日本における在宅介護の現状分析―中国に対する啓発 日本住宅看护现状—对中国看护现状的影响毕业论文_日语毕业论文

日本における在宅介護の現状分析―中国に対する啓発 日本住宅看护现状—对中国看护现状的影响毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

中国目前人口老龄化越来越严重,截止到 2013 年底,我国 60 岁以上的老年人口所占比例是总人口的 14.9%,养老问题十分严峻。再加上中国目前的养老体系十分不健全,更多的还是要依靠家庭养老机能。但是中国自改革开放实行计划生育政策之后,城市家庭和农村近一半的家庭基本都只生育一个孩子,因此中国的家庭结构趋向简单化,正逐渐演变成“核心家庭”和“主干家庭”,传统的家庭养老功能正在减弱。正因为如此,中国在未来 40—50 年将会面临严重的人口老龄化问题,如何缓解人口老龄化所带来的一系列问题已经成为中国目前最亟需解决的难题之一。

本稿以同样饱受老龄化问题困扰的邻国日本的做法为参考,通过对日本家庭护理现状的分析以及日本为解决家庭护理存在的问题而采取的措施,来探讨其对中国家庭护理问题的借鉴意义。作者通过对中国各大年龄层问卷调查,尤其以

20—35 的年龄层为主进行了家庭护理的调查。发现中国家庭对于老人护理问题, 感到不仅花时间、经常需要花很多精力。对于花钱请保姆感到不放心的也不在少数,他们中的绝大多数人都一致认为中国的养老福利体系有问题、相关法律法规不完善、没有培养专门医护人员来护理老人。另外作为解决措施,应该社会和家庭两方面一起努力。国家应该建立健全养老福利体系,完善相关法律法规,国家和社会应共同承担培养专门护理人才的责任,帮助解决家庭养老所存在的问题。

关键词:家庭护理 问题 福祉体系 法律 人材

目次

始めに 1

第一節 研究背景と先行研究 1

第二節 本研究の目的と研究方法 1

第一章 中日の在宅介護について 2

第一節 日本の在宅介護について 2

第二節 中国の在宅介護について 2

第三節 中国の在宅介護の現場に対するアンケート調査 2

第四節 アンケート調査から見られる問題点 5

第二章 日本の在宅介護の問題と改善策 5

第一節 日本の在宅介護の既存問題 5

第二節 日本の在宅介護問題要因 6

第三節 日本の在宅介護に対する改善策 6

第三章 日本の在宅介護が中国における介護現場への啓発 7

終わりに 7

参考文献 9

謝辞 10

附録 11

始めに

第一節 研究背景と先行研究

改革開放から中国は産児制限の計画を施した。都市部の家庭と農村のほぼ半分が基本的に一人の子供だけを持ち、家庭の構造がもっと簡単になり、核家族に変わってきた。伝統的な在宅介護の機能が次第に減ってきているようである。それを背景に、中国は現在人口高齢化の問題がひどくなってきた一方である。これは中国が直面せざるをえない問題となっている。

周知のように、人口高齢化の問題に苦めた日本は現在、状況がますますよくなってきた。これは日本の完備の養老福祉体制と健全な法律と公民の保険意識とは切り離せないと言っても過言ではないだろう。現在、中国の人口高齢化の問題はますます深刻になっている。しかし、中国の養老福祉体制は問題がありし、関連法律も不十分であり、公民の保険意識も低いと言っても過言ではないだろう。一方では、政府と社会は専門的介護者を育成することにまだ力を入れる必要があると言えるたろう。

本稿は中国の各年齢層、特に 20~35 歳の年齢層を対象として、在宅介護についてアンケート調査を行い、若い年代は在宅介護の態度を中心に、わが国在宅介護の現状、問題をまとめた。それに日本が在宅介護の既存問題にどのような対策を取っているか考察し、中国の在宅介護への啓発について考えようと思う

本研究に関する先行研究は主に次のようなものがある。張衞彬・王姝文(2016)は「日本高齢社会の在宅介護の福祉体系の構築および中国に対する啓発」は、日本の在宅介護の現状を紹介し、問題を指摘した。紹介された日本の対策として、以下の四つである。第一、政府は養老の法律のデメリットについてもっと完備に立てるに取り込む。第二、完全な養老福祉体系を建築できるように努力してみる。第三、在宅の年寄りの世話をする人材を専門的養うべき。第四、保険意識はもっとアップすべき。

第二節 本研究の目的と研究方法

本研究の目的は、日本の高齢社会における 65 歳以上の高齢者に対する介護の現状を述べ、在宅介護の発展過程における対策をまとめ、そして、日本の在宅介護の中国の在宅介護に対する啓示を中心に考察する。

研究方法としてはまず、本稿は「文献研究法」やアンケート調査を採用した。、先行研究を参考にし、日本の在宅介護に関する現状及び対策をまとめた。アンケート調査を通し

て、中国の介護現状を把握した。

第一章 中日の在宅介護について

第一節 日本の在宅介護について

日本の在宅介護の発展は主に以下の二つの段階がある。まずは第二次世界大戦の後で、日本の民法では、長男は遺産を相続するという権利があり、次男と三男はこのような相続権がなく、親の面倒は全部長男の責任と考えられていた。次は「毎日ニュース」の「全国家庭計画世論調査」によれば、1963~1986 年の間、「子供は親の面倒を見るべき」という積極的態度をとる者は全体の7割に達した。親の面倒を見るのは長男ではなく、子供全員の責任になったことが明らかである。また、1993 年に、このような回答は 50に減少した。親の面倒を見ることへの意識が明らかに変わっていったことが分かる。

第二節 中国の在宅介護について

改革開放する前に、中国の家庭の構造は非常に複雑で、大家族とも言えるだろう。あの時代で女の子より男の子の方が重視された。老人を介護する責任は主に息子たちに背負われた。

改革開放したあとで、一人子政策を実施した。実はその時、多くの家庭はこっそりと二人目の子供を生んだ。その代償は大変高いと言っても過言ではない。その時の中国の家庭は大家族から次第に核家族へと変わってきた。老人を介護する責任は主に息子たちが背負っていた。しかし、その時、女性の地位が明らかに上がるようになった。老人を介護する責任の一部は娘たちが分担するようになった。

2000 年以来、多くの青年は良い教育を受け、一人っ子政策はもう定着した。中国の家庭は核家族へと変わるスピードはますます速くなっていた。年寄りの世話をする意識が明らかに変わった。仕事で時間がなく、老人の面倒を見ることが家政婦と老人ホームに頼る人は多くなっている。介護の問題が出てくるようになった。

第三節 中国の在宅介護の現状に対するアンケート調査

今度のアンケート調査では、在宅介護に存在している問題点を中心に、在宅介護の解決方法を考え、中国の各年齢層を対象にして、「在宅介護に関するアンケート調査」を行った。今度の調査では、236 名の志願者が参加した。その中、男性は 87 人、女性は 149 人。主な年齢層はは 20~35 歳の間である。

表 1:アンケート対象者の男女比

性別

人数

対象者の割合

男性

87

36.86

女性

149

63.14%

アンケート調査は在宅介護をめぐり、11 問を設け、調査対象者に対する在宅介護認識、態度、存在する問題、対策を調べた。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接