是枝裕和の映画に見られる家庭観毕业论文_日语毕业论文

是枝裕和の映画に見られる家庭観毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

是枝裕和是日本新电影运动中的后起之秀,1995 年,是枝裕和首次执导了剧情电影《幻之光》,也是他从拍摄纪录片到拍电影的转变,并以此参加了威尼斯电影节获得了导演新人奖及最佳拍摄奖。随后他保持了平均三年一部剧情片的创作速度,以严谨的态度对待他的每一部作品。他总是以温和的影像来展现残酷的社会,用悠缓深远的风格展示世间人情。

本文在先行研究的基础上,以是枝裕和的多部电影作品为研究对象,以他的电影素材、主题和影像风格为中心来分析日本的家庭观,从而来探讨日本家庭观及与中国家庭观的区别。

【关键词】 是枝裕和 电影素材 影像风格 家庭观

要旨

是枝裕和は日本の新しい映画運動の中に優れた表現があるの監督。1995 年、是枝裕和は初めに「幻の光」を撮りました。これはドキュメンタリーから映画に転換するシンボルである。彼はこの映画を通してベニス映画祭に監督新人賞や最優秀撮影賞を獲得した。そして、彼は毎年一部の映画を創作するスピードを保って謹厳な創作態度で毎一の映画を対する。彼はいつも温和な映像で残酷な社会現状を直視して、悠々たるスタイルで人間の愛をあらわれる。

本文は先行研究に基づいて、是枝裕和の多くの映画作品を研究対象にし、彼の映画素材、テーマや映像スタイルを出発点として日本の家庭観を分析し、それによって映画の中に表わされた日本の家庭観と中国の家庭観の違いを探して分析する。

【キーワード】是枝裕和 映画素材 映像スタイル 家庭観

目次
  1. 始めに 1
    1. 背景説明 1
    2. 先行研究 2
    3. 研究方法 2
  2. 是枝裕和の映画の創作背景、創作生涯と映画風格
    1. 映画の創作背景--日本の新しい映画運動 3
    2. 映画の創作生涯と受賞状況 4
    3. 是枝裕和の映画風格 4
      1. 映像スタイル--客観的で自然的な画面 5
      2. ベラード方式--映画のリアリズム叙情様式 6
  3. 是枝裕和の映画に見られる家庭観
    1. 血縁を超える親子関係 7
    2. 疎遠と抑制の家族愛 8
    3. 親子の自立関係 9
  4. 中国と日本の家庭観についての比較
    1. 「家」の意義 10
    2. 女性の考え方の比較 11
    3. 両国の家庭教育の比較 12
  5. 終わりに 13

参考文献 14

謝辞 15

  1. はじめに

背景説明

国際政治の多極化と経済のグローバル化の発展に従って、アジア映画も 徐々に勃興してきていた。二十世紀の 80、90 年代から、アジア諸国は大量に現代映画の観念と伝統的な特色を融合させた新監督が現れた。日本の映画も新しい発展があった。個人的な風格を強く持っている新監督たちは、新しい映画理念や創作テクニックによって伝統的な日本映画に対して革新を行った。日本の映画革新の中の監督、例えば北野武、岩井俊二、是枝裕和、河濑直美、青山真治など、彼らは映画の新しい創作モデルを採用し、急進な政治主義を放棄して、独特な民族文化に満ちる作品を通して相次いで国際映画に登場した。彼らはたびたび海外の重要な賞を獲得して、日本映画の国際地位を向上させ、アジア映画台頭の新勢力になる。

先行研究

大卫・德泽の『日本新浪潮电影:感官物语』によって、日本映画の勢いよく現れた背景が分かる。二十世紀九十年代から、個人的な風格を強く持っている新監督たちは日本映画の歴史のステージに登場し、新しい映画の理念を提唱して、伝統的な日本映画製作モデルを破って、映画の革新人物として日本の新しい映画運動を起こした。

『日本家族史』を通して、日本の伝統的な価値観は集団主義を中核として、個体はグループに依頼して生存することを理解した。そして、日本で普通個の利益は集団利益に屈服して、家族愛という家庭観念を重視し、父親は絶対的な権威を持っている。

代表的な文献を読んた。多数の研究者の努力のおかげで、近年この課題についての研究はますます明らかになってきた。しかし、今までの研究にはふれていない問題はまだ多々残っているのを認めざるをえない。本論文では是枝裕和の映画から日本の家庭観を探ってみて、日本人の性格がもっと理解しようと思

う。

研究方法

まず、本論文は「文献研究法」という研究形式を採用して、先行研究を参考して、是枝裕和の映画を通して日本映画の特色などを説明する。

次に、具体的に是枝裕和の映画に現れた日本の伝統精神や家庭観を分析する。

最後に、本論文を通して是枝裕和の映画から日本人の家庭観をまとめようと思う。

是枝裕和の映画の創作背景、創作生涯と映画風格

映画の創作背景--日本の新しい映画運動

1990 年代末に、木下恵介、黒沢明などマスターレベルの人物が相次いで死去し、日本映画は巨匠たちの時代の幕を閉じることを宣告した。個人的な風格を強く持っている新監督たちは、新しい映画理念や創作テクニックによって伝統的な日本映画に革新を行った。これは独立製作を主な生産モデルとする、日本の新しい監督たちを主な力とする、現代の日本社会の現実的な素材を集中的に反映した映画の革新である。

是枝裕和は 90 年代半ばから後期までの日本映画の代表人物である。彼は早稲田大学文学部を卒業して、若いころにドキュメンタリーを作った。そのうち、庶民たちの生存状態に関心を持っている題材を中心にする作品が多かった。その経験は以来の映画作品を作ったことに、基礎を築いた。だから、彼は映画創作の中心も様々な庶民生活に置いて、映画人物の複雑な心と精神世界を客観的に反映した。彼は穏やかで含みのある東洋美意識で、人間の心を打つ映画作品を作り、幅広い賞賛を獲得した。

映画の創作生涯と受賞状況

是枝裕和の映画の創作の道は 1990 年代初めから、数多くのドキュメンタリーを製作した。90 年代半ばから後半にかけて、是枝裕和はドキュメンタリー製作から映画作りに転換した。

彼は 1987 年早稲田大学文学部卒業して、番組制作会社テレビマンユニオンに入社して、テレビ番組の AD をしながらドキュメンタリー番組の演出家をつとめる。1995 年に映画『幻の光』を撮った。新しい作品を発表するたびに多くの国際映画祭に招待されるなど、国内外で高い評価を受ける映画監督の一人である。主な作品として、『誰も知らない』、『ワンダフルライフ』、『歩いても 歩いても』がある。『誰も知らない』は第 57 回カンヌ国際映画祭で柳楽優弥が最優秀男優賞を受賞した。『そして父になる』は第 66 回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞したなど、世界でも高い評価を受けている。2005 年より立命館大学産業社会学部客員教授を務めた。2013 年 2 月、BPO における放送倫理検証委員会の委員を務めた。2014 年 4 月より、早稲田大学理工学術院教授に就任している。

1995 年からこれまで、彼は全部で 9 部の長いドラマを制作した、ほとんどのドラマが上映されると好评を得る。彼の映画の大半は、子供と家庭を素材した。彼は質朴な手法で現代日本の家庭を現わし、家庭の中の問題を反映して、家族関係および親の愛情に対する独特の理解と描いた。そして、彼の作品の素材は多く温かい人間性や社会に対する関心を備えている。

是枝裕和の映画の風格

本論文は是枝裕和の映画を研究する時に、彼を個性のある映画プロデューサーとして考えている。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接