对日本妖怪的文化分析——以河童和稻荷明神为中心日本の妖怪に対する文化的要素の研究―河童と稲荷明神を中心に毕业论文_日语毕业论文

对日本妖怪的文化分析——以河童和稻荷明神为中心日本の妖怪に対する文化的要素の研究―河童と稲荷明神を中心に毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

一直以来,妖怪在日本文化中占有重要地位。最近,以妖怪为题材的各种作品层出不穷,并且大受欢迎。接触日本妖怪后,发现日本的妖怪形象和中国的有很大不同。所以趁此机会,分析日本妖怪形象的独特之处以及探讨对日本文化有怎样的影响。妖怪虽然是封建思想的产物,但却反应出人们对自然的恐惧,对社会的期望。本文将通过对河童和稻荷神的形象的研究,来分析妖怪对日本文化的作用,对人们的影响。

本文首先对日本妖怪的定义、形成、变化进行阐述。然后对河童的历史、形象、性格进行分析,探讨现代河童与大众文化的紧密关系。最后通过对稻荷神的产生、在日本人们心中的位置,以及其使者狐狸探究,可以发现稻荷神与日本的稻作文化以及日本人的宗教意识有着重要关系。

由于日本是一个岛国,资源短缺,所以日本人对大自然充满了崇敬之情。人们将自己对美好生活的期望,寄托在这些妖怪身上。希望它们可以给自己带来美好的生活。

关键词:日本文化 形象 妖怪 河童 稻荷神

目次

はじめに 1

一、問題の提起 1

二、先行研究 1

三、研究の目的 2

四、研究方法と手順 2

第一章 日本における「妖怪」 3

第一節 「妖怪」とは 3

第二節 「妖怪」の変遷及びその確立 4

第三節 時代とともに変わる妖怪の姿 5

第二章 「河童」の誕生と日本文化との関わり 7

第一節 水神様の使者である「河童」から妖怪としての「河童」へ 7

第二節 「河童」のイメージとその性格 7

第三節 現代の河童と大衆文化 9

第三章 稲荷明神を通してみた日本文化 11

第一節 稲荷明神と稲作文化 11

第二節 稲荷明神の使者--狐 12

第三節 稲荷明神と日本の宗教意識 14

終わりに 17

参考文献 18

謝 辞 19

はじめに

一、問題の提起

日本文化の授業をきっかけに、梦枕貘の『陰陽師』を読み、日本の妖怪文化に興味を生じた。日本の妖怪に出会った後、日本の妖怪のイメージと中国のことは大きく違いがある気がする。文献から見れば、大部分の日本妖怪が中国から発展し変化する。しかし、たくさんの妖怪のイメージに日本の特徴が付けられる。例えば、中国で「天狗」が月食の代表であるが、日本で鳥のイメージになる。どうしてこういった変化があるかと思って、妖怪の課題を研究することにした。

妖怪はいつも物語と一緒に現れる。物語は人が一つの地方から他の地方へと連れられる。他には、別の人に中継される。そして、異文化の環境に堅実で定着して、発展してくる。それで、これらの妖怪は少し自身の元素を留めて他の国の大部分の特徴を加わる。

論文を準備する時、河童と稲荷明神といった日本文化と深く関わりがある 妖怪のイメージに焦点を当ててきた。今、多くの研究者の努力のおかげで、 現代の妖怪文化の発展と変化及び稲荷明神と狐の関係について検討してきた。が、河童と稲荷明神に対して善悪両面性があるという問題は、まだ残ってい るようである。それに、河童と稲荷明神といった妖怪を生み出す主な文化要 素について検討したい。

二、先行研究

松村薰子氏が『現代日本の妖怪文化』との論文において、「18 世紀後半から妖怪は絵師によると、あるキャラクター像を与えられるから、怖がられる真実感が徐々になくなる。このキャラクター像を与えられて、妖怪が小説、浮世絵などの大衆文化の題材になって、人間に注目されて受けられる」と指摘してきた。河童を利用して地方の経済を振興する活動に対して分析してきた。これらのイメージは河童の物語に取捨選択していた後、人間の希望や需要をたくさん加わって創作されてくる。その他の妖怪像も同じ理由によって描きだされてきて、今の大衆文化に妖怪の超人気を形成していると述べてい

