謝罪用語から見られる日本人のポライトネス意識研究毕业论文_日语毕业论文

謝罪用語から見られる日本人のポライトネス意識研究毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

随着全球化的加深,各国之间的交流变得越来越密切。在异文化交流中,道歉是日常生活中经常会遇到的言语行为,也是极为普遍的社交行为。在异文化中,虽然道歉语存在共同点,但是语言是文化的载体,反应不同文化的语言必然也会存在着差异。所以身处不同文化中的人们在道歉行为的选择上也会有所不同。因为中国文化和日本文化有所区别,中国人道歉意味着承担责任而在日本,勇于道歉会更容易得到对方的原谅,适时适当地表达歉意是日本社会生活的一种润滑剂。所以日语是一种礼貌用语十分发达的语言,它不仅道歉的表达形式多样,而且在日本人的言语行为中,道歉用语的使用频率也很高。

通过对日汉道歉语进行的简单比较,看似相似的日汉语也存在很大区别。当我们用汉语的习惯去和日本人交际就会造成一些不愉快甚至失误。所以说从语用的角度去比较分析各国的语言习惯是有必要的,否则会造成失误,导致交际的失败。

异文化交流作为新的课题,越发被日语学习者所关注。而道歉语作为人与人之间交流的润滑剂,在与对方避免摩擦,修复人际关系的时候起着至关重要的作用。可以说道歉行为在跨文化交际中是非常重要的语言行为之一。作为日语学习者的我来说,对于中日两国道歉行为的不同,深有体会。本论文在先行研究的基础上,以电视剧调查为基础,对中日两国道歉言语行为进行比较研究。以期能够对日语学习者在跨文化交流中有一定的参考价值。关键词:日汉语道歉表达 对比研究 电视剧

要旨

グローバル化が深まるに連れて各国間の交流がますます密接になってきた。異文化コ ミュニケーションでは、お詫びことが日常生活中によくある言語行為であり、きわめて 普遍的な社交行為である。異文化の中で、謝罪用語は共通点が存在するが、言語は文化 のキャリヤーとして異なった文化を反映する場合には必ず相違が存在する。そのために、文化が異なっている人々は謝り行為の選択にも違って来る。中日文化が異なる為、中国 人の謝りとは責任を引き受けると意味することであり、日本では勇敢に謝罪することは 相手の許しが獲得しやすいと認めることであり、適時適切におわびは日本社会生活の潤 滑剤だと言われている。それで日本語は礼儀用語がとても発達した言語であり、お詫び の表現形式は多様だけではなく、日本人の言語行為中でも謝罪用語の使用頻度もかなり 高い。

中日の謝罪用語を簡単に比べることによって中日言語は似たような見えるが大きな違いも存在している。私達は中国語のある習慣で日本人と交際すればいくつか不愉快もしく誤解が引き起こる恐れがある。それで言語使いの角度で各国の言語習慣を比較および分析する必要がある。それをしなければ、誤解を生じ、交際が失敗につながることである。

異文化コミュニケーションは新たな課題としてますます日本語の学習者に注目されている。お謝罪用語は人々のコミュニケーションの潤滑剤として、相手との摩擦を避けるため、人間関係を修復する時に重要な役割を果たしている。謝り行為は異文化コミュニケーションにとって非常重要な言語行為の一つである。日本語学を学習している私にとって中日両国の謝り行為での違いが深く感じされている。本稿では、先行研究の上にドラマ調査を基礎として、中日両国の謝罪言語及び行為を比較及び研究した。日本語の学習者に異文化交流に対する一定的な参考価値があればと望んでいる。

