基于大数据的中日高校教育信息化的比较研究 ビッグデータに基づく日中大学教育情報化の比較研究毕业论文_日语毕业论文

基于大数据的中日高校教育信息化的比较研究 ビッグデータに基づく日中大学教育情報化の比較研究毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

进入 21 世纪以来,各国综合实力的竞争不仅体现在经济和军事方面,教育信息化的水平也在其中。在未来社会的发展中,教育信息化是一种主流倾向。第二次世界大战之后,日本经济飞速发展,日本社会也增加了对教育的重视程度。

20 世纪 80 年代日本将教育信息化作为基本国策实施。经过 30 年的发展 ,教育信息化水平达到了国际先进水平。但是中国的教育信息化水平和日本相比还差得很远。

因此,基于大数据和教育信息化的相关定义,以及对日本教育信息化的发展背景、必要性和现状进行分析。其次,根据中日大学教育信息化发展的现状进行对比分析研究。通过本研究,比较两国发展的不同并且发现中国方面的不足。最后,从日本的发展中得到启示。

关键词:大数据、教育情报化、中日大学、发展状况、启发

目录

はじめに 1

一、問題の提起 1

二、先行研究 1

三、研究目的 3

四、研究方法と手順 3

第一章 ビッグデータと教育情報化課題 4

第一節 ビッグデータとは 4

第二節 教育情報化とは 5

第三節 ビッグデータに基づく教育情報化 6

第二章 ビックデータに基づく日中教育情報化の発展 7

第一節 ビッグデータの応用背景と必要性 7

第二節 中国でビッグデータの応用状況 8

第三節 日本でビッグデータの応用状況 10

第四節 日中教育情報化発展の差異 14

第三章 啓示と思考 15

第一節 我が国の教育情報化の発展に対する啓示 15

第二節 ビッグデータと教育情報化に関する思考 17

おわりに 18

参考文献 19

謝辞 21

はじめに

一、問題の提起

21 世纪に入って以来、各国の総合的な実力の競争は経済と軍事だけでなく、

教育の情報化のレベルにもある。未来に社会の発展の中で、教育の情報化は 1 種の主流の傾向になるつつある。現在、我が国の教育の情報化のレベルはまだいくつか先進国より遅れている。例えば、隣の国日本である。

第二次世界大戦後、日本経済は急速に発展してきた。日本社会は教育に対する重視さもどんどん増えてきていた。情報化時代の到来につれて、日本社会の多くの教育者は徐々に教育情報化の重要性を認識した。20 世紀 80 年代、日本は教育情報化を基本国策として、30 年の発展を経て、その教育情報化の発展は国際先進的なレベルになった。

現在、中国の教育情報化状況を見て、「十一五」期間、中国教育の情報化のインフラ建設はすでにある程度の規模になっている。全国高校はほぼ 100 ネットワークがカバーされる、すでに半数近くの省市は地方教育網が違う程度に建設された。しかし、日本の教育情報化の発展状況に比べてまだまだ遠いのである。

多数の研究者の努力のおかげで、日本の教育情報化は徐々に明らかになりつつある。しかし、今までの研究はふれていない問題はまだ多数残っているようである。教育情報化は大学での発展状況に関する深い研究も少ないように気づいた。それで、日中大学で教育情報化の発展の過程は現状と合わせて、一つの課題となるだろうと思う。

二、先行研究

焦裕亮(2015)はまず「ビッグデータ」の概念を提出した。「ビッグデータ」とは市販されているデータベース管理ツールや従来のデータ処理アプリケーションで処理することが困難なほど巨大で複雑なデータ集合の集積物を表す用語である。その技術的な課題には収集、取捨選択、保管、検索、共有、転送、解析、可視化が含まれる。

そして、ビッグデータ時代は伝統教育に対してどんな影響があるのか考察した。以下のようなことが明らかになった。

①ビッグデータは伝統教育の考え方に衝撃をあたえる。

②ビッグデータは新しい教育のモードを提供する。

③ビッグデータは教育評価のシステムを変革する。

李瑜(2016)は「大数据下的教育信息化」の中で、ビッグデータに基づく教育情報化の本質を説明する。次には教育情報化を建設する時、存在する問題である。

①不良データの問題である。②公平性の問題である。③安全性の問題である。そして、建設中の有効的な解決策略である。総じていえば、データ管理と具

体的な人材育成について、問題を解決する。

小林路子(2005)は、今日の教育課題と学校図書館の現状をふまえ、利用者である子どもの側に立って、いま学校図書館が何をなすべきかを具体的に明らかにし、司書教諭と学校図書館担当者に自らの仕事への自信と情熱を抱いてもらうことをめざしている。単なる学校図書館の解説書・実務書ではなく、各地で展開されているすぐれた実践に学びながら、あるべき学校図書館像を追求することで、この仕事の楽しさ、すばらしさを実感してもらいたいというメッセージを出した。

