手帳の使用現状から見られる日本人の時間観念从手账使用现状看日本人的时间观毕业论文_日语毕业论文

手帳の使用現状から見られる日本人の時間観念从手账使用现状看日本人的时间观毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

不管在日本的电影,还是在电视剧中,大家都能很容易地发现,影片内的人物总是会随身携带一个小记事本。这个小本子就是现在很流行的“手帐”。时至今日,从日本的学生开始几乎每一个人都拥有一本手帐。在日本人看来,手帐具备了时间安排、未来计划、人生梦想、读书计划和安排、记录收支情况、百科等功能于一体。换言之,手帐是人生规划不可或缺的利器。

本文主要通过介绍手帐的定义、分类及手帐使用的现状分析手帐风靡日本的原因。从手帐的使用上论述日本人的时间观念。此外,通过对中国在校大学生的问卷调查,从中国实际出发,说明手帐无法在中国流行的原因和对中国人时间管理的启示。

关键词: 手帐 用途 时间管理 流行

目 次

はじめに 1

    1. 問題提起 1
    2. 先行研究 1
    3. 研究手順 3

第一章 手帳について 4

    1. 手帳の定義 4
    2. 手帳の分類 5
    3. 手帳の使用状況 10

第二章 手帳の用途 11

    1. 生活における用途 11
    2. 仕事における用途 11

第三章 手帳が流行する原因と日本人の時間管理観念 13

    1. 手帳の流行する原因 13
    2. 日本人の時間管理観念 14

第四章 中国人の手帳使用に対する啓発 15

おわりに 17

参考文献 18

謝辞 19

はじめに

一、問題提起

周知のように、日本では今手帳が大流行になっている。老若男女を問わず、ほとんどの日本人が手帳を持っていると言われている。日本人にとって、手帳は生活と仕事の欠けられないものと言える。日本人から見れば、手帳は人生の様々な方面を含め、まるで一生の略歴、仕事と生活の証明書のようなものである。生活を詳しくアレンジする方式を通じて日本人は効果的に時間を管理し、生活を整理し、効率を高め、そして、生活にムードを追加することができるようになるはずであろう。

一方、経済が急速に発展しているにつれて、人々の生活と仕事のストレスがだんだん増えている中国において、時間を有効に利用し、仕事と生活をアレンジするのは、とりわけ重要なことになる。そのため、本稿は日本人が手帳を使用する現状から、中国人に当てはまる仕事の効率を上げる方法、あるいは参考になるものを探したいと思っている。

二、先行研究

李姝昱(2014)は手帳は手控え帳(てびかえちょう)の省略であり、江戸時代、つまり「農田面積と取り入れの量」①を調査した法令体制時期から始まる と述べている。また、手帳となる商品は異なる年齢の消費者群体を中心にデザインされる。ですから、現代手帳の外観や色や設計感などは種類が多く、 内容も豊かであるとしている。組み版から見れば、手帳は四つ種類があり、 間ブロックイタプ、週間バーチカルタイプ(バーティカル)、週間レフトタ

① 「農田面積と取り入れの量」:農地の面積と作物を収穫の数量

イプ、週間ブロックタイプなどと指摘している。

邓钰(2015)によると、手帳文化は、一つの側面から人々の生活態度を反映することができるとし、手帳を通じて、人々は生活を記録し、時間を計画し、生活を細かにアレンジすることができるとしている。現在、携帯電話に、 たくさんの計画とカレンダーに関するソフトウェアがある。これらのソフト ウェアはいかにも日常を計画できるらしい。しかし、中国語に「記憶力がいいよりも、むしろメモを取ったほうがいい」ということわざがある。つまり、ペンを利用してものを記録したら、印象を深めることができると意味している。また、自分が一番快適な配列と記憶方式に基づいて、ものを書くことができ、年年の手帳をあげると自分の過去の足跡と喜怒哀楽を行間に感じられると言われる。

また、才能がある人でも、生活習慣が乱れれば力を発揮できない。正しい生活を送って健康になれば、能力を発揮できるようになる。これは長年にわ

たる教育現場の経験を通じて、陰山英男(2017)②がたどり着いた結論である。仕事とプライベートを両立に管理できるように、どこにも工夫を凝らさなけ

ればならない。陰山手帳の特徴は以下のように、

◎多忙な人でも時間管理がしやすい「縦型の週間予定表」

◎スケジュールと連動してメモがとれる「対向フリースペース」

◎仕事ごと、家族ごとの予定をひと目で管理できる「プロジェクト管理ページ」

◎アイデアをもれなく残せる「豊富な自由記述欄」(2017年版で大増量! )

◎仕事で力を発揮するための「食事・睡眠管理表」

◎今日成し遂げたことを記録できる「1行日記」

◎使い勝手に細部までこだわった「名刺ポケットamp;ペンホルダー」

そこで、本稿は手帳の定義と種類をまとめ、日本人の生活や仕事への効用

② 隂山 英男(かげやま ひでお、1958 年 3 月 7 日 – )は、日本の教育者。立命館小学校副校長、立命館大学教育開発推進機構教授。安倍内閣の諮問機関「教育再生会議」委員を歴任。小学館の通信添削学習『ドラゼミ』総監修者。元大阪府教育委員会委員長。

に基づいて、手帳の流行する現状や原因を分析してみる。また、日本人の時間観念と結び付けて民族の特性を深く討議したいと思っている。一方、中国では手帳の使用や時間の管理を提唱する同時、中国人にとっての啓発を掲示しようと思う。

三、研究手順

まず、本稿は先行研究を参考して「手帳」の定義をまとめ、具体的な分類を紹介し、日本人の生活や仕事にもたらす効用を詳しく説明する。次に、手帳が流行する現状や原因を分析し、日本人の時間観念と結び付けて考え、日本人の時間観念に隠れている民族の特性を深く討議しよう。最後、手帳が中国で流行しなかった原因及び中国人の手帳の利用に対する啓発を分析し、自分なりの考えを加えて、より具体的に検討しようと思う。

第一章 手帳について

第一節 手帳の定義

古代の中国では手帳を書く習慣は「手簿」と呼ばれ、日本ヘ伝えられてから「手帳」と呼ばれることになった。いろいろな辞典とウェブサイトから見れば、手帳の定義は多種多様である。

例えば、中国ビジネス印刷館日本小学館の『現代日漢大辞典』(1996)に よると、手帳は手帖とも表記され、手の中に納まるように小さな記録本であ る。現代では、主な用途としては、予定管理や行動の記録、メモなどに使用される。また、身分関係記録、身分証明書を兼ねるものもある。

1995年に出版された『大辞泉』によると、手帳は「いつも手元に置いて、心覚えのために様々の事柄を記録する小型の帳面」である。未来の予定を記すという手帳と比べてみれば、『大辞林』③によると、「日記」という言葉は

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接