断舎離の現象に関する分析  浅析断舍离现象毕业论文_日语毕业论文

断舎離の現象に関する分析  浅析断舍离现象毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

随着人们生活水平提高,物质生活也极大丰富,越来越多的人明显感觉到物质与我们的关系出现变化:一方面,我们被太多的物欲困住自己,对盲目地拥有抱抱着极大的热情,而另一方面,一旦拥有后,却发觉它们并没有提升自己的幸福感,反而成为堆放在房间角落里的杂物产生烦恼。

根据日本山下英子的《断舍离》一书,从而出现了新的生活整理术。“断舍离”是从根本上反思自己与物品的关系,对物品进行简化、取舍,为人们省出整理的时间、空间、劳力和精力。《断舍离》一书在日本畅销,成为新的流行语, 已经成为现代生活的一种理念,现在这种理念流传到中国。本论文从中日两国的断舍离现象,总结现状,从而分析出需要的人群以及实施断舍离理念的方法和呈现出的效果,对实际生活和精神方面有何作用,获得更大的精神空间,带来最大的精神收获,所以分析断舍离现象是有价值的。

关键词: 断舍离 幸福感 行动 反思 整理

目次

はじめに 1

    1. 問題の提起 1
    2. 先行研究 1
    3. 研究目的 3
    4. 研究方法と手順 3
  1. 断舎離現象についての現状 4
    1. 断舎離とは 4
    2. 日本における断舎離現象の現状 5
    3. 中国における断舎離現象の現状 5
  2. 断舎離に関する方法とその効果 7
    1. 必要な人と措置 7
    2. 断舎離した効果 9
  3. 中国における断舎離理念への示唆 12
    1. 日本で断舎離実践ノートについて 12
    2. 中国に対する啓示:断舎離の必要性 12

おわりに 14

参考文献 15

謝辞 15

はじめに

問題の提起

「断舎離」のことというと、この『断舎離』という本の影響は広い。いま、

「断舎離」を実践しようと思っている人が多く増えている。数多くの研究者もその社会現象を研究している。しかし、今までの研究ではまだ触れていない問題がまだ残されているようである。断舎離を正しく施行することもう一つの課題となっている。

先行研究

殷秀珍(2014)は日本式収納術に対して、簡単な分析を行った。月日の積み重ねをして、日本人の日常生活で形成した独特の片づけ術と収納術には文化になる。伝統観念では収納がモノを隠して、目には見えないため合理的に隠すと考えていた。しかし、現代で、収納は片付けでなく、人の意識や精神活動との関係が密接である。断舎離の理念には日本の伝統観念の転覆である。 伝統の観念と価値観で、無駄遣いはいけないと思えた。この観念が根が強すぎれば、自分の生活と精神に大きな負担をもたらすことができる。いま、節約生活を追求する人が増えている。逆に、贅沢な生活を追求する人が大幅に減らしている。そのため、断舎離の理念で、この片付け術には注目させている。

山下英子は大学に入門したヨガ道場で、心の執着を手放す行法哲学「断行.舎行.離行』に出会う。その後、この考え方を応用し、モノの片づけを通し、だれもが実践できる自己探求のメソッドとして落とし込んだ、住まいと心のガラクタの新.片づけ術「断舎離」を考案している。2000年頃から、クラター.コンサルタントとして「断舎離.セミナー」を全国各地で開催してきた。断舎離の理念の定義を紹介することばかりでなく、具体的な措置に関することを述べている。

『ようこそ断舎離へ「モノ.コト.ヒト、そして心の片づけ術 」』と『断舎離 不思議なくらい心がスーツとする断舎離』によると、「断舎離」の目的をまとめると、次の四つになる。

