当代中日两国女性在婚姻观上的比较-以女性择偶观与家庭观念为例毕业论文_日语毕业论文

当代中日两国女性在婚姻观上的比较-以女性择偶观与家庭观念为例毕业论文

2021-04-01更新

摘 要

当代社会经济、教育、文化都在高速发展,随之人们的婚姻观也开始发生改变。进入近现代后,中日两国的文化发展进入了不同的道路,两国女性对婚姻观有独特的思想和见解,抛弃了传统的婚姻观念,更加重视追求自我价值,但同时也渐渐显出了各自的特性。而近些年来看,在日本晚婚化现象日益明显, 甚至出现不婚主义,而中国的闪婚族和离婚率升高现象日渐严重。但其中也有共同点,两国女性受教育程度和人数都大幅提高,结婚以后继续工作的女性也渐渐增加,要求婚姻与自由的平衡成了一个新的特点。本论文想通过对中日两国女性在婚姻观文化上的比较来得出婚姻的产生及发展最终还是以稳定和谐的家庭生活为最终目标,启示年轻一代要正确把握幸福婚姻的真谛并将正确的婚姻观得以发展。

关键词:中日 女性 婚姻观 离婚率 择偶观 家庭观

目 次

はじめに 1

    1. 問題の提起 1
    2. 先行研究 1
    3. 研究目的 2
    4. 研究方法と手順 2

第一章 中日両国女性の結婚観について 4

    1. 中日両国の婚姻の現状 4
      1. 中国の「剰女」の急増 5
      2. 日本の「一生結婚しない女の子」の急増 5
    2. 中日両国の女性の結婚観の概観 5

第二章 中日両国の女性の結婚観の具体的な比較 8

    1. 中日両国の女性の配偶者選択観について 8
    2. 中日両国の女性の家庭観について 8
      1. 家庭で中日の女性の地位 9
      2. 家庭観と育児観の相違 10
    3. 中日女性の結婚に関する調査 11

第三章 結婚観の変化の原因 13

    1. 中国女性の婚姻観の変化の原因 13
    2. 日本女性の結婚観の変化の原因 13

第四章 中日両国の社会に対する影響 15

    1. 中国の社会に対する影響 15
    2. 日本の社会に対する影響 15

おわりに 16

参考文献 17

謝辞 18

はじめに

問題の提起

婚姻問題はずっと人々の生活中の重要な問題で、ここ数年社会不断の発展、教育不断の高まりに従って、人々の婚姻は大きい変化が現れた。人々が伝統の婚姻観念を捨て自己の価値を更にと突出して、しかし現実生活中で絶えず離婚率が高く上がって、晩婚スピード結婚などよくない現象が現れた。中日両国女性の婚姻観を比較して、両国女性婚姻観念の上に明らかな変化と特徴があって、かつ同じ時代背景と違う文化教育背景があって、多種方面から比較研究することができる。当論文の最終目標は中日両国女性の婚姻観の異同という研究を通じて婚姻は安定調和の家庭生活を得て、同時に若い世代は幸福婚姻の真意味を正しく把握してそして正しい婚姻観を発展する。

先行研究

すべての家庭が婚姻に対しての理解が異なって、ある程度の影響も受けることができる。ここ数年来多くの専門家と学者は異なる婚姻の形式に対して比較研究して、婚姻の利害を分析して人々に経験を吸収して、婚姻の発展に不利な原因を捨て、有利な原因を吸収する。

例えば趙治瑾の『中日女性の婚姻観を簡単に分析する』はこのように述べた。我が国で、婚姻に言及して「両親で手配して、愛情は非常に高価だ」という家族式の婚姻を思い出して、改革開放の前、婚姻は濃厚な階級性が存在していて、しかし社会の発展に従って、今の婚姻は自由と感情が至上であることを重んじて、女性は婚姻の中で経済が独立すると同時に地位も高まって平等な婚姻関係を創立した。前世紀 80 年代後の日本の「男は大きくなってから花婿、女性が大きくなってから花嫁になるべきだ」という思想もゆっくりと薄く行って、甚だしきに至っては多くの人からみると日本婚姻の「結婚前が自由で、結婚後が制限だ」という最大の特徴も時代の変遷に従って変わっ

