家紋文化から見られる日本人の自然観(从家徽文化看日本人的自然观)毕业论文_日语毕业论文

家紋文化から見られる日本人の自然観(从家徽文化看日本人的自然观)毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

大学四年间,我在学习日本文化的基础知识时,对日本的家徽文化产生了浓厚的兴趣。但是,大学所学日本文化课程只是日本文化的缩影,因为想深入的学习这类知识,我利用课余时间,对有关日本家徽文化方面进行专门的研究。最初在日本的电视剧中了解到日本的家徽,于是对家徽产生了浓厚的兴趣并进行专门研究。从大量的资料的分类中看,日本的家徽多以动植物图案为主,为什么动植物图案的家徽占绝大多数,这其中包含了日本人怎样的自然观。通过解决这些问题,让人们更加直观的认识日本家徽,更加详细的了解日本人的自然观,藉此加深中国人对于日本文化和自然观的认知。

关键词:家徽 自然观 文化现象

目次

はじめに 1

    1. 問題提起 1
    2. 先行研究 1
    3. 研究方法と手順 2

第一章 家紋の概要 4

    1. 家紋の起源 4
    2. 家紋の分類 4

第二章 家紋の変遷 6

    1. 平安時代 6
    2. 鎌倉時代 6
    3. 戦国時代 7
    4. 江戸時代 7
    5. 明治時代以降 8
    6. 第二次世界大戦後 8
    7. 現在 8

第三章 日本の歴史の名人の家紋 9

    1. 織田信長の家紋 9
    2. 豊臣秀吉の家紋 10
    3. 徳川家康の家紋 10

第四章 家紋から見られる日本人の自然観 11

おわりに 13

参考文献 14

謝辞 15

はじめに

    1. 問題提起

日本で家紋の種類が非常に多く、その中で動植物からのものが一番多い。例えば、松、竹、柏、鹿、鳥など、聞くところによると 1 万 2 千種類以上あるそうである。家紋は日本人のどのような自然観を反映しているのか、なぜ動物紋と植物紋が家紋の過半数を占められているのか、本論文でそれらの問題を解決することによって日本人の自然観を検討していきたい。

    1. 先行研究

INDEX 编辑部[日](2015)

家紋は日本の典型的な文化の記号の一つで、それぞれの図案が一族の歴史の伝承を代表している。それは平安時代に始まったとされ、もともとはただ貴族の牛車の上の記号であった。戦国時代までに、家紋の数量とデザインは迅速に増えて、個人の特徴になった。江戸時代から、家紋の使用範囲がさらに広範で、貴族から庶民の生活に入って、商店、寺院、神社、歌舞伎の代々の名門などはすべて専属の家紋がある。『家徽里的日本史』という本は歴史事件と人物を脈絡にし、家紋の構成の元素を紹介する。

王曼琳(2013)

平安時代の醍醐天皇時代から、菊紋は日本皇室の専用紋章になり、現在の日本の法律の中に国章に対して明確な規定がないため、皇室の十六花弁菊紋を国章として使われている。菊は中国から日本に入って来て、日本での菊文化の意味も中国から来た。しかし、菊紋の発生と発展に従って、それと皇室との連係があって、そして日本人に対して特殊な意味があった。王(2013)は歴史の角度から皇室と菊紋の連係を分析して、日本文化中の自然性を反映したと指摘した。

李侠(2008)

家紋とは日本の家族の代々伝わる図案の記号で、家族の標識であると述べた。日本の家紋は日本の特色の文化の産物である。日本家紋の発生は平安時代にま

でさかのぼって、その時の藤原氏の実力が強大で、日本の朝政を独占していて、封建的な貴族が異なる図案を使って自分の身分と地位を示した。武士社会に入 った後に、もとは貴族のために持つ家紋が武士間でも迅速に普及し始めた。貴 族の家紋と比べて、武士の家紋設計の更に簡単である。江戸時代に入ると、家 紋の代表した一族の家柄の観念はだんだん薄くなり、普通の庶民も家紋を持つ ことができるようになった。家紋が日本人の自然観と家族意識を体現していて、今でも、重要な役割を果たすことができる。李(2008)は主に家紋から日本人 の自然観、家族意識、集団心理が見られると述べた。

杨剑(2015)

日本は、有名な庭園も普通の庭も日本人の自然の理念を表現した。日本のような自然を重視する国家で、日本人にとって、世の中の万物はすべて魂があった。杨剑は『古事記』の中で「活玉依昆売という美女がいて、彼女の許に容姿威儀たぐいなき美男が夜半に電光の如き早さでやって来る。二人が相愛し、まぐはひをしているうちに姫は子をはらんでお腹が大きくなった。父母が怪しんで娘に「お前は夫がないのになぜ妊娠したか」と「未婚の母」の不始末を問いつめると「麗わしき美男子がいてその姓名も知らないんだけど、夜毎に来ていっしょに寝ている間に自然懐妊したのよ」とアッサリ告白する」1と記している。これは日本語の「自然」の始まるの登場であると述べた。杨(2015)は日本人の自然観と形成の過程を分析して、文学の芸術と伝統文化などの各方面の発現様式で日本人の自然観を観察した。

袁先婷(2008)

