教育信息化工具考察--以大学课堂为例教育情報化のツールに関する考察--大学の授業を例として毕业论文_日语毕业论文

教育信息化工具考察–以大学课堂为例教育情報化のツールに関する考察–大学の授業を例として毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

当今时代,信息化技术得到了普遍的运用。人们因此从中获益良多。无论是旅行还是生活,互联网技术完全颠覆了以前的模式。当然,教育也不例外。由云技术衍生出来的蓝墨和电子教科书等信息化教学工具受到了人们的欢迎。

本文将传统教育和现代教育做一个对比,并从各方面分析各个教学工具所带来的变革和优缺点。由此思考如何推进教育信息化。

关键词: 互联网 教育信息化 工具

目录

はじめに 6

一、問題の提起 6

二、先行研究 6

三、研究目的 7

四、研究方法と手順 7

第一章 中日の情報化の教育ツールの概要 8

第一節 マルチメディアツール 8

第二節 電子教科書 9

第二章 中日の情報化の教育ツールの分類と社会評価 10

第一節 中日の情報化の教育ツールの分類 10

第二節 中日の情報化の教育ツールの社会評価 12

第三章 情報化の教育ツールの変革による教育方式の思考 16

第一節 伝統教育モデルと現代教育モデル 16

第二節 二つの教育方式の利害 16

第四章 情報化の教育ツールの変革に対する態度と展望 19

第一節 伝統教育と現代教育の見方 19

第二節 情報化の教育ツールの変革に対する展望 19

おわりに 20

参考文献 21

謝辞 23

はじめに

一、問題の提起

教育情報化の中核的な内容は教育ツールの情報化ということである。教育の情報化は教育の手段が技術化及び情報化になることにより、教授法の現代化を教育すること意味する。教育の過程で全面的にコンピューター、マルチメディア、ネットワーク通信をベースとした現代情報技術を運用することが必要である。これは教育改革を促進し、情報化社会に向かう上で適応した新しい要求を提出する必要がある。そして、教育改革が深化するによって重要な意義を持つことになる。

二、先行研究

方圆(2016)は「インターネットの教育モード」の考えを提出した。現段階のインターネットの教育モードに対して、自分なりの評価を作っている。インターネットは現代教育において普遍的に運用される技術として、伝統教育の弊害を変えて時代性の意味がある。インターネット教育は時間、空間を制限されないし、学生はいつでもどこでも勉強することができる。伝統の教育モデルと比べると、生徒の自主性を重視し、教育者と学生、また学生の間では双方向性を動かし、学生と教師の交流の機会と範囲を増加する。システムはすべて学生の資料、学習過程と段階の情況などは完全なシステムの追跡記録を実現して記録し、また違う学生の資料によって、異なった個性的な学習の提案や計画を提出して、もっと学生の発展に有利であろう。

そして、馮莹莹(2016)は「MOOC 热背后的冷思考」の中で、時下流行のビッグデータ教育について自分なりの考えを提出した。クラウド技術という新興の物事について、多角度からその利害を分析する。ネット教育に頼りすぎる学生が、自己の管理能力に欠けて、授業の内容を理解しできない。それはこのネット教育の不足的なところである。このためインターネット教育は制御能力の不足する学生にとって、効率が低い。自己管理学習能力に欠けている少年学生は教育管理環境下の圧力がないで自主的に学業を完成することができない。

これに対し、小沢氏は雑誌「情報の科学と技術」の第 62 期に自分の見方を

表現した。無線移動 Ad-Hoc ネットその無固定インフラ、自己組織、分布の管

理、ダイナミック位相、ジャンプ通信など特徴があるが,近年の研究のホットになっている。インターネット教育で使用 OCW から分かるように、教育におけるクラウド技術の人気は避けられない。

京都学園大学経営学部論集の第 22 巻(第 1 ・ 2 号)による、日本は電子教科書をマークする新しい教育情報化が新たな政策と措置を発表し、科学の理論探求と実証研究を行った。また、非常に教育を重視して電子教科書などの新しい教育メディアに現場の教師と学生の意見や態度がある。

先輩たちの研究成果の影響を受け、中日両国の近代化教育のツールは両国の教育方式と観念に影響を与えることか簡単に紹介した。本論文で、中国の藍墨と日本の電子教科書に薄っぺらな見解で表現している。

三、研究目的

  1. 中日の教育ツールのタイプを究明する。
  2. 大学の授業でもっと実用的な教育ツールを分析する。
  3. 新しい教育ツールによる影響を紹介する。
  4. 伝統教育と現代教育のモデルを比較し、それぞれの不足を示し、中国教育改革の発展に対する啓示を考える。

四、研究方法と手順

まず、本論文はいろいろな先行研究を参考にして、そしてインターネットの資料を採用して、『電子教科書がもたらすオープンな学習環境』の中の理論線と理論結果を探して、多角度からその利害を分析してまとめる。最後、多くの理論を参考にして、自分なりの意見を提出する。

第一章 中日の情報化の教育ツールの概要

第一節 マルチメディアツール

藍墨

クラウド技術が日々発展することに伴い、藍墨は徐々に人々の視野に入ってきた。このソフトは教師が気楽に授業の管理や情報の発信など及び資料の共有と授業を展開することができる。普通の教室や課外教室で行なうときは、アンケートやブレーンストーミングなどのインタラクション教育活動を展開することができ、高い実用性を備え持つ。学生としては自分の学習に関する興味を引き出すという刺激にはなるが、生徒の移動設備を学習ツールとすることは、もはや社交用やゲーム用になっているのである。

例えば、私の学校である先生の授業の中でかつて藍墨を使用していた。このソフトを通じて先生は授業に関する段取りを完成させることができた。学生も課題に参加することができ、先生の授業内容についても迅速な評価を行なえるようになった。勉強の効率を大いに向上させ、授業中の無駄をある程度無くすことができた。

プロジェクター授業

プロジェクターは今中国での教育の中で広く使われている。プロジェクターは先生の筆舌に尽くしがたい内容を生徒の前で正確に展開することができる。従って多くの教師の好感を博している。教師はプロジェクターを通じて教育コースウェアによって最初の時間帯に学生に見せることができる。現在、超小型プロジェクターはすでに発売され、授業の隙間を補うことができる。先生の講義は資料をプロジェクターに保管する必要があり、そしてそれを学生に展示し、テキストとペンやチョークによる手間を省くことができる。

私は小学校から大学まで教室でプロジェクターによる形式で授業を受けてきた。私たちは先生の伝える内容を比較的簡単に見ることができる。この内容はテキストで分からなくても、先生の講義を聞くことができる。

第二節 電子教科書

電子教科書はその携帯の利便性や全面性、多様性などのメリットから日本の教師と学生の好感を深く受けられている。電子書籍のコンテンツの多くはすでに出版された印刷書籍の情報をデジタル文字情報化、さし絵などをデジタル化画像情報へと変換して電子ファイルにすることで、印刷、製本、流通の経費削減や省スペースをはかったものである。コンテンツは有料と無料のものに分けられるが、その多くは有線と無線のネットワークからダウンロードを完了後に読むこととなる。紙の書籍では不可能なハイパーリンク振動・音声・動画などを併用したコンテンツも存在する。電子書籍は書籍出版の形態と考えられ、そのページ内の情報はインターネットと同様にコンテンツと呼ばれる。コンテンツそのものに多様な種類があり、これを提供する側もさまざまな関係者が存在する。

第二章 中日の情報化の教育ツールの分類と社会評価

第一節 中日の情報化の教育ツールの分類

中国のマルチメディアとは

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接