御宅文化对日本人的婚恋观的影响オタク文化が日本人の婚姻観に与える影響毕业论文_日语毕业论文

御宅文化对日本人的婚恋观的影响オタク文化が日本人の婚姻観に与える影響毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

はじめに 1

1、「オタク」の定義及びその歩み 2

    1. 「オタク」とは 2
    2. 「オタク」が文化になった歩み 2

2、なぜ日本人がオタクになったのか 3

    1. 社会的要因の一:世間体 3
    2. 社会的要因の二:甘え 4

3、オタク文化の影響を受けた日本人の婚姻観 5

    1. 伝統的な日本人の婚姻観 5
    2. オタク文化に接した日本人の婚姻観の変化 6

終わりに 9

参考文献 10

要 旨

日本の著しい時代変化に呼応するように、若者の間に特有の生活と関係性が指摘されてきた。オタク文化などと称される若者は増加していると言われ、他方では高齢社会を迎えた中で、どこまで日本若者の文化は社会に影響を与えるのか、というのが筆者の関心である。また、変化を求めている日本若者の間には文化的変化、特にオタク文化が浸透している。一方、誰もが様々な情報にアクセスすることができる時代に生まれた現代の日本人は、他者に仕えることを好まず、より自分を中心に置きたいと考えているのではないであろう。また、世代間格差の拡大が指摘されるなかで、これが日本人のサブカルチャーのみならず、日本社会の動向にも大きな影響を与えていると考えられる。

本稿では、オタク文化が日本人あるいは若者の婚姻観に与える影響に関する研究資料の整理を行なうことで、研究の現状と課題を浮き彫りにして、オタク文化が日本の人々に、特に若者たちに与える婚姻観の影響について詳しく解説していくことにするのが本稿の主旨である。

キーワード: オタク文化、婚姻観、若者文化、価値観

摘 要

在顺应日本显著的时代变化当中,人们也经常指摘年轻人之间特有的生活及关联性。本文所关注的重点是被称为御宅族文化的年轻人在不断增加,与此同此,在面临高龄社会的过程中,日本年轻的文化对社会带来什么程度影响。与此同时,追求变化的日本年轻人之间对文化侵袭的变化,特别是御宅文化。另一方面,谁都可以接触各式各样信息时代的现代日本人,不喜欢对他人的侍奉,考虑以自己为中心。同时,也指摘出世代间的差距扩大,这不仅是日本人的亚文化,也对日本社会的动向也产生了很大的影响。

本文,在对御宅族文化及其对日本人或年轻人的婚姻观影响进行相关研究资料整理的基础上,呈现出本文研究的现状和课题,本文的主旨就是详细说明御宅族文化对日本的人们,特别是对年轻人给予的婚姻观影响。

关键词:御宅族文化、婚姻观、年轻人文化、价值观

はじめに

日本の著しい変化に呼応するように、若者と若者に特有の生活と関係性が指摘されてきた。オタク文化などと称される若者は増加していると言われ、他方では高齢社会を迎えた中で、どこまで日本若者の文化は社会に影響を与えるのか、というのが筆者の関心である。オタクと呼ばれる人々についての辞書的な定義や主要な文献での説明、さらにその過去の出来事や事例に触れ、オタクについて一般的に述べられていることを再確認している。そもそも「オタク」という言葉が現在の意味ではじめて使われるようになったのは、コラムニストで編集者の中森明夫によるものだった。彼は、1983 年に性的メディアである『漫画ブリッコ』(俗に言うエロマンガ雑誌)誌上において、ある連載を掲載した。その時の連載のタイトルが「『おたく」の研究」というものであったという1。大塚英志によると、これは当時コミックマーケットに集まっていた若者たちが、 互いに相手のことを「おたく」と呼び合っていたことに端を発するものである。

