凑佳苗《告白》研究毕业论文_日语毕业论文

凑佳苗《告白》研究毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

凑佳苗是出生在日本广岛县的当代著名的推理小说家。《告白》作为其处女作及代表作,反映了她大胆而又特异的作风。本论文通过传统推理小说与凑佳苗的推理小说的对比,找出了传统推理小说的特点和凑家苗独特的创作风格。

本研究主要围绕占据推理界主流位置的欧美推理和日系推理,从三个方面总结了推理小说的特点,即存在推理真相的“侦探”、具体的收集证据找出犯人的推理过程和必要的道具,例如:密室杀人、不在场证明等。然后,我以凑佳苗的

《白雪公主杀人事件》、《告白》、《赎罪》三部作品为参考,分析了凑佳苗的创作特色,即不存在侦探和推理过程、从多个角色的角度讲述事件的经过、对社会敏感问题(例如:少年犯罪、性暴力、校园欺凌等)不加修饰直接揭露、结局十分具有冲击性、在文章最后留下疑问。这些特点正是凑佳苗作品中与众不同之处。作者通过这种表现手法,暴露出上述现实社会存在的各种各样的问题引发读者的思考。

以《告白》中的事件为出发点,围绕少年犯罪,分析并总结了日本少年犯罪中存在着以自我为中心、行为冲动、好模仿、犯罪缺乏计划、倾向攻击弱者等的特征,并根据这些特征寻找了恰当的对策,即加强对未成年人的思想教育和法律教育、净化社会环境和文化市场、酌情处分和建立矫正机制。由于少年犯罪者身心不成熟,犯罪行为中存在着较强的冲动和模仿性。为此,最好的方法是对未成年人进行正确的教育和引导。

此外,我通过对《告白》文本的分析,考察了其背后所隐藏的深刻的日本社会问题。一方面,父母没能尽到家庭教育的责任,另一方面校园教育中师生关系不和谐、学生间存在欺凌现象。在论文的最后探讨了中国方面的启示是应加强相关法律的完善和社会的监管。

关键词:少年犯罪 告白 湊佳苗 推理小说 社会问题

要旨

湊かなえは広島県で生まれた現代日本有名な推理小説家である。『告白』が湊かなえのデビュー作で代表作として、湊の大胆において特異な作風を反映している。本論文は伝統推理小説と湊かなえの推理小説との比較を通し、伝統推理小説の特徴や湊の独特な創作特色を見つけた。

本研究は主に推理業界の主流である欧米推理と日系推理をめぐり、推理小説の特徴を三つの面から分析した。即ち、真相を推理する「探偵」や具体的に証拠を収集し、犯人を見つける推理過程や必要な道具立て、例えば、密室殺人、アリバイなどが存在している。そして、湊の『白雪姫殺人事件』、『告白』、

『贖罪』三冊の作品を参考し、湊の創作特色を分析してみた。「探偵役」や推理過程が存在していないことや数人の視点から事件の経緯を説明することや社会の重い問題(例として少年犯罪や性的暴行やいじめなどが挙げられる)に対し、ごまかすことなく直接に暴くことや衝撃のあるラストのことや疑問形で作品を終了することなどの特徴こそ湊の作品の独特なところである。作者はこの表現技巧を通し、現実社会に存在している上述のような様々な問題を暴き出し、読者に思考させる。

また、『告白』の中の事件を出発点とし、少年犯罪をめぐり、日本における少年犯罪の特徴を分析しまとめた。自己中心で衝動的で模倣好きで無計画で弱者を攻撃する傾向がある。そして、それらの特徴により、適当な対策を探した。つまり、未成年者の思想教育や法律教育を強化し、社会環境や文化市場を浄化し、情況を酌量して処分し、矯正機制を建立する。少年犯罪者が心身ともに不成熟なため、犯行行為に強い衝動性や模倣性が存在していることがはっきりした。そのため、正確な教育や導きを施すのは最善のやり方である。

そのほか、『告白』のテキストを分析することを通し、その背後に隠れる深刻的な日本社会の問題を考察した。一方、家庭教育に親が職責を尽くしない。他方では学校教育に師弟関係の不和や学生間にいじめなどの問題が存在して いる。最後に、中国側の啓示として、相関法律の補充や社会監督管理を強化しなければならない。

