納蘭の詞と漱石の俳句の比較毕业论文_日语毕业论文

納蘭の詞と漱石の俳句の比較毕业论文

2021-04-01更新

1.はじめに

    1. 問題提起 1
    2. 先行研究と研究方法 1
  1. 納蘭の詞
    1. 納蘭について 3
    2. 納蘭の作品 4
  2. 美意識について
    1. 美意識の定義と変更 5
    2. 納蘭の詞にみられる美意識 7
    3. 漱石の俳句にみられる美意識 8
  3. 納蘭の詞と漱石の俳句の比較分析
    1. 共通点 9
    2. 相違点 9
  4. 现代文学創作への啓示 11
  5. おわりに 12

参考文献 15

謝辞 16

要 旨

納蘭容若は中国の文学史において最も有名な詩人である。彼の作品の内容は個人の悲しみと恨みである。子供の頃、父親の影響で、彼は漢文化が好きになった。彼の作品の特色は清新で、悲しくて美しい。南唐後主の作品と似っているようである。彼の作品の種類が多い。例えば、愛情の物語を描くもの、なくなった妻を悼むもの、友情を称えるもの、自分の厭世情緒を描くもの、古を懐かしむものと風物、要塞の風景を描くものが多い。彼の作品を読んで、作品に現れた美意識に感動され、それを研究しようと思っていた。本文では、納蘭容若と夏目漱石の作品の美意識を比較分析を行い、両者の共通点と相違点を考察した。その結果を通して、中日現代文学創作にすこし啓示を提供できればと思う。

キーワド:納蘭容若 美意識 夏目漱石 比較分析 共通点相違点

要 旨

纳兰容若是中国文学史上最有名的诗人之一,他出生于清初国泰民安的时候,他的诗主要描写的是个人的哀怨悲伤。从小时候起就受到父亲的影响,他对汉文化有种偏执的喜爱,所以比起其他人,他太优秀了。纵观纳兰性德的词,清新旖旎,悲哀顽艳,风格颇近南唐後主。他的词中有写爱情的,悼念亡妻的,赞美友情的,描画自己厌世情绪的,也有怀古的,写风景的,描写要塞风景的……但是,纵观所有的作品,我们都能从中读出一种美意识,这是我的研究重点。在本文中,对纳兰容若和夏目漱石的作品的美意识进行比较,并分析两者的共同点和不同点。通过这一考察结果,希望为现代文学创作提供一点启发。

始めに

問題提起

中国古代では、偉大な诗人と词人がたくさんあって、誰も偉大な作品が伝わている。彼らの中で、私は納兰という人が最も好きである。私にしてみれば、納蘭容若は中国の歴史で最も偉大な詞人だと思う。昔から今まで、多くの人は納蘭容若の作品中での感情を研究して、彼らは、納蘭容若の作品に高い評価を与えている。納蘭の作品を充分読んだ後、私は彼の作品がさらに好きである。彼の作品の内容から、私は美の意識を見つけ出す。

先行研究と研究方法

邢学波の『納蘭語箋註』の中で「納蘭詞は清朝の最も重要だ。彼も詞壇の最 も有名な代表人物の一つであり、中国の文学史の上で重要な地位を占めている。納蘭の詞作は数が多くなくて、視野も広がりとは言えないが、彼は本当に極め て性ので、詞作もすべての上物で、当時と後世好評を受ける」という。

苏樱の『納蘭辞書評価』の中で「納蘭詞は清新婉丽、本心を指す。納蘭生前の詞作を出版した後、「百家争鳴」のようなセンセーション効果を発生する。彼は死んだ後、彼は「清朝の第一の詩人」、「第一学人」と呼ばれる。後世の学者も彼に高く評価される」と言う。

これに対して日本での納蘭性德研究は低調であり、いずれも 1950 年代に発表された桑山龍平氏の「納蘭性德の詞 紅楼夢の悲歌」(『中国語雑誌』5-1) や中田勇次郎氏の「詞人納蘭性德について」(『矢野禾積博士還暦記念文集』) と、90 年代の村上かおり氏の「納蘭詞小考」(『早稲田大学大学院文学研究科紀要』 1995 年第二分冊) が目につく程度である。

本研究の目的は、納蘭容若詞の美意識を分析する。また、納蘭容若の詞作と 日本の有名の俳人、夏目漱石の俳句が作品を比較して、両者の共通点と相違点 を分析する同時に、現代の文学創作への啓示となるものも分かるだろうと思う。

刑学波は納蘭の詩集に「納蘭の詩が清朝で一番優秀な詩で、清朝の詩の代表である。彼は中国文学史で重要な地位を占めている。納蘭の詩が多くて、種類が多彩である」と書いた。

まず、先行研究からわかるように、納蘭の詩は自分の人生経験を踏まえ、多彩な詩を書いた。次に、彼の部分の作品の美の意識を分析して、美の意識を形成する原因を探究する。他の作品の美の意識を掘り出す。最後、現代文学の創造に啓示を提供する。

納蘭容若と彼の作品

    1. 納蘭容若について

納蘭詞には亡国の苦痛や美しき女性や歴史論議、憂国の感情より、身の回りで起きたことを細かに記す傾向がある。相府院、金殿、守衛隊に立って人生や世界を眺めるこの貴族の青年は婚姻生活における不幸な出来事、師友が遭遇した困難、官僚政治の汚れに心を動かされ、真摯な悲しみと怒りをもって死を悼み、友を懐かしみ、古を思案し、今を悲しむ。これが納蘭詞の欠点といわれるが、愛情を描写し、亡き妻を痛み、友情を詠い、厭世感情を表すほかに、古を懐かしみ、物を詠い、辺境の光景を描くなど納蘭性徳が自分自身の悲しみ、喜び、別れ、再会を表現するとき、いろいろな形をとっている。内容性が高いなど納蘭詞はいろいろいいところもあるだろう。

納蘭性徳は満州貴族の出身で、満州八旗のうちの正黄旗に属する。曾祖父の妹が清朝の始祖であるヌルハチに嫁ぎ、皇太子の皇太極を生み、皇室と姻戚関係を結んだ。また、刑部、兵部、吏部の尚書であった父の納蘭明珠は権力が大きかった。優れた家庭環境に恵まれ、二十二歳に進士に合格した。政治界で活躍してほしいと父が期待していたが、名利を求める気がまったくなく、三十三歳の若さで亡くなった。二十二歳で進士になったあと、皇帝から側近の衛兵と任命され、康熙皇帝の巡幸に同行しいろいろな栄誉を得た。

納蘭容若という名前を知るようになったきっかけは「人生若只如初见,何事秋风悲画扇。等闲变却故人心,却道故人心易变。骊山语罢清宵半,泪雨霖铃终不怨。何如薄幸锦衣郎,比翼连枝当日愿。」という詞である。納蘭詞の中で一番知られているのはこの『木蘭花令』が、「人生若只如初见」という句は納蘭

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接