村上春树《世界尽头与冷酷仙境》和《海边的卡夫卡》研究――从村上春树文学看其社会性毕业论文_日语毕业论文

村上春树《世界尽头与冷酷仙境》和《海边的卡夫卡》研究――从村上春树文学看其社会性毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

村上春树是日本小说家,也是美国翻译家。村上春树凭借 1979 年《且听风吟》这篇长篇小说在日本文坛出道。在那之后,势如破竹般的获得许多文学奖,不仅仅是在日本,在国外的评价也持续高涨。《世界尽头与冷酷仙境》和《海边的卡夫卡》是村上春树的两部代表作。可以说从某种意义上是可以看出村上春树作品中的社会性。

本论首先介绍村上春树的人生经历以及作品(lt;世界尽头与冷酷仙境gt;与lt;海边的卡夫卡gt;)的创作背景和故事梗概。接着分析两部作品中的文学意象。然后通过比较两部作品的内容,基于现行研究分析两部作品中所反映的社会问题以及其成因。最后也明白了对于我们的启示:村上春树作品中的人物不仅仅表现了其所在时代的孤独感,也预示着现代社会的人们所直面的孤独。现代社会既是一个充满活力,生产力迅速发展的社会,也是一个充满危机的社会。人的主观性渐渐消失,人的幸福感和生存感也被最大限度地淡化,留在人们心中的只有无尽的孤独与空虚。村上春树小说中的人物不像现实主义作品中的人物那样直视人生的悲剧命运,而是显示了像他小说中人物那样的生存方式。把孤独和无奈作为玩味的对象慢慢地体会和享受 ,显示了一种潇洒的人生态度。

关键词:《世界尽头与冷酷仙境》 《海边的卡夫卡》 社会问题 孤独

目 次

はじめに… 6

第一章 村上春樹について… 8

第二章 『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』と『海辺のカフカ』のあらすじ… 10

第一節 『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』のあらすじ

……………………………………………………………………………………10 第二節 『海辺のカフカ』のあらすじ………………………………………11

第三章 『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』と『海辺のカフカ』における社会問題… 12

第一節 『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』における社会問題… 12

第二節 『海辺のカフカ』における社会問題 14

第四章 両作品における社会問題の背景分析… 16

第一節 日本近代社会における社会問題 16

第二節 村上文学の特徴… 16

終わりに 18

参考文献 19

謝辞 21

はじめに

村上春樹は、日本の小説家であり、アメリカ文学翻訳家でもある。村上春樹は 1979 年『風の歌を聴け』と言う長編小説で日本文壇にデビューした。そのあと、破竹の勢いでいろいろの文学賞を受賞して、日本だけでなく、海外でも評価がいきなり高まっている。村上春樹ブーム、村上春樹熱、村上春樹現象という言葉も至るところにみられる。そして、村上春樹は今までも、数えきれない村上神話も作っている。

村上春樹の作品全体に漂っている喪失感、孤独感、退廃的な雰囲気は、若い世代に好まれているものであり、容易に共感を呼んでいるから、村上春樹の作品が、中国でも爆発的な人気を集めている。村上御高作が 1990 年代末期から中国に入ってきたこの十数年間に、村上作品を読むことはすでに中国の中産階級のメルクマールまたは記号のひとつとなっている。そして、村上春樹の非日本人読者のなかで、現在までのところ、中国人が圧倒的多数を占めている。村上春樹の日本版の作品と中国人が翻訳された作品を読んでいる間に、村上らしい特別な魅力に引き付けられて、すべての村上の作品を読み上げようという意欲が強くなってきた。一つの作品を読んで終わったら、なかなか興味が尽きない感じがある。

村上春樹とその作品に関する研究は非常に多く、山岸明子(2005)の『発達心理学から見た「海辺のカフカ」――なぜ主人公は危機を乗り越えることができるのか』や、田中雅史(2006)の『消滅と打開――村上春樹「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」について――』や、浅利文子(2012)の『自己回復へ向かう身体――「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」―

―』などの論文で、村上春樹の生涯や作品や地位や創作特色など多面的に分析し、大変豊かな成果を収めた。

『海辺のカフカ』と『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』は小説ではあるが、ある意味では村上春樹の作品の社会性を反映する作品であると言える。本研究は先行研究を踏まえながら、両作品から見た村上春樹文学の社会性を研究していきたい。

『海辺のカフカ』について、山岸明子(2005)は「海辺のカフカ」から見た社会問題が次のように整理されていた。父親の死は若いカフカに特に辛いことがあるようにさせなかった。カフカはかえって自分が家庭の束縛を逃げたため喜んでいるようである。不完全な家庭主で生活した主人公カフカが孤独な象徴になり、社会との交流を拒絶して、一人の自我賞玩で生活している。

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』について、王静(2014) は「世界の終わりとハードボイルド•ワンダーランド」から見た社会問題も整理された。以下は重要な内容の整理である。「世界の終わりとハードボイルド• ワンダーランド」は現代のたとえ話である。人類が繁華な都市で、不自覚的に社会の大きな車輪の部品になる。煩雑な社会規則を抜き出して自我の世界で閉鎖しても、存在感を失った。

先行研究の考察からみると、『海辺のカフカ』と『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を別々に一作品として研究されることが多いが、二作品を比較する研究は多くないようである。二作品を比較的に研究しても、ただ二作品の創作形式と主題などの類似点を述べている研究が多い。今までの研究は以上の二面で多い成果を遂げたが、二作品の相違点に関する研究があまり見られない。本研究は両作品のテキストを分析し、創作当時の社会背景をもとに、村上春樹の作品の社会性を研究していきたい。

第一章 村上春樹について

村上春樹は、日本の小説家であり、アメリカ文学翻訳家でもある。早稲田大学在学中にジャズ喫茶を開く。1979 年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビューした。1987 年発表の『ノルウェイの森』は 2009 年時点で上下巻 1000 万部を売るベストセラーとなり、これをきっかけに村上春樹ブームが起きる。その他の主な作品に『羊をめぐる冒険』、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』、『ねじまき鳥クロニクル』、『海辺のカフカ』、『1Q84』などがある。

平易で親しみやすい文章は村上がデビュー当時から意識して行ったことであり、村上によれば「親しみやすさ」で「心に訴えかける」1文章は、アメリカ作家のブローティガンとヴォネガットからの影響だということである。「文章はリズムがいちばん大事」2とは村上がよく話す言葉だが、そう思うに至った理由を次のように説明している。「何しろ七年ほど朝から晩までジャズの店をやってましたからね、頭のなかにはずっとエルヴィン・ジョーンズのハイハットが鳴ってるんですよね。」3隠喩の巧みさについて、斎藤環は「隠喩能力を、異なった二つのイメージ間のジャンプ力と考えるなら、彼ほど遠くまでジャンプする日本の作家は存在しない」4と評している。福田和也は、『作家の値うち』

5 の中で村上を夏目漱石以降で最も重要な作家と位置づけた。小野正嗣は、

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接