キーワード:中日の謝罪用語 対照研究 ドラマ

目次

はじめに

    1. 問題提起 1
    2. 先行研究 1
    3. 研究目的 2
    4. 研究の方法と手順 2

第一章 謝罪用語に関する先行研究

    1. 謝罪用語の定義 4
    2. 謝罪用語の種類と特徴 4

第二章 謝罪用語に関する使用原則

    1. 謝罪用語の機能 6
    2. 謝罪用語の表現形式 6

第三章 中日の謝罪用語使用の分析

    1. 日常生活における謝罪場面 8
    2. 中日ドラマにおける謝罪場面 11
    3. まとめ 13

おわりに 14

参考文献 15

謝辞 16

はじめに

問題の提起

1978 年、イギリス学者 Bamp;L が発表した論文「言語応用の普遍的な現象:礼儀現象」では、初めて礼儀、面子等の問題を系統的に検討した。その理論は「礼儀原則」と呼ばれた。Bamp;L(1978) が提出した「メンツ論」によって、いかなる言語グループ中に普遍的な存在する社会現象として礼儀が、実は一つメンツの問題である。つまり、礼儀にも交際双方のメンツ問題だと認められる。謝るのは礼儀行為の一種である。交際中では片方の言動が相手のメンツを脅威した時に、メンツを挽回する行為で脅威を緩和させるのが必要となり、交際が順調に進行させる。謝るのはこのような一種の礼儀行為である。

日本語の中では謝罪用語の使用はとても頻繁であり、人々の日常生活と密接に関連さ れている。他人と付き合いにはどうしても間違いもしくは勘違いされることがある、こ の場合は謝ることが欠かせない行為の一種になる。したがって、謝り表現は人々が自分 の間違いを補うためであり、お互いの感情を維持すると人間関係を調和するためである。でも日本語の謝りと中国語の表現方法が一致ではない、日本語の謝り表現には謝罪の場 合だけ使用ではなく、お礼などの場合にも活用され、人々に色々困らせている。中国語 では、この面の研究は尐なくないが、中英対照のほうが多い、中日対照することが尐な い。以上で言及した、礼儀に対する表現方法には中日の区別が大きい、ただ中国語の表 現法で日本語をコピーさせるのはミスが生じる、逆にも同じである。そのため、本論文 では中日の謝り表現法からそのなかから現れた礼儀表現を分析し、このようなミスを避 けるために役に立つことを期待することである。

先行研究

徐灿が長江師範学院学報(2007)に掲載された「日本語の謝罪言葉の異同について」である。この文章は主に書いたのは謝りこと実際にも礼儀的な社会行為の一種である。日本語と中国語の中で典型的な言葉を使って謝り行為の異同から、礼儀の原則を検討することである、謝るのは礼儀行為の一種である。

当然、礼儀は相対的概念であり、まるで作者が言うような、礼儀は明らかな民族性を持つことである。言い換えれば、ある国は「礼儀正しい」と認められでも、他の国では

「行儀悪い」と見られるかもしれない、この国は「行儀悪い」と認められ、他の国は「礼

儀正しい」になるかも知れない、その為、私たちは彼らの謝り行為を一基準で評価することはできない。世界各国いずれも礼儀を提唱し、礼儀を重視し、でも礼儀正しいかどうかの評価する基準はその言語の文化背景の異により異なる。異語言文化背景により礼儀観や表現方法が違いである。中国文化と日本文化が違い為、中国人のお謝罪は責任を引き受けると意味することが、日本では、勇敢にお謝罪ことで相手の許しをより容易に得ること、適時適切に謝りことは日本社会生活の潤滑剤の一種である。したがって日本語は礼儀用語が十分に発達した言語であり、お謝罪表現形式が多様だけではなく、その上日本人の言語行為中にも謝罪用語の使用頻度が高い。また、中国人は中日謝罪用語の形式や変化が非常に多いと感じられ、主な原因は日本人が相手の地位、身分の高低、関係の親疎による適切な謝罪用語を選べる。中国語の謝罪言葉使いにもこれらの要因による変化させるが、日本語のような明らかではない。これも中国人がいつも日本語の謝罪用語を把握し難いと思う原因である。中日謝罪用語を簡単に比べると両国の言葉が似ってると見えるが大きな違いが存在することがわかった。

私達が中国語の考え方法で日本人と交際すると不愉快もしくは誤解が生じやすいことである。その為、言葉使いの角度から各国の言語習慣を比較分析することが必要であり、さもなくば誤解を生じ、交際が失敗につながることである。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接