19

参考文献 20

謝辞 21

はじめに

問題提起

近年、人工知能についての話題が絶えない。2016 年、アルファ碁という人工知能は韓国棋院の名誉九段を授与された李世乭に勝ったというニュースは全世界で広まってきた。人工知能はビッグデータ、教育情報化に次ぎ、新たな話題として注目されている。人工知能に関する本、映画なども登場しつつある。今、全世界で、人工知能のブームを起こしている。現在、日本では人工知能の発展が進んでいる。医療、教育などの分野で、いくつかの成功はもう取っている。人工知能政策もどんどん登場している。近年、中国も人工知能の発展を重視し、第 19 回中国共産党代表大会で、「新一代人工知能発展計画」などが会議で提出された。日本の人工知能とその発展政策との比較分析を通じて、その成功経験は中国にも参考できるだろうと思う。

先行研究

安西祐一郎(2017)は「日本の AI 技術戦略と AI の未来」の中で、人工知能の研究開発目標と産業化のロードマップを策定するために、人工知能技術戦略会議を創設したことに言及した。そして、人工知能技術戦略会議と関連組織の関係と共用目標を紹介した上で、異なった分野によって、人工知能とその他関連技術の連合による産業化のロードマップを解説した。その上、人工知能の歴史は三つの方面から、つまり人工知能の置かれた状況、主な技術と人工知能に関する出来事からそれぞれ紹介した。

2017 年、国立研究開発法人科学技術振興機構と研究開発戦略センターは

「主要国の研究開発戦略」という本を発表した。この本において、まずは日本、米国、欧州連合、中国などの先進国の科学技術研究開発を詳しく紹介した。そして、四つの方面から、つまり、科学技術イノベーション政策関連組織、科学技術イノベーション基本政策、科学技術イノベーション推進基盤及び個別分野動向、研究開発投資からそれぞれ詳しく解説した。この本は主要国の研究開発戦略に理解するには役に立つと思う。

この二つの先行研究は主に、日本、中国の科学研究戦略を紹介した。上述した先行研究を考察することにより、中日人工知能政策の比較分析には大きく役に立つと思っている。

研究目的

ここ数年、科学技術の発展に従って、人工知能は新しいレベルに達している。そのため、本論文で、人工知能を理解した上で、日本の人工知能政策を詳しく考察した。そして、中日の人工知能政策を分析することによって、中国の人工知能政策の不足を示し、日本から中国に重要な参考を提供する。

研究方法と手順

まず、本論文は「文献研究法」を採用し、先行研究を参考し、人工知能に関する資料を整理してから、説明した。また、人工知能を発展する必要性と現状を紹介した。次に、日本と中国の人工知能に関する政策などの資料を収集した上で、中日の人工知能の発展背景、応用領域などいろいろ紹介した。それから、中日の人工知能政策を比較し、中国の人工知能政策の不足を示す。その後、日本の人工知能政策から私たちが参考できる方面を探して、中国の国情と結んで、人工知能の発展に対する啓示を提出しようとする。

第一章 人工知能の概要

人工知能とは

近年、「人工知能」というキーワードが様々な分野で飛び交うようになった。では、人工知能って一体どういうものか。一緒に見よう。

人工知能は英語の artificial intelligence を略して AI とも称する。松尾豊1(2017)によると、人工知能は「人工的に作られた人間のような知能」である。つまり、コンピューターに知的な活動をさせることを目的として、学習・推論・判断といった人間の知能のもつ機能を備えたコンピューターシステムである。

人工知能の发展

人工知能の概念は 1947 年、ロンドン数学学会での講演において提唱したとされており、その後、1956 年にダートマスで開催された国際会議、いわゆる

「ダートマス会議」において、人工知能という名称が正式的に使われ始めた。それから、人工知能の研究開発は今までずっと続いている。萱村俊哉2(2016) は人工知能研究の歴史は一般的に行われているように、三つのブームに分けて俯瞰するとわかりやすいと指摘している。

第1次人工知能ブーム

第1次人工知能ブームは 1950 年代後半から 1960 年代までである。この時期に、ダートマス会議において「人工知能」という言葉が正式的に登場した。そして、探索と推論の時代とも呼ばれている。戦後経済の復興とコンピューターの発明の背景で、ニューラルネットワークの研究もこの人工知能ブームから始まった。限られた条件で、人間と機械のやり取りが可能になっていっ

1 松尾豊(2017)人工知能は人間を超えるか[C].p.1

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接