て、今社会の若い人は大胆に転覆する。趙治瑾は表して、中国まだ日本にも関わらず、女性は婚姻観の変化が必然的な傾向で、同時に新しい婚姻観はだんだん古い婚姻観を代替して、「親が取り決めた婚姻」から「自由な婚姻」にも関わらず、「精神」にしろ「物質」にしろやはりこれがすべて人の特性で、すべて間違い判定することができない。

劉偉民は『中国式婚姻のリポート』(2009 年)を書いて、婚姻家庭の専門知識に理解と訓練を提供して、人々は正しく婚姻を認識させて、婚姻の経営を学んて、そして正しく婚姻の障害を正しく過ごして、婚姻の危機を解消する。郭興文の『中国伝統婚姻風習』中の各種の不思議な婚姻形態と婚姻観念は、もしも深層の意味を掲示して、伝統婚姻が万華鏡を発見して、私に深い啓発する同時に現代社会の婚姻発展に対して推進することができる。

『21 世界の日本家庭、どこへ行くか』[日]は落合恵美子に書かれて、戦後の日本家庭が巨大な変化を発生して、女性の地位、家庭の発展から深く研究して、どのような社会形態の下で、若い人の婚姻観、配偶の選択観、家庭観はどのように発展したと述べる。

研究目的

本論の最終の目的は中日両国の女性の婚姻観の文化の違いと同じ点を研究して、婚姻は最後に安定的で調和な家庭生活の最終目標にするのを得る、同時に若い世代に啓発させて正しく幸せな婚姻の真の意味をとらえて、そして正しい婚姻観を発展させる。同時に、中日両国の結婚観を比較しながら、未

来結婚観趨勢などにもっと深く研究したい、中日両国の社会に対すると啓示となるはずであろう。

研究方法と手順

まず、本論のは「文献の研究法」を使って、先行研究を参考して、中日両国

婚姻の現状を総括して、かつ大量の資料を調べて、婚姻の意味を通じて解析する。特定研究と総合研究の方法を採用して、中日両国女性の配偶観と家庭観などの具体的な方面の研究を分析する。最後、比較研究を採用して、アンケートと大量の国内外の調査データを通じて研究して、中日両国女性婚姻観の異同を比較して異同の原因を分析して、それから結論と啓発を得る。

第一章 中日両国女性の結婚観について

中日両国の婚姻の現状

近年、日本の女性は仕事を持つ人数は年々上昇していて、就業形態で女性は様々な形態を共存する局面が現れている。彼女たちは企業の中で男性と公平な競争をしたがるし、自身ももっと大きな発展を求めている。今、日本の女性は男性と相対的な平等を達成することは困難であるが、この高度な個性の時代では、日本の女性は思想や行動に大きな変化を起こし、もっと自由に自分の生き方を選び、自身の才能を最も大きく発揮させようとしている。彼女たちは婚姻の形式を追求するだけではなくて、自分の意志で婚姻と家庭問題を処理しょうと思っているようである。しかし、非婚化、晩婚化の現象はずっと続いていき、離婚率が高まるのも避けられない。日本は、少子化の現象はさらに長期の問題として悩まされている。

日本の女性と比べて、中国の女性にとって、家庭あるいは社会での地位は相対的に高い。今、「女性は婚姻家庭の中で天の半分を支えることができる」という言葉が流行している。それによって、家庭で中国の女性の地位の重要性がわかった。2012 年、数字 100 市場研究会社の最新の研究成果によって、

以上是资料介绍,完整资料请联系客服购买,微信号:bysjorg 、QQ号:3236353895

群聊信息

  • 还没有任何群聊信息,你来说两句吧
  • 发表评论


推荐链接