刘大北と贾一苇(2015)は 2014 年 9 月 11 日、日本の学術会議から提出された『ビッグデータ時代の人材育成』を分析する。この文の中で、ビッグデータが社会の各分野での応用を紹介した。例えば、医療保健、社会基盤施設と災害対策などである。日本の現状について、ビッグデータ時代の人材育成に直面する課題と必要な技術を提出した。

①ビッグデータの処理。

②データの可視化。

③データの分析法など。

時代の発展に適応する統計学科の設置要求、データ科学者になる必要な条件とデータ科学者の育成方法を提出する。

堀田 龍也(2015)は本の中で校務支援システムを軸とした「校務の情報化」

について、導入に向けての準備、失敗しない導入の手順などについて解説するとともに、校務支援システムを導入したことによって、学校経営がどう変わったかを、さまざまな学校の事例を紹介しながら、明快に解説している。「校務の情報化」は、教職員の多忙化を解消するだけでなく、学習指導、生徒指導を側面から支援し、子どもについてのさまざまな情報を一元化して、正確で良質な通知表・指導要録の作成などを可能にする。

彼らの研究から見ると、本論文は国家政策の面から紹介して、そして、中日の発展状況と現状を紹介する。特に、大学の状況である。そうした後、日本の教育情報化の発展から様々な啓示を提出して、いろいろな問題を考える。

前の人はもうビッグデータの概念と影響を研究した。そして、ビッグデータは教育中にどんな方式で応用することか簡単に紹介した。その上、応用面の問題も述べた。本論文で、以上の内容を簡単に整理した後、主に中日具体的な発展状況を分析したいと思う。

三、研究目的

本研究の目的は、「ビッグデータ」と「教育情報化」に関係する定義をまとめ、日本の教育情報化を発展する背景に基づいて、必要性や現状を分析してみる。次に、大学で教育情報化発展状況について中日対照研究をしたうえで、中日大学の教育情報化の現状を分析する。本研究を通して、中日大学教育情報化の現状を比較し、中国の発展の不足を示す。そして、中国教育情報化の発展に対する啓示となるだろうと思う。

四、研究方法と手順

まず、本論文は「文献研究法」を採用し、先行研究を参考し、「ビッグデータ」と「教育情報化」の概念をまとめ、我が国のビッグデータは教育の中で応用背景と必要性を紹介した。そして、中国の高校で教育情報化の発展状況を紹介した。次に、日本の教育情報化の発展を紹介して、特に日本の大学での発展状況を分析した。それから、中日大学教育情報化の現状を比較し、中国の発展の不足を示す。その後、日本の教育情報化の発展の道で私たちは参考できる方面を探す。最後、中国教育情報化に対する提案を出す。

第一章 ビッグデータと教育情報化課題

第一節 ビッグデータとは

ビッグデータは情報技術分野の用語として、通常のデータベース管理ツールなどで取り扱う事が困難なほど巨大なデータの集まりのことである。大きさは伝統的な基準を超えて、一般的なソフトウェアツールはキャッチ、記憶、管理と分析するのが難しいデータである。最初、ビッグデータの概念は目標のデータの量の規模は普通のコンピュータの処理能力をはるかに超えている場合に説明する。現在、多くの分野は爆発的データ成長に直面していて、データ処理ツールと技術が盛んに発展する。ビッグデータは、処理と分析の大量データを記述するだけでなく、データの速度をゆるしている。アメリカのインターネットデータセンターはビッグデータを高速に捉え、発見と分析して大容量データから価値を得る新しい技術を定義する。

人類がビッグデータの交換、統合と分析を通じて、新しい知識を発見して、新しい価値を創造する。ビッグデータは 4 つの英文のアルファベット「V」でまとめることができる。数量(Volume)、多様化(Variety)、速度(Velocity)と価値

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接