太宰治和史铁生的生死观的比较—以《人间失格》和《我与地坛》为中心 太宰治と史鉄生の死生観の比較—『人間失格』と『地壇と私』を中心に毕业论文_日语毕业论文

太宰治和史铁生的生死观的比较—以《人间失格》和《我与地坛》为中心 太宰治と史鉄生の死生観の比較—『人間失格』と『地壇と私』を中心に毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

太宰治是日本昭和时代无赖派文学的代表作家,在日本文学史上被誉为昭和文学不灭的金字塔,他颓废的虚无的自虐文风一直受到人们的关注。《人间 失格》作为太宰治的最后一部小说,一直被人们认为是太宰治最具有自传性质的小说。中国作家史铁生是新时期中国最具哲学思想的优秀作家。《我与地 坛》是史铁生经历痛苦和磨难之后的心血之作。他带有思考过程和生命印记的 文章是真正的触及到了生命的真理的。这样一种独特的理性的觉醒给人犹如大地般宽厚,仙人掌般顽强生命力的感觉。

太宰治在其名作《人间失格》中,对生与死进行了深刻的阐述,中国作家史铁生通过作品《我与地坛》,对生命也进行了细微入致地观察和思索,两位作家都曾经历过人生的大灾大难,但两人对生死却持有各自的看法,因而本论文将二者进行对比,试图探讨二者的相似点和不同点。

关键词 《我与地坛》 《人间失格》 生死观 比较

目次

はじめに 1

0.1 研究目的…………………………………………………………………… 1

0.2 先行研究…………………………………………………………………… 1

0.3 研究方法…………………………………………………………………… 3

0.4 研究難点…………………………………………………………………… 3

第一章 太宰治と『人間失格』について…………………………………… 4

1.1 太宰治について…………………………………………………………… 4

1.2『人間失格』について…………………………………………………… 5

1.3『人間失格』における太宰治の死生観………………………………… 6

第二章 史鉄生と『地壇と私』について 10

2.1 史鉄生について………………………………………………………… 10

2.2『地壇と私』について…………………………………………………… 11

2.3『地壇と私』における史鉄生の死生観………………………………… 12

第三章 太宰治と史鉄生の死生観 16

3.1 太宰治と史鉄生の死生観の共通点…………………………………… 16

3.2 太宰治と史鉄生の死生観の相違点…………………………………… 18

おわりに 20

参考文献 21

謝辞 23

はじめに

    1. 研究目的

本研究の目的は、『人間失格』と『地壇と私』を中心として、太宰治と史鉄生の生死観を比較することである。両者は各自の人生経験や作品の創造背景に基づいて生死観が形成した。そして、本研究を通して、作家や作品に対する認識を深める。

    1. 先行研究

国内の研究

1990 年代『私と地壇』及び『務虚筆記』が発表されてから、史鉄生の文学作品は国内学術に多くの関心と研究を集められた。多くの学者は内容、思想、主題、スタイルなど様々な面から史铁生の作品を解読され、それによって史鉄生の目に生命存在の意義を尋ねることである。多くの学者は史鉄生の生命経験に出発点や根本的根拠をして、例えば、孙郁は『哲学に対する道で読んだ史铁生』中で「障害を持つ作家は若い頃の夢を思い出すことと自身の苦楽以外、変動してる世界に対する理解は限られている。それこそ、彼が人間性の奥に入りきり、生命を静観することが可能になった。この静観こそ、彼は人間の感覚閾が限界に伸ばさせられた。(筆者訳)」と考えられた。

周阳は『論「私と地壇」の生命に思考』の中では「史鉄生が生死に対する悟ることは、普通の人間が企及できない深さに達した、彼の死に対する理解は何らかの今認められた主流の価値観や宗教の教義に基づくことではないが、彼の不完全な人生での独特な生命体験に基づき、その結果は心身の苦難を経験したのだとはっきり悟る。(筆者訳)」というような分析をした。

中国の学界は太宰治に対する研究は主に雑誌論文で体現されることであ

る。例えば、谢卫平、解念杰は『自殺者の生きる望み―太宰治自殺に対する謎の解読』という文章で、太宰治作品中の描写を通じて、太宰の生存の熱望と生存の奇跡を論証した。焦新波は『太宰戦後小説の自殺意識』で、太宰の戦後小説における人物は虚無感、恐怖感や罪悪意識、自殺意識があると言った。太宰がその体験や自殺傾向を小説に写し、徹底的に絶望させる世界に個人的な抵抗と最後の「SOS」を発したと論じた。

日本の研究

日本では史鉄生の研究については、筆者の読書視野の限りで、まだ彼の作品について研究した専門書と文献は見当たらない。

太宰治が亡くなられ、井伏鱒二、亀井勝一郎、小野政など太宰治の先輩、友人の文献を始め、その続き奥野健男、三枝康高の研究がある。二十世紀八十年代前後、山内祥史、相馬正一等を代表され、東郷克美、鳥居邦明、渡部芳纪などまで、太宰治及び文学に対する研究がさらに発展させた。近年来、日本では太宰治に対する研究が最も活発な学者は長部日出雄、安藤宏、細谷博などである。一般的に見ると今まで太宰治及び文学の研究は大きく両方に分け、一方では、太宰文学から潜在的な恐怖感、絶望感と自己を徹底的に否定するなどから見ると、無頼派、すなわち戯れ派が太宰文学を「靑春の麻疹」、病弱文学及び壊滅文学と定義される。その中退廃、隠遁の美、死と破滅の誘惑などが満ちる為、太宰文学はいつも魅力と危険が共存する文学と認められる。他方、これに対し、渡部芳纪を代表として、病弱文学、壊滅文学という観点に懐疑を持ち、太宰文学表面には軟弱性があるが、根本的には太宰が精神貴族であり、その文学が心の王者の積極的な面を持ち、作品の中に上昇意識と下落意識が同時に存在することである。太宰文学はずっと物質の幸福が否定されるそして精神の幸せと豊富を強調することである。

    1. 研究方法と手順

まず、本稿は先行研究を踏みつつ、太宰治と『人間失格』、および『人間失格』における太宰治の死生観を検討してみる。次に、史鉄生と『地壇と私』、および『地壇と私』における史鉄生の死生観を検討してみる。最後、比較研究法を採用し、太宰治と史鉄生の死生観を分析し、その共通点と相違点を検証してみる。

    1. 研究難点

中国においても、日本においても、両者についてのの研究があるが、太宰治と史鉄生の比較研究がない。日本語原版の参考文献がかなり得がたいし、日本側の史鉄生についての研究はあまり多くないし、ほとんど手に入れない。

第一章 太宰治と『人間失格』について

    1. 太宰治について

太宰治は日本の小説家兼作家で、本名が津島修治である。明治 42 年(1909 年)6 月 19 日青森県金木村(現在の五所川原市金木町)に生まれ、東大フランス語科に入り、訳あって中退した。津島家は新興地主で、貴族院①多額納税議員の資格があった。

父の津島原右衛門は松木家に婿入りし、衆議院と貴族院の議員を担当した ことがあり、同時に銀行と鉄道を経営していた。母は病弱だったため、太宰治は小さい頃からずっと小母さんと保母さんに育てられた。母の愛情不足と保母さんに育てられた経歴は太宰の生涯に大きな影響を与えた。津島家の祖先について「私が生まれ育った家は誇るべき名門ではない。どこから来たのかが分からないまま津軽で定住した人々は私の祖先だ。私は常識も知恵もない貧しい凡人だ。実家は青森県で、曽祖父惣助の世帯から有名になった。」と述べていた。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接