中日小学校書写教育に関する考察 ——硬筆を中心に 关于中日小学书写教育的考察 ——以硬笔为中心毕业论文_日语毕业论文

中日小学校書写教育に関する考察 ——硬筆を中心に 关于中日小学书写教育的考察 ——以硬笔为中心毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

中国是汉字的发源地,拥有四千多年的汉字书写文化。与中国一衣带水的邻国日本,也深受汉字文化的影响。

在汉字书写教育方面,古今中日的人们都下了不小的功夫。而今,日本已经形成了比较完整的书写教育体系,国民汉字书写能力整体较高。我国自改革开放以来,也出台了不少针对书写教育的政策和举措。例如 2011 年出台的《教育部関于中小学開展書法教育的意見》,就充分体现了国家对于书写及书写教育的重视程度。然而,通过先行研究可以看出,目前我国国民书写水平仍然不太乐观。我认为,作为书写教育基础的小学阶段书写教育对于奠定良好的写字基础具有举足轻重的作用。这一点上,邻国日本可能有一些经验值得我们学习。

本稿意图通过调查分析中日小学书写教育在历史和现状方面的异同,争取得出对我国小学书写教育具有启示作用的结论。

从结构上看,本稿主要分为三大章节。第一章分别陈述和比较了现代中日两国的小学书写教育发展的历史轨迹;第二章是关于两国小学书写教育现状的研究, 其中,为了更直接地了解到目前我国小学书写教育的情况,引入了问卷调查和采访的形式。第三章是在前面两章的基础上,总结出来的启示。问卷调查的内容和问题,作为附录贴在文章结语之后。

总之,通过这次写论文经历大致可以了解到,要使小学生的书写水平更上一层楼,学校和学生是主体,此外,良好的家庭和社会氛围也具有很大的影响。

要旨

漢字の発源地として、中国は四千年以上の漢字文化を擁している。隣国である日本も漢字文化の影響を深く受けてきている。

昔も今も、中国も日本も漢字書写教育にかなりの精力を出した。今の日本は相当に完善な書写教育体系を建て、全体国民の書写能力が高いといってもいいだろう。

我が国は改革開放以来、『三つの面向』など、一連の政策と措置を用いた。本稿は、歴史と現代の背景に基づき、中日小学校書写教育の異同を比較し、

分析する。今の中国小学校書写教育に役立てる結論と啓示を出せようと考える。本論は三つの部分からなる。

第一章は歴史的な視点から中日小学校書写教育の発展を考察した。第二章は現状を通して、中日書写教育の異同を考察してみた。その中、中国の現状を一層明確に調査するため、アンケート調査も導入した。第三章は第一章と第二章を総結した上に得た我が国の小学生書写教育に対する啓示である。

今回の考察を通して、このような結論を出した。それは、小学生の書写能力をレベアップする主体は、学校と学生であり、それ以外、よい社会と家庭の雰囲気も学生に大きい影響を与えることである。

キーワード 小学校 書写 漢字 教育

目次

はじめに…………………………………………………………………… 1

第一章 中日小学校書写教育の政策について………………………… 1

    1. 中国小学校書写教育の歴史についてーー1949 年以来………… 1
    2. 1950 年以降日本小学校書写教育政策の変容……………………… 2
    3. 歴史沿革から見る中国と日本の小学校書写教育の異同………… 3

第二章 中日小学校書写教育の現状について………………………… 5

2.1 中国小学校書写教育現状の概況…………………………………… 5

2.2 日本小学校書写教育現状の概況………………………………… 12

2.3 考察の結果…………………………………………………………… 13

第三章 中国小学校書写教育に対する啓示…………………………… 15

3.1 意識からの重視……………………………………………………… 15

3.2 人材の養成…………………………………………………………… 15

3.3 基本施設の完善……………………………………………………… 16

3.4 評価体系の設立……………………………………………………… 16

3.5 政策と要求…………………………………………………………… 16

3.6 家庭の役割…………………………………………………………… 17

おわりに…………………………………………………………………… 18

参考文献…………………………………………………………………… 19

附録………………………………………………………………………… 20

謝辞………………………………………………………………………… 26

はじめに

問題提起

中国語つまり漢語を記録するツールとして、漢字は長き歴史を渡ってきまし た。漢字は独特の組立と造字方法を持って、中華文化伝承の重要な印である。習近平総書記はこういった。「中国字は中華文化伝承の標幟であるため、書 道課程を貫く必要がある」。①しかし、近年、中国の基礎書写教育特に小学校書写教育の問題が深刻になる成り行きが明るくなっている。多くの教師や学者が関心を示して、たくさんの提案を挙げた。一方、隣国である日本は、わりと

完備な書写教育体系を建てて、国民の書写力も我が国より高いと見える。

本稿は、先行研究を通し、中国小学校書写教育の現状を考察する。その上、日本の書写教育特に小学校書写教育の現状において、経験として用いられる部分を示してみようと思う。

先行研究

中国小学校書写教育の課題についての研究としては、湖南師範大学の謝麗鈴教授が書いた『中小学写字教育的危机及其化解』という文章が挙げられる。

中小学生の書写水準については、謝麗鈴がこう指摘している。中小学生の書写力が弱くなるのは疑いない事実である。学生たちは、文字の組み立て、字形への理解が不足で、漢字を正しく書けない。また、教師自身の書写教育理念と水準は心配させる。書く速度への盲目な追求は、板書の不規範性をもたらすようになる。

原因としては以下の三点が挙げられた。第一、現代科学技術が伝統書写にコンパクトをもたらした。第二、中小学校書写教育への硬性的な評価システムの欠陥である。第三、国語教師の書写素質が低い。

対策の方には、四つの提案がある。科学的そして合理的な書写評価体系を建てること。書写教育を重視し、良い雰囲気を造ること。教師の素質を上げること。最後に、教材に工夫を加えること。

① 習近平講話 http://www.moe.edu.cn/jyb_xxgk/ 2011.07.21

1

また、李志龍が『日本書法教育対我国中小学書法教育的啓示』(『日本の書写と書道教育から我が国への提示』)の中で、社会と政府の角度から、意見を述べた。主に、以下の二点である。第一、書写教育を国家戦略融合しながら、立法を完善させる。第二、学校は書写教育を徹底に実施する。政府はそれを保証できるように監督することである。

研究目的

本稿の目的は、先行研究を踏まえて、中国小学校書写教育の現状を明らかに示すとともに、日本の小学校書写教育の政策と実施状況から、経験談に当たれる,部分を探し出すことである。

研究の方法と手順

本稿は「文献分析法」と「調査分析法」二つの方法を取り入れるつもりである。先行研究を参考し、研究問題を明確にする。そして、必要なデータを手に入れるため、アンケート調査を行う可能性もある。

まずは、公式的な資料を整理し、政策の面から中日の小学校書写教育を比較する。中華人民共和国の成立からつまり 1949 年から今までの小学校書写教育に関する政策変容を整理し、同時期の日本の書写教育状況と比べる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接