中日における「赤」と「白」の象徴意味の比較研究(中日红白两色象征意义的比较研究)毕业论文_日语毕业论文

中日における「赤」と「白」の象徴意味の比較研究(中日红白两色象征意义的比较研究)毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

我们都知道日本国民十分推崇红白歌会,正如春节联欢晚会之于中国人的意义。这样盛大的节目会用红白两色来冠名,由此说明红,白对于日本来说有特殊含义。反观中国,亦经常可以听到“红白喜事”这样的词语,想必这两种颜色也是深受中国人喜爱的,所以想要深入研究中日红白两色的表达以及象征意义并进行比较。

本文首先通过借鉴前人的研究成果,总结先进的观点并寻找问题点。其次,翻阅典籍新闻寻找例子进行观点的佐证,最后总结观点并进行中日比较。

研究可知,在中日两国红色与白色都有积极含义与消极含义。红色在中国的积极含义居多,所以中国人更加偏爱红色;白色在日本的积极含义居多,所以日本人更加偏爱白色。从颜色的喜好也可以看出来中日两国人民在性格上的差异,而且通过有效地对比也可以帮助中日尽量避免因颜色的误用而产生的误会,从而使交流更加顺畅。

关键词: 红色 白色 积极含义 消极含义 中日对比

目 次

はじめに 1

    1. 問題提起 1
    2. 先行研究 2
    3. 研究目的 3

第一章 中日における「赤」の象徴意味の分析 3

    1. 中国における「赤」の象徴意味 3
      1. 中国における「赤」の積極的な象徴意味 3
      2. 中国における「赤」の消極的な象徴意味 7
    2. 日本における「赤」の象徴意味 7
      1. 日本における「赤」の積極的な象徴意味 7
      2. 日本における「赤」の消極的な象徴意味 8

1.3 中日における「赤」の象徴意味の比較 8

第二章 中日における「白」の象徴意味の分析 9

    1. 中国における「白」の象徴意味 9
      1. 中国における「白」の積極的な象徴意味 9
      2. 中国における「白」の消極的な象徴意味 10
    2. 日本における「白」の象徴意味 11
      1. 日本における「白」の積極的な象徴意味 11
      2. 日本における「白」の消極的な象徴意味 12
    3. 中日における「白」の象徴意味の比較 12
    4. まとめ 13

おわりに 14

参考文献 15

謝辞 16

はじめに

本章はまずは質問からテーマを出し、それから先行研究をまとめ、最後研究の目的を説明する。

問題提起

日本放送協会が大晦日に放送する番組「紅白歌合戦」が有名である。日本国民だけでなく、全世界にも人気があるそうである。二組に分かれる対抗戦の激しさに惹かれる人が多いが、豊富な色彩の中でなぜ「赤」「白」を選んで、そんなに盛大な活動に名づけられるかという問題を考える人が少ないであろう。日本人にとって、それは歴史の源流があって、長い時間で定着していくものである。しかし、日本文化に接触したばかりの私にとって、その原因を究明しぬく意欲があふれている。そのほか、中国では「红白喜事」という言葉もよく聞かれて、「赤」と「白」をつなぐことも多いことからして、

「赤」と「白」は中国人にとって、特別な存在であることがわかる。それにより、中国の「赤」と日本の「赤」、中国の「白」と日本の「白」を分析して比較すると、両国の違いを見つけることができると思う。

それに、人類は色鮮やかな世界の中で、色彩を通じて外部世界を感じるものである。色は物質的な属性であることを言うまでもなく、人類にも刺激を与え、感情や行動を起こさせるようである。つまり、私たちは色彩を目にするとき,自ずから温暖と寒さ、好きと嫌いなどの豊かな感情が出る。色彩は私たちにあまりにも身近すぎる存在であるため、あまり意識しなくても、確かに影響を与えている。しかし、民族と価値観などが違うため、人間は同じ色彩に対しても、視覚と心理の連想と象徴意味への理解が違う。また、中日

両国は色彩に関する表現は豊富であって、色彩の使用方法と意味が重なったところがあるから、それは両国の緊密な関係を示している。しかし、中国と日本は違った国家であるので、地理や歴史などの影響のため、色彩に関する使用と認識に大きな違いがあるのは確かなことであろう。

先行研究

日本の学者の千千岩和英彰(2001)は色の鑑定方法を通じて(つまり、色から別の事物に連想して分類する方法)、色に対していろいろな調査を行った。結果によって、白は純潔、平和と自由などの言葉につながって、光りを象徴することがわかった。また、赤はテンションの盛り上げと活気を表すこともわかった。私にしてみれば、その結論は客観的ではなかった。歴史と地理などの原因で色の象徴意味が変わることは可能であろう。それから、そういう色はそういう意味があるのは言い切れないと思う。

福田邦夫(1987)は『すぐわかる日本の伝統色』の中で、史前時代から奈良時代まで、平安時代から室町時代まで、安土桃山時代から江戸時代までの伝統色彩の赤、白、青と黒を分析した。この研究によって、赤は畏敬させる色で、白は神仏を祭ることについての神聖の色であることがわかった。しかし、福田の研究は歴史を主にして、三つの段階を背景にして分析した。

劉(2008)は『中日色彩语对照研究——以“白”为中心』において、近代 中日愛用された色彩語を調べた。その中に、「白」を選んで、中日色彩語を 対象することにした。また、「白」に関係ある語彙をそれぞれ抜き出して、 まとめた。最後、中日の「白」の差異を引き起こす原因を分析した。しかし、劉(2008)は近代を背景にしているため、局限性があると思う。

研究目的

文化や価値観などが違うために、誤解が起こることが多い。たとえば、ある国では「うなずく」という行動は「OK」という意味を表している。しかし、ある国では首を振るのは肯定の意味である。それから、お互いに理解しない と伝えたいことが伝えられないであろう。さらに、色の使用は無視されかね るから、もし色が誤って使われたら、国のタブーに触れる恐れがある。たと えば、中国の葬式では白い服を着ることが必要に対して、欧米では黒い服し なければならない。本論の目的は中日の色の象徴意味を研究して、とりわけ

「赤」と「白」の使い分けを分析することによって、色の誤用からの誤解を避けることができ、中日交流の友好のかけ橋を建てることができるといいであろう。

第一章 中日における「赤」の象徴意味の分析

本章では中国の「赤」と日本の「赤」の積極的な象徴意味と消極的な象徴意味を分析する。それから、共通点と相違点をまとめ、それをもたらす原因を分析する。

中国における「赤」の象徴意味

      1. 中国おける「赤」の積極的な象徴意味

「赤」は太陽と火の色であるから、中華民族は昔から「赤」を偏愛する。我が国の民族文化の中で、いつも「赤」が喜びと結びつかれている。それから、「赤」は人々に希望と元気をもたらす存在である。

馬(2005)は《中日色彩词的象征意义及中日民族性格的对比——以红黄白青蓝为中心》の中で「昔から、中華民族は赤をめでたい象徴と思っている」1 と述べた。春節を例を取ってみると、「千门万户瞳瞳日,总把新桃换旧符」

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接