『1リットルの涙』の人気の原因についての考察毕业论文_日语毕业论文

『1リットルの涙』の人気の原因についての考察毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

在这物欲横飞的生活中,路上行人匆匆,谁也走不进别人的内心,甚至看不到自己的内心。但是看完《一公升的眼泪》之后,冰冷的心有了裂痕。主人公亚也说:“我是为了什么而活着?” “我不会动,也不能帮助别人,但我要活下去。” “我还想活下去。” ……这样的言行有力的触动到自己内心深处,也就是在这样的契机下,才会选取一公升眼泪的流行原因作为研究对象。想深刻去理解人性的懦弱,想深刻的认知自己的生活环境,想找到自己存在的位置。

本文对日本电视剧的《一公升的眼泪》进行了分析。首先对《一公升的眼泪》出现的背景进行介绍。其次对日本电视剧的《一公升的眼泪》流行现象进行梳理与总结,从电视剧中的人物设定、语言、行为等方面分析了活着的意义,从而把握《一公升的眼泪》对人们心灵的影响;最后在《一公升的眼泪》研究之中思考人性,探讨经济与社会高速发展环境下日本价值观及心理意识的变化,并对《一公升的眼泪》风靡一时的原因进行总结。

[关键词]一公升眼泪;人性;生活环境;社会发展

目 次

はじめに 1

  1. 『1 リットルの涙』について 3
    1. 『一リットルの涙』の内容 3
    2. 『一リットルの涙』の現れる背景 4
  2. 『1 リットルの涙』の人気の原因 5
    1. 真実性 5
    2. 経済発展などに伴う日本人の精神的変遷 5
    3. 作品から得たもの 7
    4. その時代の人々のニーズ 7
  3. 『1 リットルの涙』の意義 8

おわりに 9

参考文献謝辞

はじめに

『1リットルの涙』のようなドラマに反映されている人間の弱点と生きる意味に対しての系統的な研究は戴尔•卡耐基、闫彦、坂口安吾、王砚秋の研究より始めた。

まず、『1 リットルの涙』を書いたのは木藤亜也であり、十五歳の時脊髄小脳変性症を患って、二十五歳は亡くなってしまう。木藤亜也のストーリに、日本で多くの人を感動させた。病魔と抗争した十年、女の子として最も大切な青春時代の十年なのだ。『1 リットルの涙』は日本で起こった本当の物語であり、人物の名前と仕事の職務は実際のものを変えたことがない。本ドラマは同名小説で改編されたものである。2004 年に日本文芸賞に入賞され、また芥川奖などを含む有名な文学大賞に入賞された。小説の人気が高い。2004 年に映画に改編され、多くの人を感動させた。2005 にドラマに再度改編された。『1 リットルの涙』のドラマは十月十一日より十二月二十日の毎週火曜日でテレビ局によって放送された。視聴率が平均的に 15に達した。そのドラムで最も大きな優位性は二点がある。一つは深厚的な生活の基盤があり、その基盤で芸術の精髄を抽出し、当然ながら尋常以上な人を感動させる力がある。もう一つは大人気になっている映画・テレビ作品はそれなりの社会的機会に恵まれている。『1 リットルの涙』はまさに現在の物質が繁栄しているものの、精神が落ち着いていない若者に適する。劇の筋書きとなかにいる人物は彼らを考えさせられたので、人気になっているのである。

戴尔•卡耐基(1888~1955)は人間の弱点の視点から社会学と心理学の知識を運用して、人間性に対して欲望と闇を分析する。例を挙げて人は不公平に直面するとき、屈服して闇に落ちるのか、それとも運命を克服して、最後に本心を守りきるのかを述べた。

また、闫彦は、いくつかクラシックの日本のドラマと他の国のドラマで比較 して、日本文化の精神を表現する所を議論した。その中から人間性、文化と癒 しの部分はすべて現実に起こる事から掘り起こした。観衆に共鳴があった。こ のドラマの分析理論として、後世の日本ドラマ研究に大きな影響を与えている。

