从便当看日本的食育文化手作り弁当から見られる日本の食育文化毕业论文_日语毕业论文

从便当看日本的食育文化手作り弁当から見られる日本の食育文化毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

本次研究围绕日本便当及便当中所蕴涵着的食育文化作为课题。饮食便当在日本具有非常悠久的历史,但便当的来源其实是中国,只是善于学习的日本人对便当进行了发挥和创造。日本人喜食便当,这不仅仅是一种自然形成的风俗习惯, 更重要的由此形成的便当文化。一直以来便当都是作为一种果腹的便于携带的食物。但近年随着手工便当逐渐受到重视,也开始出现了不同于以前的新的功能。便当文化影响着日本国民生活的方方面面,对于儿童教育而言,便当从食材选择, 营养平衡,颜色组合,风格设计以及就餐要求都蕴含着相应的教育意义。

关键词:便当 食育 儿童教育

はじめに

一、先行研究

近年手作りの弁当が注目されている。手作り弁当をめぐって、従来の空腹を満たす単なる携帯食とは目的も機能も異なった現象が生じている。

二、問題の提起

大量の研究の中から得た結果は、食育は日本社会の中に、政府のレベルだけでなく、国民の中でも重視されている。それに手作り弁当は家庭生活の因子の一つである。弁当を作る過程の中に、子供にどんな意識を伝えるのか、深く掘り出しなければならない、そしてこの教育方式、我々に取り入れ価値があるかどうか。

三、研究目的

本研究の目的は主に手作り弁当が日本文化での働きをめぐるのである。特に手作り弁当、食育、家庭教育の間の関係を探し出す。そして、手作り弁当の作りを通して、子供にどんな影響を与えるかと研究し、こういうの「いつの間にか」の教育方式は我が国の家庭教育にどんな悟りを与えるのか。

四、研究方法と手順

まず、本稿は「文献研究法」を採用し、先行研究を参考し、弁当の由来を分かりにして、食育文化高スピードの過程と内蔵。近くの食育に関するアンケート調査を分析し、観点を支える。

第一章 日本の手作り弁当及びその文化的理解

第一節 日本の手作り弁当とその特徴

日本は経済的に先進国であるが、弁当を会社や学校に連れる習慣が残っている。弁当食文化は日本の最も誇りの一つとして記述することができ、日本人の生活の不可欠な部分である。子供のお弁当、お弁当のカップル、駅弁、アニメーション昼食など様々な種類がある。動物や植物のいくつかの形状を米を調理し、作らない場合スクランブルエッグ、白米、黒海藻、黄金の玉子焼きなど様々なアニメのキャラクターの中で最も複雑な、唯一の最も簡単なお米を作ることができる。毎日の仕事の前に、妻は弁当で手の込んだ夫のために大好きだし、素敵な、繊細なランチの子どもたちのために準備されたが、それらは、子供たちの食欲を聞かせてさせ、日本人の母親に子供のための無限の愛が含まれ、せっかくしてきた。多くの幼稚園や学校では、生徒の昼食を供給し始め、多くの子どもたちが昼食に学校に行く残っている。特にゲームや旅行してる中で、子どもたちは自分の食べ物を持参する必要があるとされている。中国の大学のキャンパスでは、毎回のランチは、常に学校のカフェテリア方向に急いで圧倒する。日本の大学のキャンパスでは、ほとんどの学生は、常に自分の昼食を持参、周りに散乱される食堂に行くことを選択し、一時的な人身売買の屋台やコンビニへ食べることが多い。子どもたちが一緒に食事を共有し、知識のすべての種類について話す彼らの知識を広げるために、関係を構築することができる。

第二節 弁当文化と日本人の生活

一、 時間や資源を大切にする意識の育成

サラリーマンにとって、弁当にするの最も便利な点は時間の節約である。そして、日本の弁当は基本的に一人分だから、浪費を避けられる。日本人の心の中に時間を大切に、食糧を節約しの願いがあるこそ、弁当が日本で人気が出てきて、徐々に弁当文化が形成してきた。それによって、弁当の歩んできた道は日本人の質素に暮らす意識を証明できる。

