对日本无障碍设施的考察日本におけるバリアフリーに関する考察毕业论文_日语毕业论文

对日本无障碍设施的考察日本におけるバリアフリーに関する考察毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

现如今人们为了追求残疾人便利的生活,无障碍设施的建设急速发展起来。在亚洲地区,日本拥有最完善的无障碍设施。例如,人行道装有声音的提示器,在公共设施中轮椅可以自由顺利的通过,地铁里设计升降电梯等等。本文主要介绍日本的无障碍设施的种类特征和文化。我们通过了解日本的无障碍设施,进行中日对比,学习日本的先进经验,讨论其对于解决当前中国无障碍设施问题的借鉴意义。通过了解日本无障碍设施的设计理念,学习到了日本人以人为本的思想和平等与尊严的确保。我认为,有必要学习日本无障碍设施发展的文化和思想,以促进中国无障碍设施的发展。

关键词:无障碍设施、 以人为本、 启示

目录

はじめに 6

一、問題の提起 6

二、先行研究 6

三、研究目的 7

四、研究方法と手順 7

第一章 日本におけるバリアフリーの変遷とその特徴 8

第一節 バリアフリーとは 8

一、バリアフリーの定義 8

二、日本の歩道、エレベーター、トイレを例に 8

第二節 日本におけるバリアフリーの確立とその現状 10

第三節 日本のバリアフリーの特徴 10

第二章 日本のバリアフリーの特徴から見た文化的要素 12

第一節 日本のバリアフリーの設計理念 12

第二節 人間本位の思いやり 12

第三節 平等と尊厳の確保 13

第三章 中国のバリアフリーの示唆 14

第一節 中国のバリアフリーの現状とその特徴 14

一、中国のバリ アフリーの現状 14

二、南京を例にしてみる中国のバリアフリーの特徴 15

第二節 中日のバアフリーの相違点 16

第三節 日本のバリアフリーから中国の問題への示唆 18

終わりに 19

謝辞 20

参考文献 21

はじめに

一、問題の提起

初めてバリアフリー施設という言葉に接触したのは大学二年生の時だった。当時、日本から戻ってきた友達から日本のバリアフリー施設はかなり完備し

ているため身体障碍者は普通に社会活動に参加できると聞いて、かなり興味

を持っていた。中国のバリアフリー施設はそこまでできないから、それ以降、ずっと日本のバリアフリー施設に関心を持ち、中国で活用できる経験と方法

を勉強したいと思われる。

周知のごとく、中国のバリアフリー施設の問題はかなり人を悩ませていて、親戚と友達の協力がなければ、身体障碍者は独自で出かけることもできない

のである。それに対して、日本人は問題を解決した。日本人の優秀な技術と思想を勉強すべきだと思われる。

本稿は日本バリアフリー施設の現状、バリアフリー施設が表現した日本人の人間本位思考を了解し、筆者が日本バリアフリー施設に対する理解を加わり、日本バリアフリー施設が中国に対する啓示を研究した。

二、先行研究

谢浩は、中華の建設の新聞の「バリアフリー設計を話す」をもとに、バリアフリーの概念を指摘している 。バリアフリーとは、身体障害者と老人のために便利な行動の施設を提供するものであると述べている。バリアフリーの目的は身体障害者と老人のために自由な行動があって、彼ら平等に社会生活に参与することができて、いっしょに物質の文化の成果を享受する。

樊行は、モデルチェンジと再構造の「国内外のバリアフリーの施設の情況を建設する比較と啓発」をもとに、1960 年から、日本は整っているバリアフリーの施設の設計準を制定して、20 世紀に 80 年代、バリアフリーの法律を公布した。これから見抜いて、日中のバリアフリーの施設の建設の始まる時間が異なって、もっと早く日本のバリアフリーの施設を建設した。

三、研究目的

本研究の目的は、日本のバリアフリーの施設の基本的な情況を理解して、特徴がなにかある。その他に、文化の原因を分析する。最後、中国のバリアフリーの施設の発展状況、中国の不足と優位を考察する 。

四、研究方法と手順

まず、本稿は「文献研究法」を採用し、先行研究を参考し、まず、日本のバリアフリーの概念、日本におけるバリアフリーの確立とその現状、日本のバリアフリーの特徴を理解して、次に日本のバリアフリーの設計理念を理解しながら 、人間本位の思いやりを分析する。また、 平等と尊厳の確保しながら、自分なりの考えを加える 。最後に、中国のバりアフりーの現状とその特徴、中日のバりアフりーの相違点、日本のバリアフリーから中国の問題への示唆を説明する。

第一章 日本におけるバリアフリーの変遷とその特徴

第一節 バリアフリーとは一、バリアフリーの定義

バリアフリーとは、身体障害者と老人のために便利な行動の施設を提供するものである。バリアフリーの目的は身体障害者と老人のために自由な行動があって、彼ら平等に社会生活に参与することができて、いっしょに物質の文化の成果を享受する。①経済が迅速に発展した日本は都市と都市の差が小さいし、工業化の完成度が高いため、比較的に完備したバリアフリー施設があって、障碍者の生活もかなり便利である。アジア全体で考えれば、日本のバリアフリー施設が一番健全だと思われる。例えば、車椅子は公共スペースで

自由に移動できるし、障碍者が無事道を渡るために信号機は設置されている。こういうのは他の国では見られないと思われる。それゆえ、バリアフリー施

設に関する情報を入手するために、日本のバリアフリー施設を研究対象にするのは一番適切な方法だと思われる。

二、日本の歩道、エレベーター、トイレを例に

1、日本のバリアフリー歩道

日本政府は 1970 年よりバリアフリー歩道を建設するために投資し始めた。

2000 年、『交通バリアー法』が発布され、バリアフリー歩道について初めて統一した要求が現れた。そして、2001 年バリアー歩道についての標準化要求が出現した。これがバリアフリー歩道が出現し、発展し、完備した過程であ

①谢浩 (2008)「关于无障碍设施的思考 」 城市 08 期

る。現在の日本では、バリアフリー歩道を建設するための新技術は運用されている。例えば、IC カードを壁に嵌めたり、歩道に設置したりする方法により、视覚障害者 が歩道に近づけると、道の情報を受信することができる。それで、より正しく方向を調べることができる。视覚障害者に対して、このような設計があるから、生活はもっと便利になっている。

2、日本のエレベーター、エスカレーター

日本のエレベーターには二列のボタンがある。高いところに設置されるボタンは一般人が使うが、身体障碍者なら、低いところに設置される方を使うことができる。ドアが開く時に、身体障碍者は車椅子で中に入ると、ドアは長時間後に閉まる設定になっている。それは障碍者とお年寄りが安心でエレベーターを利用するためにわざと設定するのである。日本の地下鉄の中で、障碍者の為に設置されるもう一つの施設がある。それはエスカレーターである。地下鉄の駅のエスカレーターは階段が多いから、身体障碍者専用のエスカレーターは設置されている。身体障害者がエレベーターに乗る時、ふだん立てるエレベーターをそっと下に置き、このような話、身体障害者の専用のエレベーターに乗ることができる。

3、日本のバリアフリーのトイレ

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接