日本の人材派遣に関する分析 试析日本的人才派遣业毕业论文_日语毕业论文

日本の人材派遣に関する分析 试析日本的人才派遣业毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

在日本的劳动市场中,除了以终身雇用和依据年功序列定薪制为主体的正规雇佣模式,「人才劳动派遣」这一雇佣模式也逐渐引起社会的关注。虽然是一种非正规的雇佣模式,但于日本泡沫经济时期在拉动就业和调整劳动市场结构方面起到了不可忽视的作用。尽管如此,由于劳动派遣的实质为分离雇佣权和使用权的劳动制度,因而在实施中仍有许多未解决的问题。本论文旨在通过研究人才派遣制度的起源和现状,挖掘其现阶段所存在的问题。在此基础上,探索使其能更好地顺应社会发展的解决方法。

关键词:人才派遣业 劳动者派遣法 非正式雇佣模式 间接雇佣 社会问题

目次

はじめに 1

    1. 問題提起 1
    2. 先行研究 1
    3. 研究目的と方法 2

第一章 日本の人材派遣業について 3

    1. 派遣制度の起源と歴史 3
    2. 日本人材派遣業の定義 4
    3. 増加要因に関する分析 5

第二章 人材派遣業における諸問題 8

    1. 偽装請負問題 8
    2. 日雇い派遣等雇用形態の問題 9
    3. 社会格差の拡大問題 10
    4. 責任の曖昧さ 11
    5. 不安定性による社会問題 11

第三章 労働派遣をめぐる法的対応と今後の希望 13

    1. 偽装請負問題への対応 13
    2. 日雇い派遣等新たな雇用形態への対応 13
    3. 社会格差の拡大問題への対応 14
    4. 「責任範囲」の明確化 14
    5. 派遣労働者の雇用の安定化 15
    6. 日本における人材派遣の未来について 16

おわりに 16

参考文献 17

謝辞 18

はじめに

問題提起

日本で留学した時、バイト先のホテルがよく派遣会社から労働者を雇用することに気づいた。普通のバイトと違って、派遣労働者は派遣会社に派遣されて様々な派遣先で働いて、派遣会社から給料をもらう。派遣先も直接に労働者と契約せず、派遣会社を通して間接に雇用することができた。終身雇用という正規雇用形態とアルバイトという非正規雇用形態を主とする日本の労働市場には、その人材派遣制度が存在している原因と抱える問題点を考察して明らかにしてみようと思う。

先行研究

人材派遣は雇用事業の一種として、Wikipedia で以下のように述べている。

「人材派遣会社に登録している労働者を、派遣先となる事業所へ派遣して、派遣先担当者の指揮命令の元で労働サービスを提供する雇用形態のことである。」

日本厚生労働省は2016年に行った労働者派遣事業に関する実態調査で、以下の結果を出した。2016年6月まで、日本の派遣労働者数が約131万人で、その中に一般事務従事者と製品製造・加工処理従事者が大きな割合を占めている。また、派遣事業所は

18270 所、前年より5.3アップした。特定労働者派遣事業所は減少しているが、一般労働者派遣事業所は2015年から増加している。こうした事業所の増減は2015年9月30 日施行の改正派遣法によって労働者派遣事業が許可制へ一本化されたため、特定労働者派遣事業所から一般労働者派遣事業所への移行が進んでいることが要因として考えられる。

また、人材派遣に関する著作を参考することで、この労働制度に対して研究者たちの持っている観点を理解できるようになった。蔡昌言、楊佩蓉(2010)は「日本における派遣労働の現状と課題」1という論文で「典型的雇用」と「非典型的雇用」の区別や、非正規労働者としての派遣労働者の現状も紹介された。その上で、派遣労働市場に存在する問題点、また今後の課題を指摘した。そして、森岡孝二(2010)の書いた

1 蔡昌言 楊佩蓉 「日本における派遣労働の現状と課題」 『問題と研究』 国際関係研究所 第

39 卷 4 号 2010 年 pp.61-84

「労働者派遣制度と雇用概念」2で、作者は日本の労働者派遣制度の起源を紹介し、伝統的な雇用概念と今まで発展した派遣分野の雇用概念を比較する。また、いくつかの労働者派遣制度の矛盾も指摘した。そのほか、山下孝久(2008)の「労働者派遣法の現状と課題」3、田中靖人ゼミナール(2006)の「人材派遣市場が抱える問題と今後の可能性についてー労働者社会の改善を目指して」4などの著作も本稿に示唆がある。

そのため、本稿では、先行研究を元に日本派遣業の現状を考察し、その抱える問題を分析する。また、その問題を解決するために、改正された派遣法改正法の内容を参考しながら、今後の努力方向を探してみよう。

研究目的と方法

近年、日本では人材派遣業が労働市場に推進されていき、「労働派遣」という雇用形態が注目されるようになった。不安定な働き方と見られても、労働派遣は労働力不足の日本社会に一席を占めている。人材派遣とはどんなことであるか、起源と現状、今まで発展してきた要因と抱える問題点を明らかにする。また、それを分析し、よりよい社会に貢献できる解決方法を探してみようと思う。

まず、先行研究を参考し、日本の人材派遣業の定義と起源をまとめ、今まで発展してきた派遣業の現状を説明する。

また、「一般社団法人日本人材派遣協会」や「厚生労働省」などの公式サイトで掲載されている各種派遣業に関する調査と報告を分析し、派遣業は日本社会と企業にどんな影響を与えているかと、どんな問題を抱えているかという問題点を研究する。

最後、各方面の要因を総合的に考える上で、有効な解決方法を探して、未来の発展方向を予測する。

2森岡孝二 「労働者派遣制度と雇用概念」 『成瀬龍夫博士退職記念論文集』 滋賀大学経済学会

2010 年 pp.27-55

3山下孝久 「労働者派遣法の現状と課題」 『立法と調査』 No.275 参議院事務局企画調整室

2008 年 pp.48-59

4田中靖人ゼミナール 「人材派遣市場が抱える問題と今後の可能性についてー労働者社会の改善を目指して」 『WEST 論文研究発表会 2006 』 WEST 論文研究発表会 2006 年

第一章 日本の人材派遣業について

派遣制度の起源と歴史

「人材派遣」という雇用制度はアメリカの企業から始まったという説はあるが、定説はまだない。戦前の日本では、現代労働派遣業のような労働者供給事業が存在し、職業紹介を通して中間利益を得たことが多かった。しかし、その時、労働者の権利を守る法律が不備で、人身売買、強制労働や中間搾取がよく発生した。

戦後1947年に、日本政府は職業安定法5において、「供給契約に基づき、労働者を他 人の指揮命令の下、労働に従事させること」を「労働者供給」6と規定し、労働者供給 事業を全面的に禁止にしたが、その後、「偽装請負」という形で間接雇用が広まった。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接