自分軸を取り戻す

1

時間軸を「今」にする

2

心身ともに健康になる

3

さまざまな執着から解放される

4

また、「断舎離実践ノート」について、各場合で断舎離が適用と述べている。もちろん、具体的な措置がある。以下の措置を簡単に挙げている。

①自分と物質の関係を根本から反省する

②品物に対して簡略して、取舎選択する

③モノに選択する能力を育成する

④もう一回に人間関係を見直す

⑤現実を見極める

「断舎離実践ノート」に関する、「断舎離」の重要性がわかる。また、断捨離の現象の必然性がある。

苏静(2013)は『知日 断舎離』に関して、簡単に紹介している。まず、この本によると、日本人の文化意識から日本人の日常生活を見ることできて、

「断舎離」の生活理念に関する突っ込んで解読している。そして、苏静は断舎離を必要とする人を簡単に挙げている。最後に、松浦弥太郎、佐藤可士和、宫泽真理などの日本の生活方式の専門家が断舎離についての理解を紹介している。また、日本人の生活理念を勉強しようと思っている。以下の断舎離を必要とする人のタイプである。

Ⅰ、どんなことをしても遅延の状態

Ⅱ、衝動的なショッピングの被害者

Ⅲ、人を断るのが分からない人

Ⅳ、モノの片づけと不安にある

それから、ほかのタイプの人には断舎離が必要である。たとえば、メモが乱れている人である。そのため、断舎離の理念を理解し、その理念を勉強することが必要である。

研究目的

本研究の目的は、「断舎離」の定義、現象、日本式収納術の文化をまとめ、社会や人類への効用に基づいて、断舎離を施行する必要性や現状を分析してみる。本研究を通して、日本で断舎離現象を理解すると同時に、中国で断舎離の施行に対する啓示となるであろうと思う。

研究方法と手順

まず、本稿は「文献研究法」を採用し、先行研究を参考し、「断舎離」に関係する定義をまとめ、断舎離現象の必然性や現状を分析してみる。また、自分の関心がある具体的な措置を選択し、自分なりの考えを加え、より具体的に検討しようと思う。

次に、整理した代表例となる断舎離実践ノートを挙げて断舎離に対応することを紹介する。

最後、断舎離という言葉からイメージされる事象から捉えられる断舎離の措置を中心に考察しよう。

断舎離現象についての現状

断舎離とは

最近、『断舎離』という言葉は絶えず聞かれる。断舎離とは、要らないものを絶ち、投げ捨てて、熱中するものから離れるという意味を表わす整理法のひとつである。必要のないものを捨てて片付け、簡単に生きようとするような意義は、「ミニマリスト」や「最小限主義」に似ている考え方である。この考え方は、ヨガの考え方である断行、舎行、離行を応用したものだと言われている。この物を捨てるなら惜しいと思ってはいけない、まだ使えるから捨てて無駄だと思う。その観念は収纳と感情に対しても全く無益である。本当に考えるべきなのは「それが自分に似合うか」だと思う。主役はものではなく、自分自身である。「断舍離」こそ、自己を助け、「自分と物品」の間の決断の良い方法である。「まだ使うかもしれないから残す」ではなく、「私が使うものだから、大切に扱わなければならない」と考えるべきだ。捨てるべきものを捨てなければ、恋愛も、人生も、うまくいかない。「断捨離」の究極の目的は徹底的に自分を主体にして、過去、未来が重要ではなく、今の我々を大切にすることである。舎てないという執念を舎てて、新しい自分が誰だか、未曾有のすっきりした気分になる。「断捨離」をするうえで、「選択能力」も鍛えられる。捨てた男と恋を捨て、捨てられない考えと悲しみを捨て、あなたがあなたに出会って、本当に必要なパートナーを生きるより真実の自分である。モノは少ないほど、選択はますます容易になる。持ち物は多いほど、選択は難しくなる。「断捨離」をすると、自分にとって最も重要なモノがはっきり浮かびあがり、これらのモノのみが、今自分が大切にすべきモノのすべてであることがわかる。

日本における断舎離現象の現状

日本で贅沢な生活から節約する生活にむけて、求める人が増えたことや、身の回りを整理する「片付け法」などが注目を浴びたことから、平成 22 年(2010 年)ころから流行になった言葉がある。

日本人は、必要最低限の生活用品だけを残し、一切の不要な物を捨てるようにしている。彼らは必要最低限のもので最大限の幸福を得ることをモットーに

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接