学校外教育における中日の比較—学習塾を中心に(学校外教育的中日比较—以教育补习机构为中心)毕业论文_日语毕业论文

学校外教育における中日の比較—学習塾を中心に(学校外教育的中日比较—以教育补习机构为中心)毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

受儒家文化的影响,中国和日本社会一直崇尚“学而优则仕”的理念。如今, 随着市场经济的迅速发展,竞争也变的越来越激烈。为了在学历至上的社会中谋得立足之地,教育的作用显得尤为重要。在中国和日本社会中,一般意义上的教育即是以考试为中心的应试教育。为了在考试中脱颖而出,除了平时的上课学习, 适当的补习也是必不可少的。在这种背景下,影子教育应运而生。所谓的影子教育即是,学生接受学校教育以外的辅导活动和培训,其主要目的是提高学生的在校成绩,增强进入”明星学校”的竞争力,从而接受质量更好的教育。在日本, 学校外教育一般被称为学习塾;在中国,一般为称为校外补习机构。

随着学校外教育的普及,出现了许多问题。中国国内的研究资料固然重要, 但是由于教育界对其研究局限于对先行文献的整理,并没有新的视角的研究,因此本文认为有必要借鉴日本的研究。本文在参考日本的政策的基础上,面对中国教育机构的现状,提出具体可行的建议对策。

本文由五章组成。第一章论述了学校外教育的概念及国内外的研究现状;第二章论述了学校外教育的成因;第三章介绍了中国校外补习机构(学习塾)的发展;第四章介绍日本学习塾(校外补习机构)的发展;第五章比较中日校外补习机构(学习塾)的发展,论述了从日本学习塾中所获得的政策方面的启示。最后总结全文,提出了自己的建议。

关键词:学校外教育 中日比较 校外补习机构

目次

はじめに 1

    1. 研究背景 1
    2. 研究目標 1
    3. 研究方法 2

第一章 学校外教育の定義と先行研究 3

    1. 学校外教育の定義 3
    2. 国内外の先行研究 3
    3. 国外の研究 3
    4. 国内の研究 4

第二章 学校外教育の成因 6

    1. 外部環境 6

(一)文化の影響 6

(二)社会経済の影響 6

(三)進学のプレッシャー 7

    1. 内部環境 7

(一)生徒個体の需要 7

(二)両親の需要 7

第三章 中国学習塾の発展 9

    1. 学習塾の利用者 9
    2. 利用家庭の支出状況 11
    3. 中国学習塾の相場 12
    4. 学習塾の問題 13
    5. 学習塾に対する政策 13

第四章 日本の学習塾の発展 15

    1. 学習塾の利用者 15
    2. 利用家庭の支出状況 16
    3. 日本学習塾の相場 16
    4. 学習塾の問題 17
    5. 学習塾に対する政策 17

第五章 中日の学習塾の比較と示唆 18

    1. 共通点 18
    2. 相違点と示唆 18

おわりに 19

謝 辞 20

参 考 文 献 21

はじめに

研究背景

現在、知識経済の急速な発展に伴い、競争も激しくなり、学歴至上の社会で出世するために、教育の役割はとりわけ重要である。中国社会においては、一般的な教育は試験を中心とする受験教育である。子供により良い教育を受けさせるために、学校教育以外、適切な教育投資も欠かせないのである。このような背景を契機に、学校外教育が生まれた。学校外教育とは生徒が学校外の補習や訓練を受けるということである。(ここでは、学習塾を対象として研究しようする。)その主な目的は学校の授業に対する理解を深め、より高いレベルの

「スター学校」に入る競争力を高めるということである。

中国では、ずっと「学びて優なれば則ち仕う」という理念を尊ぶのである。学歴を重視する社会では、親たちが進学に根強く期待がある。『中国教育市場および学習塾の教師の現状の調査報告』によると、2016 年、中国の教育市場の規模はすでに八千億元を上回って、約 1.37 億の生徒が学習塾に参加したそうである。

しかし、学校外教育の発展に伴い、たくさんの問題が次第に出てきた。例えば、教育市場の監督不足、学習塾の管理不備、両親の教育理念に外れる心理などである。このままでは、生徒の成長に非常に不利である。それで、学校外教育、特に学習塾に関する管理と監督を再考しなければならないと思う。

研究目標

中国では、学校外教育は補習機関と呼ばれる場合が多いのである。教育の重視のおかげで、補習機関は中国で盛んになっている。それにもかかわらず、中国教育界は学校外教育への新しい研究は多くないのである。それに対して、儒教文化の影響を受け、学歴を重視する日本は学校外教育に関する研究が中国より豊かである。それで、本研究は中日の学校外教育の現状を分析し、政策面で

は中日の比較を行うことで、日本の政策を参考にして、中国の現状に対して、より具体的で実行可能な改善案を出そうとする。

研究方法

まず、本稿は「文献研究法」を採用し、先行研究を参考し、「学校外教育」に関係する定義をまとめ、学校外教育の特徴および背景を紹介する。また、中日学習塾の現状を分析する。

次に、「比較分析法」を採用し、先行研究を踏まえて中日学習塾の現状と政府の政策を比較した上で、総体の局勢を把握することができる。

最後に、中国の学校外教育に対するアドバイスを提出してみる。

第一章 学校外教育の定義と先行研究

学校外教育の定義

学校外教育とは教科学習を対象とし、金銭を媒介とし、学校教育の補完として提供されるというものである1。この呼び方は、研究者や国ごとに多少異なる。国際的「shadow education」あるいは「private tutoring」と呼ばれている。

日本では、一般的に学校外教育と呼ばれている。具体的な対象については、学習塾ということである。中国では、学術的に「影の教育」と呼ばれている。具体的な対象については、補習機関ということである。

本論文では、一律に学習塾という専門用語を使うことにする。

国内外の先行研究

国外の研究

国外では、20 世紀 80 年から学校外教育に関する研究が始まった。研究対象は主に日本、韓国、中国香港などのアジア地域に集中した。

Mark Bray(1999)は初めて「Shadow Education」という理念を取り上げた。また、Bray(1999)は教育補習の定義、範囲、特徴(規模、コスト、地域、強度、学科)を描い、教育の生産者側(誰か教育補習を提供するか)と消費者側

(誰か教育補習を受けるか)を述べ、教育的・社会的 ・経済的インパクト、公教育制度との関係などを分析した。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接