手账与自我管理手帳と自己管理毕业论文_日语毕业论文

手账与自我管理手帳と自己管理毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

近年,中国的不少年轻人开始接触日本的手帐文化,对于手帐的利用,支持、反对的言 论众所纷纭,在信息科技发展完全的今日,手帐对于我们的日常都有哪些帮助?

本文自绪论部分开始,通过先行研究、从手帐者们对手帐的观念中了解了很多手帐对于 自我管理方面的好处,并且基于这些观念之上,决定了本论文的研究方向。

本文第一章通介绍日式手帐在是如何在日本发展的,结合以往在日本实行的问卷调查数据分析,以年收入为区分,日本人是如何利用手帐的?手帐对于这些人来说拥有着什么样的的价值?以此佐证,手帐在对于的自我规划的方面是有利处的。基于此问卷调查的基础上, 分析日本人的形象图,探讨为什么在日本会形成手帐文化?手帐对日本人又有着什么样的影响?

本文第二章通过收集各种的意见,从几个方面分析,为什么日式手帐无法在中国流行? 并针对这些言论提出笔者自己的看法和反论。其次通过问卷调查分析当下中国年轻手帐者们 对于手帐的利用过程,分析手帐在中国年轻人群的传播中起到了什么样的作用?以及分析在 利用过程中会遇到的问题,通过当下中国手帐者反映都会遇到的同一问题“不知道在手帐里 写什么”这一点引伸到第三章的内容。

本文第三章开始围绕如何更有效率的利用手帐展开讨论,通过介绍日本人会在手账里写些什么,以及对于手帐术的简单介绍,希望能对手帐者们对于手帐的有效利用起到提示作 用。作为手帐最为人广知的作用——时间管理。针对这一点,笔者认为,一个有效的时间管 理,在这个拖延症已经渐渐成为国民通病的当下,不仅可以在工作效率上加分,更能从心理 方面给人鼓励,克服拖延。而将这一切可视化的正是手帐。最后,笔者主张在手帐上记录自 己的心情,通过心情以及心境记录,可以更为直观的认识到自己的成长,更能及时的进行自我调节。

笔者认为:手帐对于自我管理的的利用不仅在于时间管理上,更多的方面是在心理和习惯,针对一个人的综合素质的培养。

希望本论文可以让更多的人能够认识到手帐的魅力。

关键词: 手帐 手帐术 自我管理 拖延症

目次

はじめに 1

    1. 背景説明 1
    2. 先行研究 1
    3. 問題提起 3
    4. 研究方法と手順 3
  1. 手帳から見る日本社会 4
    1. 日本手帳の発展史 4
    2. 日本における手帳使用の現状分析 5
    3. 手帳から見る日本人 6
  2. 中国人と手帳の出会い 8
    1. どうして日本式手帳は中国で流行らなかったか 8
    2. 中国における手帳の利用 9
  3. 正確な手帳術を身に付ける 11
    1. 手帳に何を書けばいいか 11
    2. 「先延ばし」に対して時間管理を利用する 12
    3. 常に自分の気持ちを記録する 12

おわりに 14

参考文献 15

附録 16

謝辞 19

はじめに

背景説明

手帳は手帖とも表記され、手の中に納まるような小さな記録本のことである。現代では、主な用途としては、予定管理や行動の記録、メモなどに使用される。また、身分関係記録、身分証明書を兼ねるものもある。

日本では老若男女を問わずに誰でも手帳を持ち歩いている。常に手帳を見ていて、あるいは何かを書いている。メモを取るだけではなく、人生計画を立てるための大事な道具として、手帳は日本人の日常生活に欠かせない生活用具である。

多くの中国人から見れば、手帳はノートとほぼ同じものであるが、手帳の実際の作用はノートよりもっと多くある。手帳は自分の家族や友人の誕生日や記念日などを記録することができるうえに、日々の仕事のスケジュールや将来計画を書き込むこともできる。更に日記帳や週記帳として使う人も多い。デジタル製品に囲まれた今日でも、伝統的なペンで文字を書く手帳はその独特な魅力を持っている。スマートフォンやノートパソコンなどのように充電する必要はなく、何時でも何処でもペンを取り出して、脳内に現れたアイデアを短い時間で書くことができる。それに、形式にこだわらず、文字でも図案でも、自由に表現することもできる。

近年、「手帳」は中国の若者たちにはやるようになった。彼ら/彼女たちが手帳に接触し始めるのは色々な理由があり、その中から得た物もいろいろある。何日かだけで諦めてしまう人もいるが、何年間も続く人もいる。

そこで、日本の手帳の使用情况を分析し、中国社会の現状とまとめて、手帳は自己管理方面で中国人にどんな提示があるのか検討してみたい。

先行研究

熊谷氏が、21 歳から手帳に自分の夢と計画を書き込んでいて、最終的にそれらを実現した。彼にしてみれば、夢の実現には 4 つの条件が欠かせない。1.夢

を紙に書くこと。2.強い信念を持つこと。3.能動性を保つこと。4.諦めず努力することである。彼の主張は一冊の手帳が、人の一生を左右するということである。熊谷氏(2004)は「夢を文字として書き、整理することによって

『本当にそうなりたいと思える自分の姿』が明確になりました。」と述べている。1

舘神氏は手帳を『客製化』するという案を提唱した。会社や手帳の生産メーカーではなく、使用者が自分で個人手帳を作るという主張である。市場で買えたものや手元にあるものを利用して、自分に使いやすい個人手帳を作ると、もっと自分にふさわしい、全面的なプランを立てることができる。2

2014 年に舘神氏は手帳をより活用するために、人間側の能力を高めるという、

「倒錯的」な提案をした。人間の状態を整え、能力を拡張するために、メンテナンスとパワーアップのための力を同心円状の模式図にまとめている。3

佐藤氏(2013)は「計画を可視化して、時間を節約する」と述べている。佐藤氏は四色ペンを使って、予定を色で分けて記入するというノート術を提唱した。手帳にスケジュールややりたいことを書き込むなら、時間に対して進捗管理ができる。4

和田氏が主張する陽転思考というのは、ネガティブな面を受け入れて、そのなかから「よいこと」を探して切り替えることにしたところ、決断が速くなり行動力がつき、すべてがよい方向に動きだしたという思考法である。5

北岡氏は「手帳でスケジュール管理を正しくすることができれば、生産性を一気に上げることができます。」と主張する。時間を視覚化できると、スケジュール管理が素早く的確にできるようになる。6

「知日・手帳最高」特集は「知日」特集の第 25 弾である。その中には HOBONICHI、

MIDORI、HIGHTIDE、trystrams、D-BROS、mt テープ、熊谷正寿、館神竜彦、高橋書店手帳大賞などの手帳や手帳の周辺ツールのブランドの紹介や名人たちの

1 熊谷正寿(2004)『一冊の手帳で夢は必ずかなう なりたい自分になるシンプルな方法』かんき出版

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接