中国における流行語.新語使用の現状--インタネットから広まった言葉に注目して汉语流行语和新语使用现状 ——以网络用语为中心毕业论文_日语毕业论文

中国における流行語.新語使用の現状–インタネットから広まった言葉に注目して汉语流行语和新语使用现状 ——以网络用语为中心毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

语言始终处于不断发展变化中,其过程是一个自我调节的过程。新语·流行语作为一种语言现象,它们的产生必然受到语言自身发展规律的的制约,同时也折射出特定社会的发展轨迹。

随着互联网技术的进步以及中国社会经济的发展,网络逐步走进千家万户。网络聊天室、BBS、即时通讯软件如微信、微博、QQ 等网络技术应用的出现,使中国的互联网用户由 1998 年的 106 万剧增至 2016 年的 7.31 亿。网民数量的急速膨胀,使网络成为流行语·新语的主要诞生地以及传播地。近年来,素有语林啄木鸟之称的《咬文嚼字》杂志社每年都会公布年度十大流行语。此外,国家语言资源监测与研究中心、网络媒体语言分中心、商务印书馆、新浪网也会联合举办汉语盘点活动,评选出年度十大新词语·十大流行语。

语言的的创新与发展反映了一个时代的特征。因此,对语言的考察成了我们必须要做的一个课题。本文通过回顾近六年的汉语流行语·新语的演变历程,分析其在不同领域的分布状况,从而了解新时代的社会大众在不同方面的诉求,发现时代的发展特色以及社会生活的改变。

【关键词】 流行语 ·新语 使用现状 网络用语 社会发展 时代特征

要旨

言語は常に発展し変化し続けている。流行語・新語は一種の言語現象であり、それらの出産には一定の規則があり、ある程度の制約をを受けていながらも、特定社会を反映している。

ネットワーク技術の発展および中国の経済の発展とともに、インターネットは次第に我々の生活と密接な関係に持つようになった。チャートルーム、電子掲示板、即時通信アプリケーション(例えばウィーチャット、ウェイボー、Q

Qなど)のインターネット技術の出現に因って、中国のインターネット利用者数は急速に 1998 年の 106 万から 2016 年の 7.31 億になった。インターネット利用者数の増加により、インターネットが頻繁に誕生する場となっている。近年、語林キツツキ(特に各業界の文字と文法などの誤りを仕事する雑誌)と言われる『咬文嚼字』雑誌社は毎年年度十大流行語を発表している。そのほか、国家語言資源監測研究センター、ネットワーク媒体分布支中心、商務印書館とシナウェイボーも「漢語盤点」というイベントを開催して、年度十大新語・流行語を選出している。

周知のように、言語の創出と発展は時代の特徴を反映する。従って、言語に対しての考察は我々がするべきことだ。本稿は六年間(2011 ー 2016)の流行語・新語の進展過程を振り返り、各分野の分布状況を分析し、新時代の社会大衆の多種多様の要望を理解し、それを通して時代の発展の特徴と社会生活の変化を見出す。

【キーワード】流行語・新語 使用現状 ネット用語 社会発展 時代特徴

目次

始めに 1

  1. 中国近年出てくる流行語・新語について(2011 ー 2016) 2
  2. 近年中国の流行語・新語の発生原因 3
    1. 経済の発展 3
    2. 情報化時代 4
    3. 言葉の意味の派生力 5
  3. 近年中国の流行語・新語の特徴 6
    1. 流行性・時代性 6
    2. 省略の多用 7
    3. 方言の多用 7
    4. 娯楽性 7
    5. マスメディアへの高い依存性 8
    6. 露骨な表現の多用 9
  4. 流行語・新語が反映する社会民衆の心理状況 9
    1. 発言権の覚醒 9
    2. 交流の速さを追求する心理 10
    3. 大衆の要望 11
    4. 娯楽心理 13
  5. 流行語・新語の影響 14

終わりに 16

参考文献 17

附録 18

謝辞 25

始めに

近年、中国で流行語・新語の使用はこれまでにないほど盛んになってきている。なぜこのように流行語・新語に関しての使用に大きな変化が起こったのだろうか。そして、どのような変遷を遂げてきたのだろうか。その原因と軌道を分析考察することは、中国社会における大衆の関心問題をよく理解するためにも有用であると思われる。最新の流行語・新語の使用状況に関してはこれまでなされてきた考察はまだ曖昧なように思われる。言語は社会と密接な関係にあり、社会と時代の世相を映出す鏡とも言われている。言葉の変化は時代の変遷、人々の価値観、意識変化の現れである。本稿ではいま中国社会で流行っている言葉を取り上げて、その言葉の背後にある人々の意識変化を考察する。これまで多数の先行研究において、中国近年の流行語・新語のメカニズムは徐々に明らかにされてきている。しかし、今までの研究でふれていない問題がまだ残っているようである。

本研究に関する先行研究は主に以下のようなものがある。呂(2008)はインターネットから広まった流行語の新しい特徴およびそれらを研究するにあた って困難な点を指摘した。また、流行語が流行る原因、特徴、時代背景、世相を考察した。周(2009)は「親」という流行語について詳しく分析した。周(2009) は二つの面で「親」の成因を詳細に述べている。一つは意味の派生力から「親」 という語の流行した原因を探った。もう一つは、現代社会の影響とりわけインターネットの発展から「親」という言葉の広まった原因を分析した。李(2012) は「小鮮肉」という流行語・新語を紹介した。その言葉はアバターという映画のセリフ(Look at all this fresh meat)から生まれた語彙(中国語で意訳「小鮮肉」)である。外来文化を受容する時、隠喩方法で新語を作ることは大きな進歩と言えるだろう。このようにして、新語を研究する時、歴史、社会、心理、文化などを結びつけて考えることは重要なことだ。趙(2015)はここ五年間の中国の流行語・新語を整理した。そこにおいていくつかの流行語・新語の意味と流行の要因が提示された。しかし、近年の流行語・新語を整理しているだけであり、そこからその言葉の深い意味あるいは文化的、社会的なことにあまり触

れてない。

本稿は以上の先行研究を踏まえ、流行語・新語に関係する定義をまとめ、流行語・新語の発展に関する背景を改めて考えようと思う。そして、権威ある雑誌『咬文嚼字』が発表するここ六年間の年度流行語・新語を通して、流行語・新語の特徴を分析し、その背後に反映する中国社会大衆の要望を考察しようと思う。

中国近年出てくる流行語・新語(2011 ー 2016)

流行語・新語を分析する前にその定義について考察しなければならない。中国語の語学の専門家王鉄琨(2009,19)は次のように述べている。「流行語

は普遍の意義を持っている概念のことである。ある時期、ある範囲の中で迅速に流行っていながら、広く伝播されてきた言葉のことだ。流行語は一種の言語記号や以前から存在した語彙、あるいは一つの新しい単語やいくつかの単語で組み合わせた短句である」。また、劉大為(2010)によると「流行は言語で表現するとき、流行語になった。新語とは内容と形式が新しい、以前の語彙の中でない単語のことだと言う。」(筆者訳)

日本の辞書『広辞苑』の第五版でこのように書いてある。「ある期間興味をもたれて多くの人に使用される語」。『国語大辞典』では「流行語は新語の一種。その時代に適応して極めて感化的意味が強く、爆発的な民衆の使用語。多くは徐々に消滅するか、あるいは一般語彙に定着する」と定義されている。ブリタニカ国際大百科事典で「新語は新造語ともいう。新しくつくられ,用いられるようになった単語。広く考えれば,従来用いられていた単語で新しい意味を付加されたものも含めることができる」と意義つけられている。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接