中日のアニメの比较-----モンキー#12539;マジックと千と千尋の神隠(中日动漫比较——《大闹天宫》与《千与千寻》毕业论文_日语毕业论文

中日のアニメの比较—–モンキー#12539;マジックと千と千尋の神隠(中日动漫比较——《大闹天宫》与《千与千寻》毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

分析中日两国动漫产业的现状,发现国产动漫的不足。从参考文献中中日两国的动漫产业特点作对比,以《大闹天宫》和《千与千寻》为论证。分析《大闹天宫》和《千与千寻》的创作背景,发现创作的灵感。从灵感中得出作者想要表达的主题思想。通过《大闹天宫》和《千与千寻》的人物刻画、表现手法等探讨中日两国动漫的表现形式。从两部作品的情感表达,分析对民族传统文化和对中日两国动漫史发展的影响。最后总结中日动漫的成功经验,给国产动漫的发展提供成功的意见。

关键词:民族文化 人物刻画 主题思想 动漫产业

目 次

はじめに 1

    1. 問題の提起 1
    2. 先行研究 1
    3. 本論の目的 3
    4. 本論の研究方法と手順 3
    5. 研究難点 3

第 1 章 中日両国のアニメ・漫画の産業の現状 3

第 2 章 『モンキー・マジック』と『千と千尋の神隠し』の対比 4

    1. 『モンキー・マジック』のテーマと中華文化の表現 4
    2. 『千と千尋の神隠し』のテーマ と日本民族の伝説 6
    3. 『モンキー・マジック』と『千と千尋の神隠し』の相違点 7

第 3 章 日本のアニメが中国のアニメに与える啓示 8

    1. 『モンキー・マジック』と『千と千尋の神隠し』の作品優勢 8
    2. 日本のアニメ・漫画産業の発展の長所 9

おわりに 10

参考文献 11

謝辞 12

はじめに

問題の提起

かつて先進した中国のアニメ産業は、なぜ今はアニメーションブームをリー ドすることはできないのか。アニメ品質のギャップか、やはりアニメの産業チ ェーンのギャップか。あるいはアニメキャラクターデザインのギャップか、そ れとも民族文化表現のギャップか。これらは私が検討しようとする問題である。問題を解決することから始めて、国産アニメを復興させる。

先行研究

今、日本のアニメ・漫画産業の売上高は年間 230 兆円、純利益は年間 6000

億円に達している。アニメ・漫画産業は今や日本の第 3 の産業となり、広義では日本のGDP の十数パーセントを担っているという。

一方で、中国のアニメ・漫画産業の昨年の純利益はわずか 28 億元で、日本のアニメ・漫画産業の 6%にも満たなかった。ここからも、中国のアニメ・漫画産業と日本のアニメ・漫画産業の差がよくわかる。以下、筆者の個人的な観点から、中国のアニメ・漫画と日本のアニメ・漫画の違いについて簡単に紹介したいと思う。

      1. 革新性に欠ける

これは中国のアニメ・漫画において比較的顕著な欠点だ。キャラクターは确かにもっともらしい顔かたちをしているが、線や比率を意識しすぎていて、どれも同じような顔で想像力に欠け、味気ない。

中国のアニメ「藍猫淘気三千聞」「千千聞」などを見ても、各話の内容があまりにも似通っている。どの話も、学ぶ知識がちょっと変わっただけで同じようなストーリーばかりだ。このようないい加减な内容のどこが面白いのだろうか。どこに興味を持てばいいのだろうか。教科書の長たらしい文章と何の違いがあるのだろうか。

      1. 対象年齢は 12 歳以下

中国のアニメ・漫画の対象年齢は主に 12 歳以下の子供であり、12 歳以上の青少年が見るのは主に日本のアニメや漫画だ。

関連データによると、中国大陸部漫画市場の 99%は日本の漫画に占められており、12 歳以上の青少年のうち、中国産のアニメが好きな人はほとんどいない。

12 歳以下の子供は、人数、思想、社会的影響などの要素に制限を受けるため、視聴者の主体にはなりえない。アニメの最大の視聴者は 14 歳-30 歳の青年だ。この年齢層は思想的に成熟する段階であり、判断力もある。そして重要なのは、この年齢層は購買力があり、派生商品の主な消費者であることだ。

      1. クオリティが低い

中国のアニメを見ていると、ほとんどの作品は細かい所の色の塗り方が雑だったり、輪郭の線が非常に不自然だったり、色が全く無い部分があったりする。さらには同じシーンを一話の中で繰り返し使ったりしていることもある。無責任で、雑で、いい加减なやり方だ。

      1. ストーリが単調

ひと言で言えば、「始めの部分を見ればラストがわかる」。なぜならほとんどの中国のアニメ・漫画のテーマは「正義は絶対に悪に勝つ」だからだ。

      1. 神話をモチーフにするのが好きだが、うまく利用できていない

中国の作品は、伝統や伝説の物語と現代の生活を融合させるのが下手だ。宮崎駿氏の「千と千尋の神隠し」では日本の神話にでてくる神様が沢山登場

したが、中国はどうだろう?タイムマシンや時間の逆流ばかりで、古代は古代のまま。我々とは遠く離れた存在として扱っていて面白くない。

例えばアニメ「ナタク伝奇」を例にとると、ナタクのキャラがなんとか許容范囲であるのを除き、他のキャラクターは滑稽ですらある。例えば雷震子というキャラクターは「封神演義」では体格がたくましく、皮肉が黒く、顔立ちの丑い人だとされているが、「ナタク伝奇」ではまるでジャガイモのような姿になり下がっている。

中国のアニメ・漫画と日本のアニメ・漫画との差はこれだけではないが、とにかく中国のアニメ・漫画が日本のような高いレベルに到達するにはまだまだ長い時間がかかるだろう。

本論の目的

この二つの作品を通じ、中国両国のアニメ発展の相違点と共通点を比較し、他国の優秀なアニメの精髄を吸収し、国産アニメのさらなる復興を実現する。

本論の研究方法と手順

まず、参考文献に中日両国のアニメーション産業の特徴を対比し、『モンキー・マジック』と『千と千尋の神隠し』の例を引き出す。次に、二部の作品の人物描写、表現手法などの角度から、中日両国のアニメの表現形式を検討する。次に、二部の作品の感情の表現から民族伝統文化を研究して、それが両国それぞれのアニメ発展史にどんな影響を与えられたか研究する。最後に、中日アニメの優秀な経験を研究して、国産アニメの発展に微力を尽くす。

研究難点

中日両国のアニメーション産業のそれぞれの悪い点がある、しかし、アニメ ーション産業の発展過程で、日本のアニメは足元にも及ばないところに行った。どのような方法を通じて、中国のアニメーションが世界の文化の潮流に追いつ き、アニメーション文化大国になることができるのか。

第 1 章 中日両国のアニメ・漫画の産業の現状

日本のアニメ産業チェーンと比べると、中国のアニメ産業はまだ熟した産業運営モデルが形成されていない。目前、中国のアニメ会社において、利益を得るのは少数者である。多くは小さい利益を得て、または損失の状態にある。根本的な原因について、目前の中国アニメ産業は完全な産業チェーンがなく、産業チェーンの欠損が価値チェーンの損失を起こし、そして、アニメ産業の発展が不良循環に陥るから。今、我が国のアニメ製品はまだ初歩的な発展段階にあるため、製品の数量が少なく、品質それぞれが違っている。最も根本的なのはアニメ製品の市場化の程度が高くない。

第 2 章 『モンキー・マジック』と『千と千尋の神隠し』

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接