日本晚婚化現象の原因についての分析(关于日本晚婚化现象原因的分析)毕业论文_日语毕业论文

日本晚婚化現象の原因についての分析(关于日本晚婚化现象原因的分析)毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

近几年来,日本初婚年龄逐年上升,“晚婚化”现象一直困扰日本政府以及社会各阶层。随着社会的发展,人们对于结婚的看法和意识发生了很大的变化,选择既不结婚又不生孩子的女性数量越来越多,甚至有很多人直到退休也没有结婚。晚婚化现象直接导致日本少子化的问题,这给日本政府带来了非常重要的影响,日本政府面临着莫大的危机。本文将针对日本近几年的结婚状况,通过调查论述日本女性的结婚观念。就日本经济,社会现状来分析晚婚化现象形成的原因和带给日本社会的影响,并针对这个问题,讨论出应对的措施和方法。具体内容包括:

  1. “晚婚化”现象的现状和原因
  2. “晚婚化”现象所产生的影响
  3. 针对“晚婚化”现象采取的环境办法和应对措施

关键词:“晚婚化”现象 原因 社会现状 措施

目 次

はじめに 1

第一章 当代日本の結婚現状 2

    1. 世界的な傾向 2
    2. 日本国内の結婚状況 2

第二章 晩婚化の女性の結婚観念 4

    1. 若い女性の結婚観の変化 4
    2. 結婚相手を選ぶときに重視するポイント 5

第三章 晩婚化を形成する原因と日本に与える影響 7

    1. 晩婚化を形成する原因 7
    2. 晩婚化の影響 8

第四章 日本の晩婚化に対する対策 9

    1. 結婚難を生き抜く婚活 9
    2. 共働き夫婦支援政策 9
    3. 結婚後家事の分担 9
    4. 選択的夫婦別姓制度の助言 10

終りに 11

参考文献 12

謝辞 13

はじめに

現在、日本では、初婚年齢が年々上昇する傾向にあり、日本政府もこの「晩婚化」現象に対し、憂慮している。近年、日本に於いては、社会の発展に伴い晩婚化現象が進んでおり、人々の結婚に対する意識と考えが大きく変化したと考えられる。その為、日本社会にも多大な影響を与えていると言える。会社員としての女性は結婚適齢期を過ぎても結婚しない、また結婚しても子供を産まない、さらに一度も結婚せず定年を迎える女性も増えている。このような状況により、少子化という日本ではもっとも重要な問題の一つが発生していると言える。

本論文は、日本の晩婚化という現象を中心に、各方面にわたり述べるものとする。まずは、近年の日本社会における結婚現象を調査し、未婚女性の結婚観を論じる。また、日本経済や社会現象から晩婚化現象を形成する要因を追究し、日本社会に与える影響を分析する。最後に、女性が結婚しない原因を明らかにし、晩婚化に対する解決策を探る。

第一章 当代日本の結婚現状

世界的な傾向

現代は晩婚の時代と言える。晩婚というのは、一般の平均初婚年齢より結婚年齢が遅くになることある。現在の日本では、このような意識を持つ女性が多くなった。このように、未婚や晩婚意識を持つ女性は日本のみならず、世界的現象の一つとなっている。

国連が世界 192 カ国を対象に,1970 年代と 1990 年代で結婚等がどのように変化したかを調査した報告書によれば,1970 年代と 90 年代を比べると、世界の平均初婚年齢は 2 年近く遅くなっている。それに、晩婚化が 7 割以上の国で

みられ、平均初婚年齢は男性が 25.4 歳から 27.2 歳に、女性は 21.5 歳から 23.2 歳に上昇した。

歴史的に見れば、第二次世界大戦以前で、10 代で結婚するのは一般的と言える。当時の平均初婚年齢は二十歳前後であったが、そのような時代が長く続いたと考えられる。当時の女性の進学率が低かったこともあり、結婚するのは当然のことであったと考えられる。大戦後、特に先進国では義務教育によって、進学率が高くなり、平均初婚年齢も高くなっている。主に高学歴な女性は、経済的な自立意欲も高く、世界的に見ても晩婚傾向にあると思われる。

日本国内の結婚状況

年年上昇する未婚率

現在、日本が抱える重要な問題点の一つとして、晚婚化問題に注目しなければならない。現法律的には、結婚できる年齢は、男性 18 歳、女性 16 歳と定められているが、年々進学率が上がっていることから、18 歳以下で結婚する男女はほぼないと思われる。

現代の日本では、晩婚化が著しく進行している傾向にある。統計データによると、男性 30 歳から 40 歳の未婚率は 47.1、女性 25 歳から 29 歳の未婚率は

59.0などとなっている。しかし、未婚率は今後も上昇傾向にあると思われる。結婚できない理由として、男女ともいい出会いがないこと、さらに、男性は結

婚資金が足りないという理由もある。一方、結婚しない理由としては、男女双方とも自由を失いたくない、或いは結婚の必要性がないということである。したがって、日本全国の未婚率が下がる可能性は極めて低いと言える。

上昇する生涯独身率1

調査によると、現在の日本では、男性 5 人のうち1人が 50 歳まで一度も結婚経験がないという状況にある。特に日本では、女性の未婚率がさらに上昇す るものと思われる。2012 年、日本の未婚率は最高となった。生涯独身率が高い理由として、24 歳までに結婚しない女性は値崩れるとのことである。その 殆どの女性は結婚したくても結婚できないと思われる。その上、晩婚化に対す る問題はさらに厳しくなっていると考えられる。50 歳になっても結婚しない男女の数はさらに上昇するとみられ、一生結婚しない人も現在では珍しくない。

1 50 歳時の未婚率は生涯独身率と呼ばれている。

第二章 晩婚化の女性の結婚観念

若い女性の結婚観の変化

結婚観は日本のみならず、世界中の国に於いて注目されている話題である。昔の女性は結婚後、直ぐに子供を産んでいた。そして、仕事を辞め、家事や子育てに専念するのが一般女性の生き方であった。以前の女性にとって、結婚及び子育てにもっとも幸せを感じていた。しかし、歴史の流れに伴い、人々の社会観や人生観も変化してきた。今では、多くの女性が経済的及び精神の自立を求め、結婚することに一番の喜びを感じなくなってきた。彼女たちは一人で何でもでき、一人で生きることに不自由を感じることがなくなった。したがって必ずしも結婚する必要性を感じていなく、離婚率も高くなっている。その為、現在の日本社会には、結婚しない、子供がいない女性が多くなっている。その上、平均結婚年齢が上昇し、女性が会社で活躍し、結婚の有無にかかわらず、会社勤務の女性が多くなっている。未婚であっても、相応の社会地位や安定した生活が確保できるため、女性はますます結婚から遠ざかる傾向にある。そして、そのように未婚のままでいることが現在の日本では、一種のブームになっていると思われる。昔の社会意識は女性が結婚することが当たり前であり、現在の女性は以前よりさらに自由の生活を選択することが幸せだと考えている。

また、現在の社会観念の中で、性別意識は薄れているにもかかわらず、男性 が経済の主力という価値観も残っていると思う。したがって、男性が生活に足 る収入を得られなければ、結婚はできないという意識があり、晩婚化の現象は さらに進行し、このような状況も厳しい現状が起きる原因の一つだと思われる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接