『隣りの女』に対する文学倫理学的批評 《隔壁女子》的文学伦理学批评毕业论文_日语毕业论文

『隣りの女』に対する文学倫理学的批評 《隔壁女子》的文学伦理学批评毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

《隔壁女子》是一部围绕着家庭主妇幸子的出轨、私奔和回归的伦理线展开的短篇小说。

这个小说不仅触及到婚姻和家庭伦理的主题,也包含着作者向田邦子对自然、人际关系、人类精神等问题的思考。因此,用文学伦理学批评方法分析《隔壁女子》是十分适合的。向田邦子主张,在人与自然的关系上,人类应该尊重自然,和自然和谐相处;在人与社会的关系上,表达出了对社会歧视的伦理观的怀疑;在人与人的关系上,重视冷淡的人际关系;在人与自我的关系上,应该基于理性,理解自己内心的真实才能走上自我调和的道路。

本论文从人与自然、人与社会、人与他人、人与自我等四个方面,采用文学伦理学批评的方法分析《隔壁女子》中的道德和伦理思想观点,进而探究向田邦子透过作品传递出的伦理诉求。向田邦子在作品中呈现了 1980 年代日本社会的伦理关系,所提出的关于伦理建设的主张至今仍发人深省。

关键词:向田邦子 隔壁女子 文学伦理学批评 伦理观 伦理诉求

目 次

はじめに 1

    1. 問題の提起 1
    2. 先行研究 1
    3. 研究の目的 4
    4. 研究方法と手順 5
  1. 『隣りの女』のあらまし 6
    1. 向田邦子 6
    2. 『隣りの女』のあらすじ 6
  2. 人間と自然との対立と統一 8
    1. 止められない都市化 8
    2. 険しい谷川岳 10
  3. 人間の社会との衝突 12
    1. 社会に認められない女 12
    2. 自由と家庭倫理との矛盾 14
  4. 人間の他人とのわだかまり 17
    1. サチ子と峰子の脆い友情 17
    2. 不調和の夫婦関係 19
  5. 人間の自分自身との戦い 21
    1. 迷いと堕落 21
    2. 目覚めと回帰 23

おわりに 25

参考文献 26

謝 辞 27

はじめに

問題の提起

「日本語多読」という授業で、私は向田邦子の作品『字のない葉書』を読んで読後感を発表した。そのとき、作品の中において暴君でありながら、照れ性でもある父という人物が心に響いた。また、作者の向田邦子も強く印象に残った。だから、それをきっかけに向田邦子の作品を読み始め、卒業論文の研究対象にしたわけである。

向田邦子のいろいろな作品を読んだ後、一番興味を持っているのは、1981 年 5 月 1 日にドラマ化され、放送された『隣りの女』である。1984 年に『文芸春秋』に発表した「隣りの女」を表題作とした短編集に集められ、向田のほかの作品のように、同じテーマでシナリオもあれば小説もあった。違うところがあっても、あらすじは大体同じである。本論文は小説を研究対象にする。

また、「文学倫理学的批評はある倫理的立場から、文学作品の解読、分析、説明をし、作家及び文学に関係する問題の研究を行う研究方法である。」①『隣りの女』は婚姻と家庭倫理というテーマに触れただけでなく、作者の自然、人間関係、人間の精神などに対する思考も含まれる。従って、文学倫理学的批評で『隣りの女』を分析ことにしようとする。

先行研究

①日本における向田邦子および『隣りの女』に関する先行研究

谷川永一氏に「始めて現れた生活人の“昭和史”」②と評判されている向田邦子の作品に対して、日本国内で、研究は非常に盛んである。主に平原日出夫、高橋行徳、山口みとみ、久世光彦などの学者がいろいろな方面において、違う角度から研究をし、豊富な成果を収めた。たとえば、昭和時代と父親像、

「家族」の見せ方、文体表現・言語特徴やユーモア表現などである。しかし、

『隣りの女』についての研究は少ない。一つは青木雨彦(1982)の「男と女

① 聂珍钊 文学伦理学批评:基本理论与术语 外国文学研究 2010 年 p14

② 向田邦子讃・谷沢永一 婦人公論 中央公論社 1979 年 3 月号 p81

の集積回路-1-処女について–向田邦子『隣りの女』」で、もう一つは高橋行徳(2007)の「向田邦子『隣りの女―現在西鶴物語』―論」である。

高橋行徳(2007)は主に『隣りの女』のシナリオに対して論述した。まず、副題「現代西鶴物語」の役目を解釈した。一つは、向田邦子がこのシナリオを井原西鶴の『好色五人女』に触発されて書いたことを示していることである。もう一つは、向田が西鶴を隠れ蓑にして、八十年代当時のテレビ界でタブー視されていた人妻の不倫を大胆に取り上げたと指摘することである。

そして、七つの章に分けてシナリオに対して詳しく分析した。第一章の『二人の女』はシナリオの二人の女性を比較し、主人公はサチ子一人だけではなく、サチ子と峰子の二人だと主張した。『音』、『サチ子の非日常』、『ニューヨーク滞在』、『峰子の復讐』、『時沢家の再生』の章は物語りの発展とともに、分析して総括した。その中に、特に、第七章の『管理人よねと浩司の役割』に、シナリオのなかに、それほど目立たない管理人は筋の展開と密接に関係することと主題に深く関与することを指摘した。

最後、「向田は家庭の犠牲になった女性だけではなく、家庭で真の幸福をつかむ女性を描くことで、新たな視点による女性の自立を示したのだ」①という結論を導いた。

②中国における向田邦子および『隣りの女』に関する先行研究

中国では、大和民族の張愛鈴と呼ばれる向田邦子についての研究は日本側ほど多くなくても、近年、だんだん活発になってくる。しかし、残念なのは、

『隣りの女』に関する研究がないのである。徐蕊(2014)は「向田邦子の小説の中の家庭内部構造の解析」で、向田邦子の創作生涯を三つ時期に分けて、それぞれの時期の作品の中の家庭構造と述べている。向田邦子の直木賞を受賞した『かわうそ』は『隣りの女』と同じく普通のサラリーマンの家庭をめぐる小説である。牟海晶(2016)は「向田邦子の小说『かわうそ』の中の人物像の解読」の中で、主人公の厚子の形象の分析を通して、厚子が伝統的な専門主婦と違い、愛嬌があっても、実は反逆児で、勇敢に婚姻の束縛を逃れると解読した。そして、夫の宅次の軟弱の形象と結びつけて、70、80 年代の

① 高橋行徳 向田邦子『隣りの女―現在西鶴物語』―論 日本女子大学紀要 2007 年 p145

日本の家庭生活の細やかな変化が見える。すなわち男性の家庭の地位がだんだん下がって、男性の家長身分の威厳が落ちてきて、伝統的な家庭が崩壊の道に踏み出したと指摘した。また、向田邦子の女性主義に傾く意図と理想的な夫婦仲がよい婚姻生活への憧れという内容にも論及した。

③文学倫理学的批評についての先行研究

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接