日本と中国が文学観で意見が違う。その重要な原因の一つは自然観の異なることである。日本人は自然を愛して、自然のもとの状態を維持しようと思い、その素朴なことを維持して、これは大自然の最も美しい一面で、このような美は「もののあわれ」と考えられている。中国人はこのように思わない。袁(2008) は日本人と中国人は自然観に対する異なった観点を論述した。

    1. 研究方法と手順

1 『古事記』上つ巻

本論文は関連資料、記録と他人の研究成果を参考し、主に資料分析法、経験総括法などの方法を用い、日本の家紋に対して探究する。まず、手に入った資料を参考し、家紋について基本的に紹介する。例えば、図案の構成、歴史のゆらい、さまざまな家紋の図例などである。次に歴史の発展に沿って資料を参考して家紋の歴史の変遷を紹介する。例えば、なぜ家紋に動物紋と植物紋が家紋の大部分を占められているのか、貴族階層と庶民階層は家紋に対して設計の角度が異なり、それぞれどのような自然観を表現したがっていたのかを紹介する。織田と徳川と天皇の一族の家紋を詳しく分析し、それらの一族にどのような自然観があるのか。織田家と徳川家と皇室は日本の歴史の中に代表的な家族である。家紋がそれぞれ五葉木瓜紋、三葉葵紋、十六花弁菊紋である。その家紋の中から家族がどのような自然観を反映しているのか。それから、地理、社会、経済、政治などの違った角度から家紋が日本人の自然に対する観念を分析、推測してみる。最後に、家紋に反映された日本人の自然観を詳しく分析する。

第一章 家紋の概要

    1. 家紋の起源

家紋は一族の地位、家系などを表すために使用されてきた紋章である。神代 の昔、品物を交換する時、人々は物が混ずないように品物と自分が着ている服 に同じ目印をつけた。このような目印が家紋の始まりだそうである。平安時代、公家は重要な活動に出席するとき、牛車という貴族の車を利用した。装飾や色 が似ている牛車は見分けにくいから、車の目立っている位置にマークを付けた。つまり、家紋の最初の役割は他人の物と混乱を防ぐ目的であった。後で、古代 の日本人は「氏」を重視して、血縁関係は一族の伝承の基本で、家紋の作用が 変わってきた。

    1. 家紋の分類

家紋の数は多い。代表的な紋章が四千から五千ぐらいあると記載されている。以下、重要な家紋を紹介する。

定紋

一家族は同じ家紋を用いるべきである、でも、大きな家族には多くの分家がある。分家が時には新しい家紋を創作することがある。また、結婚、下賜などにより、一家族に数個の紋を持つようになったことも稀ではなかった。その場合は、同名字であっても異なる家紋を利用しているケースもあれば、異名字であっても同じ家紋を利用していることもあった。この紋章は、一族の定紋である。

替紋

替紋が、定紋に対して、非公式的な家紋である。裏紋、別紋、副紋、控紋などともいう。例えば、仙台伊達家は江戸中期に定紋の「仙台笹」のほかに、「丸の内に竪三つ引」「五七桐」「伊達鴛鴦」「十六菊」「雪輪に薄」「九曜」「八つ薺」の 7 つの替紋が用いられていた。

通紋

華美で装飾的な家紋は武家など少数の家や個人が独占できなく、庶民も利用されていた。江戸時代に入ると、家紋は貴族だけの物ではなく、庶民も家紋を持つようになった。

神紋と寺紋

神社や寺が使う固有の紋である、特に家紋と区別してそれらの紋は神紋や寺紋と言う。例えば、徳川葵、花菱などである。

女紋

女紋は母親から娘へ、また孫娘へ伝わる家紋である。女紋は母系血統を継続する大きなシンボルである。

植物紋

植物を素材とする紋である。例:菊、唐花、青木、銀杏、沢瀉、藤、桐、木瓜、笹、松皮菱、山桜、茗荷、松、桔梗、橘、梅、花菱、蔓柏、胡桃、梅鉢、杜若、葵、茶、桃、竜胆、亀甲、鬼蔦、栗、木扇、柏、稲穂、唐辛、巴坦木、柴、茄子、芦、大根、葛、葡萄、蒲公英、杜若、蕨、河骨、狗背などがある。

動物紋

動物を素材とする紋である。例:蝶、龍、鷹、鶴、百足、雁金、鳩、蛇、海老、兎、蝙蝠、雀、燕、猿、蝉、蟹などがある。

第二章 家紋の変遷

    1. 平安時代

縄文時代には日本の多くの土製の遺物などの祭祀用具に藁縄のような図案が飾られている。弥生時代の石室の中にも植物の図案及び竜などのトーテムの壁画が現れた。これらの図案は家紋の発生に基礎を提供した。

家紋の使用され始めた時間について平安中期と後期との二つの見解がある。平安中期、音楽や詩歌などの芸術を流行していて、公家たちは活動に参加し、黒に塗られる牛車を利用していた。自分の車が見分けにくいので、貴人は亀、団扇、唐草などの図案から自分の好きな紋様を選んで牛車を装飾した。これは家紋の起源である。平安後期にまで、貴族は血縁関係を重視してきた。公家は特定の図案を重要な場合で着る着物につけて、こうして重要な儀式では服の紋様を通して身分を見極められるようになった。その紋様は世襲的なので、この紋様はこの一族の標識になった。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接