キーワード:少年犯罪、告白、湊かなえ、推理小説、社会問題

目次

はじめに 1

第一章 湊かなえと『告白』 3

第一節 湊かなえと『告白』について 3

第二節 本研究の方法と目標 4

第二章 『告白』における少年犯罪 7

第一節 推理小説の特徴及び湊かなえの推理小説 7

第二節 少年犯罪データベースからみた日本における少年犯罪の特徴…10 第三節 少年犯罪における対策 12

第三章 『告白』に隠れる日本社会問題 14

第一節 家庭教育問題 14

第二節 学校教育問題 15

第四章 『告白』の犯罪問題は中国に対する啓示 18

おわりに 20

参考文献 22

謝辞 23

はじめに

湊かなえの『告白』を脚本とし、松たか子が主演した映画『告白』を通し、この作品と初めて出会った。最初に映画『告白』を見たとき、ストーリーに非常に震撼力を感じたために、原作を読む意欲がでてきたのである。よって、湊かなえの推理小説『告白』のテキストの内容を分析し、卒論として進めていきたいと思っている。

湊かなえは日本の推理小説界で大胆において特異な作風を持っている作家であると言える。湊の作品はは社会派推理小説に属し、現実世界を作品の世界に盛り込み、文字で社会と人間の暗黒さを暴いている。『告白』ももちろんあいまいな態度を取らず、直接に事件の真相や隠れた人間性の醜悪、倫理観と価値観の葛藤を掘り出し、読者に興味深いテーマを提示していて、読者に深く作品内容及び社会を思考させる。

『告白』が湊かなえのデビュー作で代表作であるとも言える。作品は学校のプールで溺れた娘を失う中学教師が娘を殺した犯人を見つけ、終業式の日に教壇に立ち、事件の真相を語るところから始まる。湊は告白する者の口を借り、少年たちの性格、過去の経歴、家族など多面から犯罪の原因を分析し、事件の全容を如実に叙述した。『告白』に、二人の少年が罪を犯し、無辜の女の子を殺害したことから、本研究は少年犯罪(未成年犯罪)という深刻な社会問題を意識して、湊かなえの推理小説『告白』のテキストを分析し、伝統の推理小説との比較を通し、湊かなえの推理小説の特色を研究してみたい。

また、深刻な社会問題として、少年犯罪は家族や学校や社会などにも注目されている。少年犯罪が大人世界の鏡のように、社会における欠陥や問題を反映している。国内外に少年犯罪についての研究はいろいろあるが、『告白』と一緒に研究することはないようである。

今までの先行研究では、『告白』に対する作風や叙事手法があるが、少年犯罪に対する研究がまだ行わていないようである。本研究は『告白』の中の事件を出発点とし、少年犯罪の視点から、日本における少年犯罪の状況を分析し、少年犯罪の特徴およびその背後に隠れる日本社会問題を探し、どのように少年

犯罪を防ぐかについて方策を出してみたい。最後に、中国の国情を簡単に分析し、中国における少年犯罪の特徴と結びながら、作品に提示する犯罪分析は中国の少年犯罪にもどのような啓示があるかも提案したい。

第一章 湊かなえと『告白』

本研究に入る前に、まず湊かなえと『告白』について紹介しておく。作者の経歴と作品の概略を通し、その作品に隠れる時代背景と社会現状を把握する必要がある。

第一節 湊かなえと『告白』について

湊かなえが 1973 年広島県で生まれた現代日本有名な推理小説家である。広島県立因島高等学校を卒業した後、武庫川女子大学家政学部被服学科へ進学した。学生時代から江戸川乱歩や赤川次郎の作品に対する興味により、結婚後「形に残せるものに挑戦したい」[1]をきっかけにして創作を始め、作家の道に入ったのである。2005 年にデビュー作『聖職者』が第 29 回小説推理新人賞[2]を受賞し、2009 年に『聖職者』から続く連作集『告白』が第 6 回本屋大賞[3]を受賞した。本屋大賞を受賞した時のインタビューで、「まず、作家であり続ける。そして『告白』が代表作でないようにしたい」[4]と 5 年後の目指す姿を話して

いた。後程、『告白』が映画化され、2010 年度の日本映画興行収入成績で第 7 位(38.5 億円)を記録した。[5]映画『告白』のおかげで、書籍の売り上げも累計 300 万部を超える空前の大ベストセリーとなり、作者の名と一緒に「イヤミス」(読んだ後にいやな気分になるミステリー)というジャンルを世に広め

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接