日本の職人精神に関する分析及び中国に対する啓発 浅析日本工匠精神以及对中国的启发毕业论文_日语毕业论文

日本の職人精神に関する分析及び中国に対する啓発 浅析日本工匠精神以及对中国的启发毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

2015 年日本媒体为了形容中国人在日本旅游时疯狂购买日货的现象,创造了一个新的词语:爆买。国人在日本如此狂热扫货的现象折射出来的是对国产产品的不信任以及国货的不争气,和对日本商品品质的信服。现如今,我们都在感慨国人急功近利的思维,而且国内缺乏一种能够长年维持商品良好信誉的、精益求精的“ 匠人精神”。那么,日本人的匠人精神又是在怎样的社会土壤上生长的呢?

本论文首先介绍日本匠人精神的形成以及日本社会各方面的匠人精神内涵和它们的影响,例如心怀顾客、爱业情怀、本分淡然、专业精神和美的追求。接着然后说明目前国内这方面的现状,和匠人文化衰退的原因。一是“学而优则仕”的价值观,二是错误的商业评判标准,三是非正式雇佣,四是代代相传的危机。最后是对中国的启示。说明中国匠人精神的培养方法。一是提高匠人的社会地位和待遇,二是将工匠精神纳入人才培养计划, 三是企业树立以工匠精神为核心的企业文化。以期能够改善现状,中国也能够注重培养工匠精神。

关键词:爆买 匠人精神 匠人文化 传承 职人

目次

はじめに 1

    1. 背景説明 1
    2. 研究の目的と問題点 1
    3. 先行研究 1
    4. 研究方法 3

第一章 日本社会各面の職人精神 4

    1. 日本職人精神の形成 4
    2. 日本職人精神の内包と影響 4
      1. 顧客を考慮すること 4
      2. 仕事を愛する気持ち 5
      3. 気質が静かである 6
      4. 専門精神 6
      5. 美に対する追求 7

第二章 中国の職人文化の現状 8

    1. 職人文化の現状 8
    2. 中国の職人文化が衰退した原因 8

2 2.1「学んで余力があるならば役人になって仕える」という価値観8

      1. 誤った商業評価基準 8
      2. 非正規雇用 8
      3. 世代継承性の危機 9

第三章 中国に対する啓発 10

    1. 「職人精神」を改めて造り上げる意義 10
    2. 中国の職人精神の育成方法 10
      1. 技能労働者の社会地位と待遇の高まり 10
      2. 職人精神が人材の育成を促進する 11
      3. 企業が職人精神を核心にする企業文化の確立 11

おわりに 12

参考文献 13

謝辞 14

はじめに

背景説明

中国では近ごろ、中国人の旅行客が日本で爆買いをしている。その現象の原因は日本製品に「匠の精神」があるためだとする論調が増えている。匠の精神があるからこそ日本製品の品質が高いという考えがある。

「匠の精神」とは日本でいう職人精神という意味合いに似ている。はるか昔から受け継がれてきた先人の技術や知恵並ならず精神や美的感覚という伝統がある。その伝統をもち、精魂込めた本物を作り出す職人は「匠」と言われる。それは職人と匠達の誇り高き精神と挑戦、そして求道者でも形容できるほどの仕事への誠実さ抜きには語れないであろう。そのような人々は日本を支えてきたとおもう。しかし、製品を作る職人に限らず、職人精神は日本の民族精神そのものと言っても差し支えないのかもしれない。

日本は「ものづくり」の国である。そして職人と匠達が今の日本を作ってきたといっても過言ではない。職人精神は日本の感性文化を支える柱であるだけでなく、日本のエンジニアを世界有数のクリエイティブな「ものつくり集団」へと成長させ、その緻密で高度な技術力が日本の今を支えているわけであろう。

日本の職人文化は世界でも高く評価されている。

研究の目的と問題点

本稿においては日本の社会各面の職人精神について、いろいろ考察して、例えば、典型的な五つの職人精神の内包、日本社会に対する影響、更に中国に対する啓発なども論じたい。

現代の中国は、落ち着かない雰囲気に包まれていて、人々はより少ない投資で、より短い周期で、より早い効き目で、直に利益を求めようとしがちだ。そして国産製品の一部分が悪い印象を与えた。本稿は現在国内の製品を調査したり、職人精神の現状を分析したりして、職人精神が社会発展に対する重大な意義を研究したい。

先行研究

葛暁暢、葛樹栄(2016)は『「職人精神」と日本製造業』において日本製品の核心特性は「機能の人間性化、最適化と官能究極美」の有機的な結合であると述べた。日本制

はじめに

造業は製品の美を追求する道にひっきりなしに精進することを進めている原因はいったいなにものだ。まさに昔から受け継いた影響深い職人精神ものである。

張重陽(2015)の『「寿司の神様」から日本人の職業観を見る』に寿司の神様の小野二郎を例に職人精神を論じた。日本において、多くの「道」がある。たとえば、茶道、花道、柔道などの芸や学問がある。張重陽は日本の職業観の中で最も目立っている道は職人精神こそであるという主張がある。それに、職人精神は最高の基準を達成するため、真面目に頑張り通すべきだ。日本語の漢字で注釈するのは「一生懸命」ということだ。

鄭宇龍(2009)は「職人の心」が源流を問わず、力を尽くして、物事を最高レベルにすることと論じる。それで、何年も続いていくのだ。多くの職人技は、以心伝心だけで伝えることができる。理論がどれだけあっても、豊かな経験を生かさないとだめなのだ。実践的なことをやらないといけない。

肖建(2016)は日本ではノベル賞受賞者 17 人を生み出す原因は日本人の慎重さ、まじめさ、押し通すことが大切な原因の一つだと思う。職人精神は一生一つのことを凝らして、完璧を求めているものである。職人精神は物を作る職人に限らず、それぞれの職業に用いても差し支えないかもしれない。

斉珮(2010)は『映画「おくりびと」から日本の職人の文化伝統を見る』において映画『おくりびと』を例にして日本の職人と職人精神を簡単に論じた。文章には中日伝統文化のなかで共通の文化現象ーー「職人」文化を反映した。日本の「職人」文化の本質は仕事熱心と真面目に仕事をすることである。ますます重要なことは仕事熱心と真面目を本質としての精神が全日本社会に認められて奮い起こされることである。「職人」文化はもはや人々の心に打ち込んで、日本社会の常識になっている。

文亦鳴(2015)は「日本人の職人精神」において日本の扇子、デザイナーと技術士、拉麺料理人、「柔軟トイレットペーパー」、子供の時から日常用品の分類を通じて、それを例にして職人精神を論じた。彼は日本人の職人精神が子供の時から育ててきたものだと思っている。職人の一番典型的な気質としては自分の作品に自負みたいな自尊心をもっているということだ。うんざりしないで、いかなる代価も惜しまなくて、もっと、もっと完璧を求める。日本の職人精神の特徴は「自分がしている仕事への熱愛は、その仕事のもたらす金への愛に勝る。完璧な精品ではなければ、次の手順に渡してはいけない」ことを思っている。

趙云川(1998)は「日本の職人文化と日本近代化」において職人文化が伝統的な文化

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接