る。

林方園氏が『日本社会における狐のイメージについての検討』との論文において、「日本で稲荷明神と言えば、狐に結びつく。稲荷信仰は原始的な土着な宗教と仏教に習合し、庶民の間に定着するため、強大な勢力を持つようになる。狐は稲荷神に同一視され、尊い信仰対象になった。」と指摘してきた。日本の狐は善悪両面性があることを分析してきた、現代に至って、その善悪両面性のイメージがすでに定着し、しかも稲荷神と同一視され崇拝されているという善の方面が悪の方面を凌ぐと述べている。

三、研究の目的

本研究の目的は河童や稲荷明神などの起源と発展過程に基づいて、日本妖怪が伝統と現代の日本文化に対する影響を分析してみる。河童は日本人の心に、悪ふざけが好きな子供のイメージである。そのイメージが中国の妖怪と比べて、ちょっと違うような気がする。どのような文化は河童のイメージを出現させるかと考える。そのほかに、稲荷明神が昔から、様子が確立できない。ただその使者が狐とのことが知られている。その状況は大部分の神とあまり似ていない。河童や稲荷明神を始め、彼らのイメージの特徴を探して日本文化の独特なところを検討してみる。そして、河童と大衆文化や稲荷明神と宗教意識などの関係を見つけてみる。

四、研究方法と手順

まず、本稿は「文献研究法」を採用し、先行研究を参考し、日本の妖怪文化を説明して、歴史、発展や現状を分析する。小説やドラマなどを通して、日本妖怪文化の表現をまとめる。次に、稲荷明神や河童を中心に日本妖怪のイメージの特徴を探してまとめる。最後に、文化の視点からその特徴を形成できる理由を見つけ、自分の見地を立てようと思う。例えば、日本妖怪と日本人の自然観や宗教観や中国文化の伝承などの関係を検討する。

第一章 日本における「妖怪」

第一節 「妖怪」とは

古代も現代も、妖怪の物語は人々が興味深げに話す話題である。妖怪の定義については、日本の辞書にはこう解説している。広義には、日常の経験や理解を超えた不思議な存在や現象ということを意味するが、狭義には、恒常的に祭祀されていない、人々に恐怖感を与え、さらには災厄をもたらすこともある霊的存在もしくは怪異現象の総称である。日本は伝統な宗教の信仰はすべての説明できない異状を妖怪の存在にあるせいにする。またこれらのことは人間が勝たない力を持っている。その中に、異類は妖怪の現象の起源と見なす。

西方文化圏の民間伝説の中に、いわゆる妖怪は大体妖精を指すことである。文化人類学のすべての物も精神を持っている理論の中に「妖怪」は妖怪や妖精を包んでいる。

中国の文献において、「妖怪」という言葉は二つの意味がある。一つは「不思議なもの」で、おかしくて悪の本質を持つ現象に対して特定せずに指すことである。ここの「妖怪」のは災害の前兆ということである。その災害は個人の罹病、財産の損失を指してもいい。同時に、社会の騒乱と王朝の崩壊とはいえる。もう一つは「化け物」である。民間の信仰の中に、妖怪と化け物は基本的に同じもので、あるいは交換できるものである。それは人の特性を持って霊力がある超自然的な生き物が長生して精霊に化けることである。いわゆる妖怪は古代に広義や狭義を区別することである。狭義には、服、歌や草木など物がおかしい。広義には、鳥と獣、昆虫やイナゴの被害など不思議な現象である。

そのほかに、幽霊に関して、死者の魂を指している。それは日本のと同じであるにもかかわらず、中国の幽霊が鬼と霊魂に傾いている。日本の夜叉にそっくりである。それから見える、日本は中国からの漢字の「妖怪」を使っているが、意味がそれと違った気がする。

第二節 「妖怪」の変遷及びその確立

日本では妖怪の起源は縄文時代に遡ってもいい。この時期、人間は自然の中に起こるいろいろな現象を解釈できない。また、島生まれの彼らはときどき自然災害に襲われた。自然は生存の環境を与えてくれるが、同時に災害をもたらした。民衆は自然に対して畏敬の念を抱いた。人間はなぜ災害が起こるのかという解釈を求めた。そこで、妖怪に関して伝説が次々と出て来た。人間は妖怪を利用して、自分で制御できない力を説明していた。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接