岸田国士前期の劇曲における女性像 岸田国士前期戏曲中的女性形象毕业论文_日语毕业论文

岸田国士前期の劇曲における女性像 岸田国士前期戏曲中的女性形象毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

本文首先简要介绍了大正昭和时期重要的剧作家岸田国士的一些基本状况。对于在社会经济以及世界形势急剧变化的背景下作为日本新剧开创的代表作家在前期作品中所描写的女性形象做研究。利用文本分析和对比的方法对于岸田国士笔下的女性形象进行分析。 岸田国士作为海外游学归国的知识分子,不可避免地思考国家与国家,民族与世界以及在急剧变化的社会中个人家庭的矛盾。所以他笔下的女性是带着他自身的思考特意设置的形象。是岸田国士对于现实问题的另一面思考的具体表现。

关键字:岸田国士:前期作品;大正时代;女性形象

要旨

この論文はまず岸田国士について簡単に基本の情報を紹介する。本論は日本社会及び世界形勢が急激な変化が進んでいる上で、日本新劇作家を代表する岸田国士が描いた女性の特性を研究する。文献分析方と比較方で岸田国士を書いた女性の形象を研究する。岸田国士は西洋から帰国の知識人として、作品に国と国、民族と世界及び急速発展する社会に個人家庭の矛盾に強い関心を持つのは避けがたい。そして、彼が創作した女性は彼の思想をとって特に設置された形象である。つまり、作品に出た女性は岸田国士が現実問題に考えの具体的な表現である。

キーワード: 岸田国士;前期作品;大正時代;女性像

目次

はじめに 1

第一章 『古い玩具』と『チロルの秋』における位置をつける女達 3

    1. 「古い玩具』のあらすじ 3
    2. 『古い玩具』創作の目的 3
    3. 『古い玩具』における西洋女性と日本女性の比較 4

1.3.1共通点 4

①.教育 4

②.背景 4

③.女性意識 4

1.3.2 相違点 5

①.外貌 5

②.性格 5

③.愛情に対する態度 5

④.独立性 6

1.4 形成原因 6

    1. 『チロルの秋』の創作目的 7
    2. 『チロルの秋』の背景とあらすじ 7
    3. 混血の女 8

第二章 『紙風船』と『ぶらんこ』における主婦の位置づけ 9

    1. 『紙風船』と『ぶらんこ』の創作背景 9
    2. 夫婦の日常に表現した不平等 9

第三章 時代に応じて生まれた女たち 11

終わりに 13

参考文献 14

謝辞 15

はじめに

岸田国士(1890~1954)は日本大正、昭和文化時代の劇作家である。1924 年、劇曲『古い玩具』と『チロルの秋』を発表して注目を浴びた。彼はフランス演劇に傾倒し、一人でフランスに渡った。日本大使館で働きながら演劇を学んだ。そして、彼の初期の演劇にはフランス心理劇から影響を受けた作品が多い。前期の題材には外国に旅をする日本男性と外国女性の短い恋や夫婦の日常を描写することが多い。例えば、西洋を背景として『古い玩具』と『チロルの秋』や短い夫婦の日常瑣事を描写した『紙風船』と『ぶらんこ』など。しかし、

「ほぼいいつくされた感があって,改めて何かを付け加えることもないように思える。」1と大笹吉雄が岸田国士前期の作品を述べたことがある。

岸田国士の作品の中には、必ず女性が登場し、夫婦や恋人たちの中で、女性は重要的な役割を占めている。岸田国士が描く女性像は、皆それぞれ小説の中で異なる役割を果たしている。

本論文は、岸田国士の前期作品に登場する女性の様子を分析する。『古い玩具』に登場した房子とルイーズ、『紙風船』と『ぶらんこ』に登場した妻の位相及び『チロルの秋』の中に出現した西洋人ステラを中心にして分析しようとする。四つの作品に対する解読を通して、岸田国士の普遍的な女性像に関する考察を行う。また最後に岸田国士の女性観などについて結論を出そうとする。

実のところ、岸田国士の女性像を分析するにあたり、前期の四作品を選んだことには理由がある。岸田国士の創作の前期は丁度大正時代から昭和時代へのところであった。時代の雰囲気が濃い。『古い玩具』は 1924 年に完成した。同年の秋、『チロルの秋』が発表された。そして、1925 年 4 月、『ぶらんこ』を発表した一年後、四つ目の作品『紙風船』も発表された。前期の四作品は全部岸田国士がフランスから帰った後、結婚前の間に書いたものであった。この時期の作品を分析すれば、帰国後の岸田国士のこの時期の女性観が窺われる。まず、岸田国士前期の作品の内容と背景を紹介し、そして自分なりの感想を加えて、前期の作品を解読し、より具体的に女性の形象を検討しようと思う。次に、

1大笹吉雄「岸田国士の齟齬感」 『ドラマの精神史』 新水社 1983 年 6 月 p199

整理した代表例となるキャラクターを挙げて詳しく紹介する。そして、同じ作品及び二つ異なる作品の女性キャラクターの相違点と共通点を討論し、その形象が形成される原因を研究するつもりである。

第一章 『古い玩具』と『チロルの秋』位相を探す女達

「古い玩具』のあらすじ

『古い玩具』は岸田国士の前期作品で西洋女性と日本女性をと実は描写する唯一の作品である。『古い玩具』の粗筋は、絵画を勉強するために、日本からフランスに渡った白川留雄と二人の女性の感情生活を描くこと。留雄は外交官の妻である房子のサロンで画家であるルイーズに出会い、付き合ってきた。房子は留雄のために離婚を考えている。実は彼女と留雄は幼なじみであり、お互いに恋人の関係であった。しかし、房子は他の人と結婚したのであった。現在、房子は自分の愛を再び留雄に告白したが、留雄はルイーズのことを理由として拒絶した。その後、留雄はルイーズにプロポーズし、ルイーズはそれを受けた。しかし、日本人と西洋人である二人はお互いに見えないわだかまりがあった。そして、このわだかまりを取り除くために、ルイーズは留雄を誘って一緒に日本に帰ろうと主張したが、留雄が帰りたくないと彼女を拒んだ。結局、ルイーズは一人で日本へ行った。その劇の終わりは、留雄とお見舞いに来た房子二人が無限の孤独感を感じたままに幕になる。

『古い玩具』創作の目的

岸田国士は『「古い玩具」について』で、創作の目的を明らかにする。

「この作品で、私は、正面から民族問題を扱はうとしたわけではなかつた。むしろ、東洋の一青年としての孤独な旅の感傷が、わづかに戯曲といふ、当時私の関心の的であつた文学形式にもられることで満足した。で2

要するに、『古い玩具』には、岸田国士は自分のフランス遊学経験を加えて、新しい劇曲の形式を試した。その作品はかなり岸田国士自分の感情を込めた自伝のような作品である。主人公留雄と同じ、西洋に渡った知識人としての岸田国士は、世が急激で変改しつつある 20 世紀で自身の知識人としての身分を探している間に、避けられなく精神的に孤独の境地に陥ってしまった。ですから、

『古い玩具』は、明治時代から西洋文化の影響で自身に対する認識を失う日本人の精神世界を描くという作品である。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接