二、 繊細・唯美の美意識の表れ

各々の弁当は芸術品のように作られていて、スタイルが違ている。色のとりどり、造形の組み合わせ、特に子供にの母の手作り弁当、いつも可愛い漫画キャラが作られている。たとえば、ドラえもん、くまモンなどは弁当の主役である。次に栄養バランスにの重視がその特徴である。子供にの弁当は体の成長のために工夫をし、若い女性ための弁当は美容やダイエットなどに工夫するだろう。例えどんな弁当でも、栄養のバランス丹念にし、蛋白質と各ビタミンと合理的に組み合わせる。よって、簡単的にできそうな弁当は一人の基本的の生理ニーズを満足できるだけでなく、各弁当は妻として、母としての濃いの愛情を含んでいる。

日本の美は繊細的な美である。日本人は大自然を敬い、自然と一体にしたい。積極的に自然から食糧を取るとともに、自然に深い感謝の気持ちを持ている。注意深い、敏感、唯美なものを追及するから、サービス業の中に、いつも完全無欠を目指すように努力し、ただ一つの弁当でも、全部の熱を注ぐように作っている。このような弁当はきっと食用者を快いさせる。

三、 優秀な外来文化の摂取

料理の一つの特色は外来飲食文化の取り入れである。昔は中華料理を勉強し、面の料理を食べ始まった、段々いろいろのタンメンを創造した。明治維新以降、西洋料理を取り入れた後、ハンバーガーとフランス料理が多数の日本人に好ま れている。

弁当を具体に言うと、中華料理、フランス料理は弁当の一つ特色になる。特にいくつの料理店は中華料理式弁当とフランス料理式弁当を積極的に発売し、値段は相対に高くしている。

よって、弁当、極普通の日本式飲食方式から、外来文化にの取り入れも見られる。それに、途切れない勉強し、良いところを取り入れて、改造して、日本化し、民族化しだからこそ、今の極開放的な、包容的、民族的な日本文化ができている。

第二章 手作り弁当と日本の食育文化

第一節 食育とは

明治のベストセラー『食道楽』の中で、作者の村井弦斎は「体育の根源も食物にあるし、智育の根源も食物にある。体育よりも智育よりも食物が大切ではないか」と書いている。しかし江原ほかが、「戦中戦後の食糧難時代も、その後の高度経済成長の飽食時代も、(中略)食育をおろそかにしてきた。大量生産、大量輸入、大量流通、大量消費、大量廃棄の現代、様々な食をめぐる問題が噴出して、食育の必要性が論じられるようになってきた」と書いているように、国民運動としての食育が始まるのは「食育基本法」が制定されてからのことである。

2002 年、自由民主党内に「食育調査会」が発足し、2004 年に「食育基本法

大網」をまとめた。そして 2005 年に「食育基本法」が大変なスピードで成立した。「食育基本法」の前文には、豊かな人間性をはぐくみ、生きる力をつけるには、何よりも「食」が重要であることが述べられている。手作り弁当は食育としての機能を担っている。2003 年、竹下和男が始めた子供の教育のための「弁当の日」は全国各地に広がりを見せている。「弁当の日」に共感した佐藤剛史が提唱した「弁当力」はメディアで取り上げられ大きな話題を呼んだ。

2008 年制定の「食育基本法」によって国民運動としての食育が始まって、地方自治体でも手作り弁当と食育を結びつけた取り込みがなされている。2011 年二月に実習された弁当のメリットについてのアンケート調査によると、「子供に弁当を作ることは、食育につながると思うか」という質問に対し、「とてもそう思う」という回答が 41.6%、「ややそう思う」という回答が 43.9%であり、回答者の8割が手作り弁当が食育につながると答えた。

第二節 食育の推進に関する諸課題

食育に関し、基本理念を定め、国、地方公共団体等の責務を明らかにすると ともに、食育に関する基本的事項を定めており、2005 年 7 月に施行された。食育は、生きる上での基本であって、知育、徳育、体育の基礎となるべきも

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接