坂口安吾の『堕落論』の中で、第二次世界大戦の後の日本社会が非常に混乱

していたが、この作品は当時の日本人の論理観と表現方式について分析を行い、戦後の日本人を前に進めさせるために書かれた著作である。戦後、軍隊の勇士 たちも堕落しはじめ、また当時の日本人も敗戦後のマイナスの気持ちに影響さ れたため、絶えずに堕落した。そして、この作品は旧い論理道徳を否定し、決 意を表す作品でもある。

旧来の倫理や道徳の否定といった次元ではなく、偉大でもあり卑小でもある人間の本当の姿を見つめる覚悟を示している作品である。この本から生存環境の変化に従って、人の心理健康を影響しやすいことが分かった。日本のドラマにおける文化と精神を具体的に分析する。主な内容は文化の背景、生きる環境と堕落、精神の変化、癒せる要因などを反映した。

以上は読んできた代表的な文献である。多数の研究者の努力のおかげで、近年日本のドラマの影響は徐々に大きくになった。しかし、今までの研究には触れていない問題はまだ多々残っているのを認めざるをえない。また、筆者は『1 リットルの涙』の人気原因の具体的な研究が少ないことに気づいた。それで、本稿は『1リットルの涙』の人気の原因を研究しようと思う。

本論文の研究方法については、主に「文献研究法」という研究形式を採用して、先行研究を参考して、インタネットから調べた資料をまとめ、それらを基にし、社会問題などの角度から『1リットルの涙』がもたらした影響や人気の原因を研究することにする。 最後に、論文の内容をまとめる。

  1. 『1 リットルの涙』について
    1. 『1 リットルの涙』のあらすじ

『1 リットルの涙』は、二十歳で原因不明の難病・脊髄小脳変性症を発病し、昭和六十三年に二十五歳の若さで亡くなった木藤亜也さんの自らの決心、手が動かなくなるまで書き続けた日記をまとめたものである。みずみずしい感性あふれる亜也さんの文章や詩は、全国で大反響を呼び、110 万部以上を売り上げる大ベストセラーとなっており、出版から 19 年を経った今もなお、多くの人たちに生きる勇気を与え続けている。そして、映画化、フジテレビでテレビドラマ化もされた。

『1 リットルの涙』は日本で数え切れないほど多くの人を感動させた本当の物語である。日本人はその感動的な物語を映画化にした。自信、勇気、家族への愛、それらのものは人々から見るとごく普通に見える。しかしながら、生活で一番美しい部分はよくその平凡なディテールにある。物語は非常に単調で、激しいあらしの中の愛情も、複雑で常識からかけ離れているストーリーもなかったが、それを見終わると、人々は命を大事にし、自分の人生をもう一度計画を立てることにする。自分の父母に生命を与えたことに感謝の気持ちに満ちるのであろう。そのドラムで最も大きな優位性は二点がある。一つは深厚的な生活の基盤があり、その基盤で芸術の精髄を抽出し、当然ながら尋常以上な人を感動させる力がある。もう一つは大人気になっている映画・テレビ作品はそれなりの社会的機会に恵まれている。『1 リットルの涙』はまさに現在の物質が繁栄しているものの、精神が落ち着いていない若者に適する。劇の筋書きとなかにいる人物は彼らを考えさせられたので、人気になっているのである。そのドラマは一般的な感情的なドラマを超えており、感動的なドラマとなった。その真実さと素朴さは最も観衆を感動させる部分である。一部の日本ドラマはよく構成されている。シーンの設定とプロットの記述は素朴である。出演者も自然に演じ、韓国ドラムのように常識から離れて勝手にプロットを設定することなく、中国のドラムのように人を感動させる物語をうまく利用できずにイマイチの作品を作ることもない。実にこれまで人を励む映画とドラマは多数あった。

『1 リットルの涙』は初でもないし、最後でもない。人々は感動的な映画を鑑賞することができ、その人を向上させる激情と情熱が好き、「命には希望にもちおてり、これからの道は自分で開いてく」ということを感じらせる。

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接