一方、東浩紀は、オタクを「コミック、アニメ、ゲーム、パーソナル。コンピュータ、SF、特撮、フィギュアそのほか、たがいに深く結びついた一群のサブカルチヤーに耽溺する人々の総称」と説明している。また、斎藤環は、「近代的なメディア環境が、わが国の思春期心性と相互作用することによって成立した、奇妙で独特の共同体」と言っている。そして、東浩紀と共通するように、 マンガやアニメに対して噌好性を持っている人たちという記述をしている。さらに、両者に共通して見られるのは、オタクが社会的に敬遠される存在であるということである。

本稿は、多くの関連資料を調べて、日本のオタク文化についての知識を身につけ る。それから、先行研究を踏まえ、多くの研究をまとめた結果、今までの研究では、オタク文化における日本人の婚姻観に与える影響の研究は相対的に少ない。さらに、オタク文化における日本社会の受容について、その影響力は賛否両論であるが、ど ちらも日本社会の未来に関わることであり、社会全体で考える事が必要なのである。日本のオタク文化・婚姻観への影響などの社会問題などを研究してみる。対比分析 法、文献研究法などの方法を通して、オタク文化が日本の人々に、特に若者たちに 与える婚姻観の影響について詳しく解説していくことにするのが本稿の旨である。

1 大塚英志 2006、7、『オタクの精神史一九八○年代論』朝日文庫.

1、「オタク」の定義及びその歩み

「オタク」とは

現在、「オタク」という言葉は、社会一般において広範な認知を得ている。たとえば、2005 年にオタクを題材にした小説『電車男』がベストセラーになり、映画化、ドラマ化を果たし、「萌え」という言葉が流行語大賞のトップテンに選ばれた。このように世間一般の認知度は高いと思しき彼らオタクではあるが、彼らがいったいどのような人間たちであるのかということはいまいち判然としないままである。単純に「マンガやアニメのファン」がオタクなのであろうか、「パソコン関係にかなり詳しい人」というのも少なからず耳にする。ここで、オタクの定義づけ及び歩みを詳しく説明している。

そもそも「オタク」という言葉が現在の意味ではじめて使われるようになったのは、コラムニストで編集者の中森明夫によるものであった。彼は、1983 年に性的メディアである『漫画ブリッコ』(俗に言うエロマンガ雑誌)誌上において、ある連載を掲載した。その時の連載のタイトルが「『おたく」の研究」というものであったという。また、大塚英志によると、これは当時コミックマーケットに集まっていた若者たちが、互いに相手のことを「おたく」と呼び合っていたことに端を発するものであった。

一方、現代用語の基礎知識でのオタクの定義において、下記のように説明する。もともとは特定分野にのみ強い興味と深い造詣をもつ社会性の低い者をさし、社会的非難の対象であった。話し相手を「おたく」と呼ぶことから名づけられたといわれる。当初は鉄道オタクやアイドルオタクなど、さまざまな分野のマニアに対して使われたが、現在では主として強烈なアニメ・マンガファンに対して使われる。最近はオタクであることに誇りをもって公表する人も増え、その流れは世界に広がっている。アメリカでも自分が「OTAKU」であると、胸を張る若者が増えてきた。そうした男たちのなかから、キャラクターに恋をする「萌え」が生まれ、2 次元との恋愛という新しい境地に達するオタクが増えてきた。

「オタク」が文化になった歩み

1990 年代以降、特に 2000 年代に入ってからは、オタクに対する注目度の高まりが見て取れる。2005 年に、オタクたちが使い始めたとされる「萌え」という言葉

が流行語大賞のトップテンに入ったことからも、明らかであろう。2000 年代前半から、徐々にオタクたちの作品や市場が広範囲にわたって認知され始めているという印象がある。これはオタクたちに対するイメージがある程度緩和されたからではないであろう。オタクの一番有名な場所は秋葉原である。秋葉原の街は元来、家電製品を買いにニューファミリーが訪れるような電気店街であった。しかし、今の秋葉原を見ると、そこはオタクたちのメッカ的な街へと変貌していることがわかるであろう。秋葉原駅の電気街口から一歩足を踏み出せば、メイドに扮した女性がビラを配る姿を見ることができる。呼び方も「秋葉原」より「アキバ」のほうが浸透してきているようにも思えるほどである。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接