从村上春树早期三部作看到的社会问题毕业论文_日语毕业论文

从村上春树早期三部作看到的社会问题毕业论文

2021-04-01更新

 

要 旨

村上春樹は日本の小説家で、アメリカ文学の翻訳家である。平易で親しみやすい文章を書くことは村上がデビュー当時から意識して行ったことであり、アメリカ作家からの影響を受けたのだと言われている。『風の歌を聴け』や『1973 年のピンボール』や『羊をめぐる冒険』は彼の早期三部作で、「青春三部曲」とも呼ばれている。

本論文は村上春樹の早期三部作における社会問題をテーマにし、その関係を通じて、60 年代から 70 年代にかけての日本の社会問題を分析したうえで、村上の文学の特色などをまとめる。

本論文はまず、「青春三部曲」における主人公たちの生涯と経歴などについて一つずつ挙げて分析することによって、60 年代から 70 年代にかけての日本の青年の状況を見ていく。そして、現実の社会状況の影響について考える。また、それを通して、当時の日本の社会問題をまとめて指摘する。

次に、先行研究を踏まえながら、その社会問題を導いた原因を掘り出し、そ れと当時の日本の青年たちの状況の関係を述べることをもとに、村上春樹がそ の状況をもって社会問題を反映して批判するという結論を得る。ということは、

「青春三部曲」は 60 年代から 70 年代まで日本社会において生存していた青年たちの群像を反映する作品で、それは主人公たちの物語であるだけでなく、さらに青年全員のものでもあると言え、「僕」を含む青年たちは「安保闘争」や、

「全共闘」など、及び工業社会から消費社会への転変などを体験していたうちに、社会や他者と関わるための回路が築けず、自分の殻に閉じこもり、現実から逃避し、そのままでいわゆる理想的な生活を送ってき、村上春樹はそんな他者や社会との希薄化した現代社会を非常に嫌ったのである。

最後に、「青春三部曲」に基づいて、村上春樹早期作品の特徴とそれを形成する原因について簡単に分析する。すなわち、現実と虚構の繋がり、「矛盾」という手法の運用、及び大きな社会問題が反映できることなどである。それに、その作品はアメリカ作家からの影響をいろいろ引き受けたにもかかわらず、やはり日本文学のスタイルと特色を保った。村上春樹は両方を巧みに結び、自分がそれに対しての新しい理解と意見を付け加え、「青春三部曲」を創作したの

だと言ってもよい。

キーワード:村上春樹 「青春三部曲」 社会問題 原因

内 容 提 要

村上春树是日本小说家、美国文学翻译家。通俗易懂、基调轻盈的文章风格是村上自出道以来所一直践行的,据说是受到了美国作家的影响。《且听风吟》、

《1973 年的弹子球》、《寻羊冒险记》是他的早期三部作,也被叫做“青春三部曲”。本文以在村上春树早期三部作中的社会问题为主题,通过叙述它们之间的关系来较为深入地分析从上世纪 60 年代开始到 70 年代的日本社会问题,并尝试归纳村上文学的特点等。

本文首先通过逐一列举分析关于“青春三部曲”中的主人公们的生平和经历等,以小见大,从侧面反映从上世纪 60 年代开始到 70 年代整个日本青年一代的生存状况,并思考关于现实的社会状况对其的影响,再据此归纳指出当时的日本社会问题。

其次在先行研究的基础上,挖掘导致社会问题的原因,并通过叙述其和当时日本青年们生存状况之间的关系来得出村上春树以此反映并批判社会问题的结论。即“青春三部曲”是反映从上世纪 60 年代开始到 70 年代的日本社会中生存的青年们群像的作品,可以说它不仅是小说中主人公们的故事,更是当时整个青年们的故事,包括“我”的青年们在经历“安保斗争”、“全共斗”等运动,以及社会从工业社会向消费社会转变的过程中,封闭自我、逃避现实,过着所谓的理想的生活。村上春树十分厌恶这种人际关系稀薄化的社会。

最后基于“青春三部曲”,简单地分析了村上春树早期作品的特征及其形成的原因,即虚实结合、“矛盾”手法的运用以及能反映大的社会问题等。村上春树的早期作品虽然受到了美国作家的影响,但是仍然保留了日本文学的风格和特色。可以说他是巧妙地将两者结合起来并加上自己新的理解和意见,创作了“青春三部曲”的。

关键词:村上春树 “青春三部曲” 社会问题 原因

目 次

はじめに 1

第一章 村上春樹と「青春三部曲」 3

第一節 村上春樹について 3

第二節 「青春三部曲」のあらすじと創作背景 4

第二章 「青春三部曲」における日本社会問題 6

第一節 「青春三部曲」の日本社会問題 6

第二節 社会問題になった原因 10

第三章 村上春樹早期作品の特徴 11

おわりに 12

参考文献 13

謝辞 14

はじめに

村上春樹は日本の小説家で、アメリカ文学の翻訳家である。1979 年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞してデビューした。1987 年発表した『ノルウェイの森』は 2009 年時点で上下巻 1000 万部を売るベストセラーとなり、これをきっかけに村上春樹ブームが起きてくる。『風の歌を聴け』や『1973 年のピンボール』や『羊をめぐる冒険』は彼の早期三部作で、「青春三部曲」とも呼ばれている。

村上春樹は「青春三部曲」の中で一つの成長の物語を創作した。「迷い、探し、戻り」は「三部曲」を貫くテーマである。その中に青春そのものの傷と成長の代価もあれば、その時代の若者の困惑と孤独もある。

幸地悠作(2014)は、村上春樹の初期作品群において、主人公たちは皆、ある挫折に遭うとなると、社会や他者と関わるための回路が築けず、自分の殻に閉じこもる傾向があったと述べた1。そのうえ、「彼の作品は戦後の日本社会が人間性を捨象する高度資本主義社会へとシフトしていく中で、人はどのようにして他者や社会と関わり、生の充足を得ることができるのか。」2という疑問を投げかけた。言い換えれば、主人公たちは困難に直面した時、力を尽くして解決する代わりに、かえってやけくそになったのは必ず何か原因があるはずだということだと考える。もしかしたら、当時の時代の背景を通じて、社会問題などを考察するなら、答えが得られるはずだと思う。

柴田勝二(2008)は、「青春三部曲」では、主人公の生きる現在の時間が普通、特に具体的な年月の数字をつけることに気づいた。そして、1970 年は主人公にとって大きな転換点であり、この時から主人公を含む若者が孤立して生きていくことに陥ったと指摘した3。そういえば、村上春樹は時代的な転換をモチーフとして、表現活動を始めたのは著しいと言える。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接