老龄化社会问题相关考察;高齢化社会の問題点に関する一考察毕业论文_日语毕业论文

老龄化社会问题相关考察;高齢化社会の問題点に関する一考察毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

近年来,“高龄化”是大家经常听到的一个词语。根据国际通行的标准, 如果超出 65 岁以上的老人超过 7%,或者 60 岁以上老人超过 10%,那么就进入了老龄化社会。人口老龄化是世界各国面临的共同问题,给人口计划、经济、政治、社会发展和战略问题都带来了极大的影响。本文就中日两国共同面临的老龄化社会问题进行探讨,考察其影响,并探讨改善的可能性。

关键词:老龄化社会 成因 改善方法

目 次

はじめに 1

    1. 問題提起 1
    2. 先行研究 1
    3. 研究目的 2
    4. 研究方法と手順 2

第一章 高齢化について 3

    1. 高齢化の概念 3
    2. 高齢化の実況 3

第二章 中日人口の高齢化に関する比較 4

    1. 中日人口の高齢化の現状 4
    2. 中日人口の老齢化の差異 5

第三章 人口老齢化の成因 8

    1. 出生率の低下 8
    2. 出生男女比の差異 8

第四章 高齢者社会への対策 10

    1. 強力に経済を発展させること 10
    2. 健全な養老システムの確立 10
    3. 労働力の健康を守ること 10
    4. 日本の高齢化対策からの示唆 11

おわりに 15

参考文献 16

謝辞 17

はじめに

    1. 問題の提起

今、どんな所を歩いても高齢者の人影がみられる。そして、高齢者に関するニュースもよく報道される。21 世紀は人口高齢化の時代である。人口高齢化は、世界各国において普遍的な大きな社会問題となっている。中日両国は人口高齢化過程で同じ特徴が現れている。人口の出生率が急激に低下し、中 日両国の人口高齢化態勢の根本的な原因となっている。中日両国の人口高齢 化の発展は、状況が異なり、その背後の原因も違う。

本研究は資料、報道などによって、日本の高齢化の実情を調べ、その深刻さまたもたらした社会問題を把握したい。また、中日両国の現状を比較し、その相違点と共通点を引出し、日本ではすでに成熟した養老保障システムがあるため、それを利用して、中国への提言を出したい。

    1. 先行研究

高齢化社会は世界共通の問題になった以上、それに関する研究も数多く出ていた。まず、陳勃(2010)は「高齢者社会適応の現状と対策」では、社会 学、心理学の最も重要な基礎学科、同時に伝播学や経済学、教育学のいくつかの概念と観点も利用して、高齢者社会に適応する理論を探ってみた。そして、アンケートで高齢者社会の適応実情を調査した。また、インタビューや現地調査法も利用した。具体的には、災難性突発事件(「5-12」の汶川地震を例として)における高齢者社会の適応状況を調査した。そして、調査の結果によって、それなりの対策を打ち出した。急激な人口の高齢化は、多くの社 会問題をもたらした。

また、王偉(2014)は中国、日本、韓国三つの国の人口問題の現状と特徴、 人口構造の変化に社会の発展の影響、人口政策、人口構造の変化と持続可能

な発展の理論などを比較しながら、分析を行った。この本では、中日韓三国の少子高齢化問題の深刻さ、考えられる解決策などを述べた。

さらに、樋口美雄(2013)は次のように述べた。つまり、少子高齢化のもと、働こうとする人が減る一方、雇用しようとする企業も減っている。日本の労働市場は縮小均衡に陥るとの悪いシナリオを描かざるをえなくなる。樋 口氏は最近の日本の労働市場の動きを展望して、高齢社会における問題の解決策について検討した。

    1. 研究目的

本稿の研究の目的として、主に次の三つが考えられる。(1)資料、報道などによって、日本の高齢化の実情を調べ、その深刻さまたもたらした社会問題を把握する。(2)中国の上海、北京などの大都会では、高齢化も進ん でいるため、高齢化もそのうち中国の社会問題になるだろう。本稿では、中 国での高齢化現状を調査する。(3)日中両国の現状を比較し、その相違点と 共通点を引出す。また、日本ではすでに成熟した養老保障システムがあるため、それを利用して、中国への提言を出したい。

    1. 研究方法と手順

まず、本稿は先行研究を踏みつつ、「高齢化」に関係する定義をまとめる。社会や人類への効用に基づいて、中日高齢化社会を研究する必要性や現状を 分析してみる。それから、典型的な保護策を取り上げ、自分なりの考えを加えてよりよく検討しようと思う。また、「比較法」を取る。本稿は日本の高齢化問題を研究するが、中国に役立つ意見を打ち出すため、中国との比較も行う。「比較法」によって、両国の共通する問題を引出し、問題を解決するいい策が考えられるはずである。

第一章 高齢化について

    1. 高齢化の概念

「高齢化」は近年では国民の聞き覚えがある一つの単語である。国際で通 行している標準に基づくと、もし人口の中に65歳と以上の老齢人口が7% を超えれば、あるいは、60歳以上の老齢人口が10%を超えれば、高齢化社会に入ったことになる。

    1. 高齢化の実況

日本は先進国として、20世紀90年代にもう高齢化社会に入っていた。そ して高齢化問題に対して、相応の政策と措置を採用した。中国は世界一の人口大国であり、1997年の高齢化人口は7.04%に達して、中国がすでに高齢化時代に入ることを意味している。2011年4月28日に公表された「国 務院第六回国勢調査」1によると、60歳と以上の老人はすでに13.26% に達して、高齢化傾向が加速することを表明している。

昔から、日本は人口の老齢化に対して、いろんな対策を講じていた。中日両国は一衣帯水の隣国であり、類似した所が数多く存在している。それへの実地調査はわが国の人口高齢化問題を解決する参考になると思う。けれども、結局中日両国は社会制度にあって、経済社会の発展と文化習俗などの国情方面は全て大きい差異があるため、その共通点を分析する一方、さらに重要な のはその差異を探究して、我が国の国情にそった本国人口の老齢化対策を考慮すべきであろう。

1 以下は「六回国勢調査」と称す。

第二章 中日人口の高齢化に関する比較

    1. 中日人口の高齢化の現状

日本の人口の老齢化は戦後経済が素早く回復する20世紀50年代と60 年代から始まったが、ただ70年代以前は人口の老齢化の速度はまだ比較的 に緩慢である。20世紀70年代以後、日本の人口の老齢化は徐々に加速してきた。1980年に、65歳以上の人口はすでに9.1%を占めることができて、1990年には再度12.1%まで昇り、2000年にはさらに1

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接