生きる意志―吉本バナナの『キッチン』から見る啓示(生存的意志——从吉本芭娜娜的《厨房》得到的启示毕业论文_日语毕业论文

生きる意志―吉本バナナの『キッチン』から見る啓示(生存的意志——从吉本芭娜娜的《厨房》得到的启示毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

吉本芭娜娜是当代日本文坛拥有广泛知名度的女性作家之一,同时她也是著名评论家、诗人吉本隆明的次女。她成为作家的契机是受到了家庭环境的影响,但是她的成名则是凭借自己杰出的才能和不懈的努力。吉本芭娜娜的处女作《厨房》是一部拥有不可替代的重要性的作品。因为这部作品,在八十年代末九十年代初的日本掀起了“芭娜娜现象”,影响巨大。

《厨房》并不是单纯的爱情小说,吉本芭娜娜所描写的主人公们,在困难的环境中生存,互相依存,最终克服这些困难慢慢成长。这样的成长过程无疑是痛苦

的,但她的出发点绝不是悲观。吉本芭娜娜认为,虽然死亡以及人的弱点是无法避免的,但是一切行为并不是出于真心,应该说是不得已而为之。一切都是从善意出发的。这本小说向读者们传达了作者本人的生存的意志,并且洞察了当时日本年轻人的内心,受到了极大的欢迎。本论文通过研究《厨房》的主题来揭示作者的内心,同时探讨这一深刻主题所具有的教育意义。

关键词:吉本芭娜娜 社会现象 生存的意志 孤独 启示

目次

はじめに 6

    1. 作家について 6
    2. 先行研究 6
    3. 研究目的 7
    4. 研究方法と手順 8
  1. 吉本ばななの特色 9
    1. 「バナナ現象」について 9
    2. 女性時代の発展 11
  2. 小説の主題 13
    1. 孤独と成長 13
    2. 家庭の新生 15
  3. 啓示について 17
    1. 生きる意志 17
    2. 主題の教育意味 18

おわりに 20

参考文献 21

謝 辞 22

はじめに

作家について

吉本ばななは日本文壇で有名な女性作家である。彼女は評論家・詩人である吉本隆明の次女である。母は句集「寒冷前線」などを出版した俳人である。姉は漫画家ハルノ宵子である。

家庭の影響を受けたので、吉本ばななは子供の頃から、ずっと作家になるこ とを目指していた。小説を書き始めたのは小学3年生の時である。彼女も漫画が好きで、絵がうまい姉の影響されて、漫画家になりたかった時期もあった。 姉には勝てないので、では文章で勝ちたいと思った。現在、吉本ばななの作品は多くの外国語に翻訳されて、国際的に知られている日本人作家になった。

日本大学芸術学部文藝学科を卒業した後、吉本ばななは就職もせず、浅草の 喫茶店でアルバイトをしながら小説を書いた。同年 11 月には、『キッチン』は海燕新人賞を受賞して、この作品を通じて文壇にデビューした。80 年代から

90 年代にかけて、「バナナ現象」と呼ばれたの社会ブームが起こった。

『キッチン』には口語化の言葉が多く、しかし、この本を読めば深い意味を浮かすことができる。読者にとって、分りやすいと思う。この作品は当時日本の若者たちの迷う心理状態を反映し、大歓迎した。吉本ばななはいつも作品を 通じて、若者たちの感情を洞察し、新しい世代の価値観を分析したと考えている。吉本ばななはなぜ『キッチン』を書いたの、彼女の創作は今まで続けていて、作家の成長とともに、作品の風格は成熟になった。では、『キッチン』は今も社会に影響あるか。この作品が反映した若者の迷う状態にとって、対策があるか。吉本ばななはこの作品で何を伝えたいだろうか。筆者はこの作品から 得る感想を探したいと思う。

先行研究

人気がある『キッチン』は、いったいどのような魅力を持っているのか、日 本でそれに関して研究は多い。例えば、『松本孝幸の「フツー」という無意識』

(JICC 出版社 1991)、日本近代文学家である木股知史の『吉本ばななイエローページ』(荒地出版社 1997)などの代表作があった。高橋源一郎①が吉本ばななの作品は少女マンガのようだと考えている。高橋源一郎をはじめ、

