中日両国の女性の就職観の変化(中日两国女性就业观的变化)毕业论文_日语毕业论文

中日両国の女性の就職観の変化(中日两国女性就业观的变化)毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

近代以前、中国人和日本人因为传统的儒家文化和封建思想的影响、中日女性的地位低下、权利得不到保障。没有就业的机会、只是简单的专业主妇、以家庭为全部。随着国家经济的飞速增长、受西方文化的影响、女性的地位受到了重视、拥有学习专业技能的权利、参加更多社会经济活动、开阔了眼界、就业范围变得更加广泛。日本女性的就业有一个独特的“M 字曲线”、那是因为日本女性毕业之后开始工作、有了孩子之后又回归家庭、等孩子长大后在回到职场。女性就业观的变化也给社会造成了影响、加剧了少子化和老龄化还有晚婚化。

关键词:中日 女性 就业观 地位 变化

目次

はじめに 1

    1. 问题提起 1
    2. 先行研究 1
    3. 研究の目的 1
    4. 研究方法と手順 2

第一章 日本女性就職観の变化 3

    1. 異なる時期に日本女性の就職の状況 3
    2. 婚姻、家庭、子供などから日本女性の就職観についての分析 3
    3. 教育から日本女性の就職観についての分析 4
    4. 日本女性の就職の“M 字曲線” 4

第二章 中国女性の就職観の变化 6

    1. 異なる時期に中国女性の就職の状況 6
    2. 就職観の発展を促進する政治的要因 6
    3. 結婚と出産と仕事の関係 6

第三章 中日女性の就職観の変化の比較 8

第四章 女性の就職観の変化の影響 9

    1. 晩婚化や少子化の深刻化 9
    2. 「草食系男子」と「気の強い女性」の形成 9

おわりに 11

謝辞 12

参考文献 13

はじめに

问题提起

多数の研究者の努力のおかげで、中日の女性就職観の変化の原因が徐々に明らかになる。しかし、今までの研究にふれていない問題がまだ殘っている。主に以下3点があると思う。

1、異なる時期に中日女性の就職の状況は異なる要素に影響させられる。

2、教育を受けることは直接中日女性の就職観を影響している。

3、中日女性の就職観は社会に影響がある。

先行研究

中日女性の就職観の变化を研究した著書と論文はいくつかある。例を挙げると、陈武元の「日本女性接受高等教育与就业问题研究」は教育を受けるこの視角から、20 世紀50 年代から90 年代まで日本の高等教育を受ける女性と就業問題を検討して分析する。分析する結果によって、戦後の日本の高等教育を受ける女性の就職状況は大きくの変化がある、その主な原因は教育の民主化や経済の高速発展など、特に女性の就業形態はもとの M 型雇用モードから継続雇用モードの変化、それから、女性の入学率と就業率の向上を促進すること。」ということを提起する。

赵芳と邓志宁の「日本妇女就业状况变化与原因分析」では、以前の日本女性といえば、社会的地位が低い家政婦というイメージが思い起こす。しかし、時代が移り変わるにつれ、日本女性の地位は本質的な変化が発生していく。上世纪 80 年代から、大きな変化が現れる。当時の女性は家庭を自身のすべてとしていたが。ゆっくり職場に復帰し、仕事を始めるようになっていった。このような変化は主に子女の教育や家庭の資産管理や就業などの方面に表れている。しかし、残念なことに女性の就職の変化の影響に言及しない。

研究の目的

以前、中国の女性と日本の女性の地位が似ていて、彼女たちの地位はすべて低くて、

重視されていないし、就職の機会すら持ちえない。日本の女性は第二次世界大戦から、このような状況は大きな変化がある。職場で日本女性の地位は重視されている。日本と同じ中国の女性は改革開放から、就職率も増えている。このような似ている背景には、同じ要素の影響があるかもしれない。現在では、中国の女性の就職の地位も絶えず変化しており、日本の女性の就職観の変化の原因と形式を分析した過程で、あらゆる方面から中国の女性の就職観の変化を分析した、それによって、中国の女性の就職観の変化を総括する。最後に、本稿から得られた知見を基に女性の職場での地位を重視し、女性の就職を支持することを提言する。

研究方法と手順

まず、本稿は「文献研究法」を採用し、先行研究を参考し、日本女性の就職観の変化の形式と原因を研究して、同時に、中国女性の就職観の変化の状況を分析する。自分の考えを加えて、より具体的に女性の雇用を検討しようと思う。

次に、異なる年齢層の女性を対象として、異なる年齢層の人の就職観を分析し、より具体的に研究して分析する。

最後、調査結果に基づき、具体的な分析を行って、異なる年齢層による就職観の区別の原因を考察する。

第一章 日本女性就職観の变化

異なる時期に日本女性の就職の状況

近代の日本人は古い封建思想の影響を受ける、伝統的な儒家文化が盛んに伝えられている。以前の封建制度では、日本人はとても明確な「男尊女卑」という思想を持っていた。封建社会では、男性は女性のすべてとした思想は盛んで、多くの男性は権利を持っていた、社会的地位が低かった、権利の保障が得られなかった。しかし、時代が移り変わるにつれて、明治以降、日本女性の地位は本質的に変化していく。1986 年、「男女雇用機会均等法」を実施した後、女性は管理層の比率が上昇している。その後、第三次産業の発展につれて、古い農耕文明が徐々に置き換えられて、体力を使う生産労働がますます少なくなってきた。歴史の変遷につれて、日本の女性の地位も大きく変化した。彼女たちは権利の意識を持ち始めて、農耕社会の専業主婦から仕事をはじめる主婦に転化した、日本女性の就労意識も増え続けている。それ以来、男性は体力で生産労働に従事し、同時に女性は簡単な家事労働に従事する。第二次世界大戦後、職場で日本女性の地位が重視されている。

婚姻、家庭、子供などから日本女性の就職観についての分析

昔、日本の家族構造の中で、家庭内における女性の地位が低かった。結婚後、夫や子供などの世話をすればいい。女性にとって、夫がすべてであった。肉体労働という時代において、男性が生産労働者であるのに対し、女性がそのような仕事ができないため、このような家族形態が形成した。同時に、女性が子供を産み、育てるという役割を果たすべきであるとされた。子供の世話をすることで、子供もまた女性の生活の重点となった。女性の思想が家庭に束縛されているため、当時の女性が就職する意識を持っておらず、専業主婦として生活を暮らしていた。

経済が飛躍的に発展するにつれて、家族形態も変化し続けてきた。体力労働が次第に減少しており、職場における女性の就職機会も多くなっている。女性は簡単な仕事に従事すると同時に、家庭の面倒をみるようになってきた。情報化時代の到来につれて、主婦の定義も少し変わるようになった。または現在の主婦は大変である家庭において、夫と

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接