吉本ばななの言語風格についての研究を進めた文章は少ない。吉本ばななはい つも彼女らしく言語風格で、大量な日常的な言葉を使って、真実な生活の感じ のような小説を書いた。松本孝幸は『キッチン』の中の死と生の関係を研究した。彼は死と生は離せないと言われて、あるいは死亡は生を含みと考えられる。小説の中で社会的な思考もあり、読者として、この本を読んだら、心の原始的な状態を戻すことができると思う。

国内では、北京言語大学の周閲教授の『吉本芭娜娜的文学世界』(宁夏人民 出版社 2005)を代表作として、吉本ばななについての研究が多い。その本は吉本ばななの初期作品を中心に、家族の構成を分析した。一方、李征の『都市空间中的“厨房”以及蔬菜、瓜果的形而上意义』(复旦外国语言文学论丛 2009.2) は吉本ばななの作品の孤独主題を掲示して、この小説を通じて、日本の若者た ちの内面を見られることができる。周異夫の『吉本芭娜娜文学的孤独主题与社会意义』(日语学习与研究 2014.12.25)もこの本の主題を分析して、夜が好きな主人公を通じて、新世代の不安を表現して、主人公ような若者たちの需要を 描いた。

要するに、吉本ばななの言語風格は鮮明で、彼女らしく考え方から、死と生の関係と孤独の意味を考えて、自分の生きる意志を読者に伝えた。

研究目的

筆者が吉本ばななの作品は社会にとって、十分な教育意味があると思う。『キッチン』を例として、新世代の内心を観察し、若者の迷う状態を掲示した。その中で、最も重要なのはこの小説の楽観的な主題だ。それはどんな困難に遭っ ても、いつでも勇気を出して、一歩ずつ進めるべきだと思われる。つまり、孤

高橋源一郎は日本日本の小説家、文藝評論家。前衛的な作風でボストモダン文学を代表する作家の一人である。

独や困難は人生の宝物である。筆者はこの主題を分析したいと思う。吉本ばななについての研究は多いけれども、文章の方向はほぼ同じだ。しかしながら、 作者の小説から伝えた生活に向いて、楽観的態度や絶境にあっても生きる意志 を持っているはずだという主題などを無視された。筆者は自分から新しく角度 を発見し、この楽観的な主題を基礎として、孤独と成長、死と生の関係や作者の生きる意志などいくつかの方面から、この本から見る啓示を述べてみよう。

研究方法と手順

まず、本稿は「文献研究法」を採用して、先行研究を参考し、研究現状を理解して、そして、この作品の言語特色を分析して、「キッチン」という形を解読する。また、自分の関心がある作品の主題の方向を選択し、より自分らしく研究したいと思う。

次に、この小説の日常的な言葉の運用し、具体的な人物の描写から、作者が伝えたいことを分析して、作品から得た啓示を描くことにする。

吉本ばななの特色

「バナナ現象」について

80 年代から 90 年代にかけて、「バナナ現象」という社会ブームは起こった。

「バナナ現象」は社会で『キッチン』を大歓迎されて、若者たちに注目された現象である。そのあと、吉本ばななは社会でだんだん有名な作家になった。で は、なぜこの社会現象を起こっただろうか。なぜ若者たちに共鳴を起こっただろうか。周異夫は吉本ばななの言語特色は多くの口語的な言葉を使うことが指摘して、従来の小説と違うのは、新しい表現方式を作ったことであると思われる。このような表現方式は若者たちは社会に反抗することを代表する。①日本 の若者たちは社会規則を支配されたと思って、不満なことが日々集まって、つ いついアメリカをはじめとして西洋国家に慕うことになった。彼たちは自分の 理想なり自由な国を追求したことがあった。しかしながら、この理想国は完璧な国ではない。彼たちはただ不正統な表現方式を通じて、この社会への不満を表現した。松本孝幸が吉本ばななの作品には、「フツー」に感じることを「フツー」に表現するが、鋭敏な感受性を持って凝りに凝った文章で描写すること がかえって堅苦しくなってしまった既成の「文学」の表現のタブーや枠組みを、鮮やかに打ち破ってしまったのだ。」と思われる。②『キッチン』を読んで、読 者は身をもって体験のような感じ、集まったストレスを解消して、そのゆえに、社会で大歓迎になった。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接